« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

福井県柔道選手権大会

平成22年1月31日(日)に福井県立武道館小道場にて福井県柔道選手権大会兼北信越柔道選手権大会県予選が行われました。

結果は次のとおりです。

優勝 柴田 良太(福井県警)

2位 齊藤 修也(福井県警)

3位 江里口 光太郎(福井大学)

という結果でした。

この試合に自分も選手として出場。結果は・・・・・もっと練習しますdowncrying

女子の方は記録できませんでした。すみません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

今日の新聞に!!

今日、何げなく新聞を見ていると・・・・

!!(゚ロ゚屮)屮

なんと、道場生の緒人が新聞に写真つきで載っているではないかsign02

何でも、坂井市丸岡町の日本一短い手紙「第7回新一筆啓上賞」で、大賞に入賞したそうだ。

この、『一筆啓上賞』とは、丸岡町にゆかりのある徳川家康の忠臣 本多作左衛門重次が陣中から妻にあてて送った手紙「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」にちなむものです。「お仙」とは、後の越前丸岡藩主 本多成重(幼名仙千代)のことで、日本で最も古い天守閣をもつ丸岡城に、この手紙文を刻んだ碑が立っています。

これにちなんで、日本一短い手紙コンクールとして毎年沢山の一筆啓上が全国から寄せられているそうです。

今年で7回目のコンクールで、今回のテーマは「笑(わらい)」。国内外からなんと、3万3843点が寄せられ、その中で大賞に選ばれたのはたったの5点のみ。

その中に緒人が選ばれたそうです。

この緒人は、非常に人見知りが激しい子で、最初入門したての頃はなかなか道場の雰囲気になじめず、しばらく畳の上に上がる事すらできない子でした。

それでも、根気よく道場に通い続け、いまではしっかり自分で厳しい練習に取り組むことが出来るよう気持が強くなってきた子です。

とはいえ、人見知りな性格はいまだにあり、いつもモジモジしているイメージがあり今回のテーマである『笑』とは程遠いかんじをもっていましたがまさかこんな才能があるとは・・・・

驚きですw(゚o゚)w

Nec_0716 緒人、本当におめでとうsign03これからもこの調子で文武両道でガンバレsign03

入賞作品
【きょうりゅうたちへ】


 ケラケラケラ、トリケラトプスも、わらっていたかな。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

丸岡合同練習

今日は丸岡スポ少さんと合同練習。

この合同練習は、これまでに何回も行われた合同練習で、毎回良い練習が行われる。

特に練習相手の少ない6年5年生は、とても良い練習をする事ができる。

この日も非常に熱い練習が出来ていた。

最近の練習は、基本練習の繰り返しでほとんど乱取りを行っていなかった。だから子供達にしてみれば久しぶりの乱取り練習。

寝技・立技共に活き活きとした練習を見る事ができました。特に立技では5年生2人の動きが目立っていました。組み手争いが少なく組み合ってからお互いに技を掛け合う勝負をするので双方の指導者の檄が激しく飛び交いますimpact

特にY雅は、頭から湯気が上がるほど熱戦を繰り返していましたね。まだまだ体の芯が弱くクナクナした動きですが、気持ちの方がだいぶ強くなってきているおかげでもつれたところに強くなってきています。

この気持ちの強い練習を低学年の子達にも身につけてもらいたいものです。

そろそろ、低学年の方は幼児の子も含めて意識改革が必要な時期なのかもしれません。

今までは遊びの延長でやっていましたが、だいぶん団体行動ができるようになったので、ちょろっと厳しいところを見せていこうかと思います。

でもこれは、子供達が成長してきたから行うことの出来る意識改革。ちょっとずつたくましい子に育つようレベルアップして行きたいです。

今回も、丸岡スポ少の皆さんのおかげですばらしい練習を行う事ができました。これからも切磋琢磨を続けながら末永くお願い致します。

今日は本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

次ぎに繋がるように

昨日は、久しぶりの練習日。

前回、大雪のため道場の練習をお休みにしていたので、ずいぶん久しぶりの練習と感じました。

雪が治まったといえ道場は非常に寒く、畳の上に裸足で立つと足の感覚が奪われるような寒さでした。

しかしこんなに寒いのに子供達は元気いっぱい練習に取り組んでいましたwink

月曜日は寝技の練習日。
最近の練習は、非常に基本的な練習を時間をかけて行っている。

寝技では、相手をコントロールする体捌きを身につけるための反復練習ばかりおこなっている。高学年の子達にしてみれば物足りない内容なのかもしれないが、この時期にはこういう基本的な練習こそが大事なのではないだろうか?と最近特に感じていた。
今までは、どうせ小学生だから完璧にはできないだろう。とある程度の形になったら次のステップに進むような感じで色々と指導していた。

その背景には、何ヵ月後の試合に間に合わせようとしている自分がいた。しかし、中途半端で次のステップに進んでも結局本物の技術にはなっていかないのではないかと思うようになってきた。

それは、小学生の時にはわからないが成長期を向かえ、皆が同じ土俵に上がったときに初めて気づく事のできる技術かも知れない。

変な話、小学生のうちでは基本的な技術がなくても成長が早かったりしただけで勝負には勝てるかもしれない。しかしその時に、必要な技術を練習せず勝つ事によって、技術的な積み重ねを行わない事になっていく恐れがあることになる。
そのことにより、成長期が終わりその力の差、体格の差がなくなったときに明確な差となって現れてくる恐れがあると考えている。

そのような考えを持って今年は、いつもの反復練習ではなく、押さえ込まれてから逃げる反復練習からはじめている。

この技術の反復練習を大事にしようと思ったのには、去年末、出稽古に行った時にある子が行っていた練習を見てからである。

それは寝技の練習中でのこと。乱取りの練習で、ある子が押さえ込まれている場面がよく目に付いた。 そんなにやられるほどの力の差は無いはずだったが、この日は特に押さえ込まれてやられているように思った。
『相手の子が寝技の力をつけてきたのかな?』と感じていたのであるが、後日その子の保護者の方から、この寝技の練習についてお話をこんな話を聞いた。

その出稽古のあと、迎えに来ていた保護者の方が『押さえ込まれていたね〜』ということを話した時に『あれは、色々と試していたから押さえ込まれたんだ』と言っていたという。
それは練習で勝ち負けだけにこだわらず、今練習している事がどのような効果があるのかを試すという考えた練習が出来ていることを意味していた。

この話を聞いたとき、目標を持った練習が出来ていると感じ、それなら、もっとそのような試す練習が出来るよう、色々な逃げるテクニックを教えてあげれば周りの子も恐れずにドンドン試す練習が出来るのではないかと感じた。

とても、地味な練習であり、試合の勝敗にすぐに結果の出るものでもない反復練習であるが、この動作が出来る事により今後次のステップに進んだ時に非常に重要な動きになると信じこれからも地道な基礎の反復を大事にしていきたい。

さて明日は、出稽古に出かける。失敗を恐れず、次に繋がるようにドンドン色んなことを試してもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

道場内連絡

本日、1月15日の練習は、大雪のため急遽お休みとします。

自宅で、トレーニングと勉強に励んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

挑戦する心を育てる

昨日の火曜日は、月曜日が祝日で練習が休みだった為練習日を設けた。

その練習での事、回転運動をしている時に、いつも後転が出来なかった幼児の子が、いつもより積極的に動いていた。いつもは、後転ができないため、高学年の手助けを待っていたのだが、この日は自分でなんとかやろうとする動きがあった。いつものように手助けをしようとしていた高学年の子を止め、自分の力でやらせてみると昨日初めて自分の力で後転ができるようになった。

1回出来るようになると不思議なもので、次から今まで出来なかった事がうそのように綺麗な後転が出来るようになっていた。

この出来事を非常に嬉しく見ていたのだが、このような事をみていて、子供達の指導について少し反省しなくてはいけないことがあった。

どうしても指導をしていて熱くなっていると、子供達が出来ない事に対して非常に厳しい言葉を浴びせてしまう。こちらが一生懸命になればなるほど厳しい言葉が自分の意識より先に出ているように思う。
しかし子供の成長というものはその子その子でペースがあり、出来ない動きというのはどうしてもある。しかし、練習を続けることにより、ある日突然この幼児の子のように、今まで出来なかった事がうそのように出来るようになることがある。

自分は指導者として、できないことに直面している子に対して、前向きに出来ない事をできるようにしようと挑戦する気持ちを育てていかなくては行かないとその子の動きを見て改めて感じた。

もちろん、気持ちの浮き沈みやできるのにやらない場面では厳しく叱咤激励する必要があるとおもうが、出来ない事に直面している子のサポートが出来る指導を心がけて行きたい。

このような気持ちにさせてくれた、その幼児の子に感謝したいhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

丸岡町鏡開き

平成22年1月9日(土)に丸岡町武道館において丸岡町柔道協会鏡開きが行われました。

午前中の仕事を途中で抜けて丸岡町の武道館に来て見るとすでに幼児から中学生までのたくさんの子供達が武道館に集ってきていました。

午後1時、全員で整列しクリリン会長のありがた~いお言葉を聞いてから練習開始。この日の練習メニューを自分が任されたので、最初は簡単なトレーニングで体を温めることにしました。

小学生や幼児の子でも出来る簡単な瞬発系のトレーニングや動物の名前をつけた簡単なトレーニングで楽しく体を温めたら、ダッシュ系のトレーニングで一気に息を上げて準備完了。

寒い武道館が一気に暖まりました。

次ぎに寝技練習。中学生・高学年と低学年・幼児に分けて二班稽古をしました。川口道場の倍以上ある広さがある丸岡武道館でしたが、この日は子供達でいっぱいになっていました。

いつもと違う相手で色々な技を試しながら練習をしていましたねwink
この寝技の練習前に、防御姿勢で動きを止める事を禁止しておいたので常に動きが出ておりなかなか面白みのある勝負が出来ていました。

寝技の練習が終わったら少しの休憩を挟んで、立技練習に移ります、打ち込みを5分ずつ行なったら、今度は元立ちを2セット行いました。

Img_4745 小学生の一セット目は川口道場が立ちました。次々とかかってくる強敵たちと必死になって戦っている子供達。似たような柔道スタイルで小細工なしの真っ向勝負をしているので練習をしていても非常にかみ合います。
投げたり投げられたりの非常に面白い練習が出来ていました。

二セット目は丸岡スポ少さんに立っていただきました。結構疲れも見えましたが、最後の1踏ん張り声を出して必死に頑張っていたようです。

特に幼児のK志VSR晴のライバル対決は非常に見応えがありましたね。この勝負を見ていたT先生が『10年後もこうやってガンガン試合していたら最高だな!!』という言葉に心底10年後の勝負が見てみたくなりました。

中学生の方もたくさんのOB・OGの先輩方に稽古をつけてもらいながら良い練習が出来ていたと思います。

OB・OGがこのように集ってくる雰囲気は本当に素晴らしい事だと思います。柔道は本当に好きではないと続けていく事が困難なものであると思います。強い弱いではなくこのきつい柔道を続けている姿に心から敬意を表したいです。そして、このように集ってくる丸岡スポ少の雰囲気が非常にうらやましく思いました。

こうして無事大きなけが人も出ることなく鏡開きの練習が終了。

Img_4746 Img_4747 そのあとは、保護者の方が作ってくださいました、具沢山の美味しい豚汁を皆でいただきました。幼児の子も残さず完食。
食の細い川口道場の子達も、何とか2杯は食べていましたね。
食う子は強くなる。いっぱい練習していっぱい食べれるようになってもらいたいものです。

これで鏡開き終了。今年も丸岡町みんな仲良く切磋琢磨しながら強くなっていってもらいたいです。
最後になりましたが、丸岡スポ少の皆さん大変良い練習ありがとうございました。そして保護者の皆さん美味しい豚汁本当にありがとうございました。温かい豚汁で身も心も温まりました。これからも、宜しくお願い致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

寒稽古最終日

6日から始まった川口道場寒稽古も今日が最終日。

今日の練習には中学生から幼児までたくさんの子供達が集まった。

大雪も心配されたが思ったほど降らず、ひと安心dash早速声を出しながら道場内をランニングし体を温めます。

『今日で寒稽古最終日だから寒さを吹き飛ばすくらい元気のある練習をしようsign03』と練習前に指示を出したとおりとても元気のある練習が出来ていました。

いつもの基本練習が終わり寝技の反復練習。このときに少し高学年むけに反復のポイントを指導してから反復練習を行いました。低学年の方は、いつもの基本の反復のあと押さえ込まれてからの逃げ方を指導しそのまま寝技の乱取り稽古に突入。短い時間でしたが、かなり白熱した勝負ができていました。
最近子供達の力関係に変化が出てきており、今まで勝っていた者が、段々勝てなくなってきて意地と意地とがぶつかり合ういい稽古ができるようになってきました。まあ、負けて凹んでいる子も何人かいますが・・・・その時にどう向き合えるかを指導して行きたいです。

寝技のあと、休憩なしで立技の打ち込みを行いました。立技の打ち込みではまだまだ理想の形作りができていませんが、今年一年で少しでも理想に近づけるように頑張っていきたい。

特に低学年の子達はまだまだ形すらできていないので根気良く指導していきたい。

打ち込みのあとは、今年初めての立技乱取り。人数が多かったので中学生と5・6年、3・4年、1・2年、幼児の4班に分かれて乱取りを行いました。
久しぶりの乱取りに子供達もイキイキとした印象を受けました。
特に5・6年生が中学生に挑んでいる時なんかは、『なんとしてでも倒してやろう』と下克上精神全開で戦っている姿が見れてなかなかおもしろかったですhappy02
この乱取りを行っている頃には道場内は非常に暑いくらいの熱気に包まれていました。

寒稽古最終日に出した最初の指示通り寒さを吹き飛ばしていましたねwink
このような楽しそうな練習をこれからも続けていってもらいたい。

明日は、丸岡町の鏡開き。丸岡町の武道館で今年初めの合同練習が行われる。

今日以上の元気ある練習を行ない柔道王国丸岡を大いに盛り上げてもらいたいものだhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

稽古始めの寒稽古

今日は、今年一発目の練習日。

本日から今週の土曜日の鏡開きまで毎日寒稽古と銘打って練習を行います。

今日の練習には、若干体調不良で欠席した子もいたが、多くの子達が元気な顔を見せてくれた。

新年の挨拶を済ませ、今年初めの練習を行った。

今日の練習は、徹底して基本の動作を練習した。

一つ一つの動作を『なぜこのような練習をするのか?』という事を子供達に質問しながらじっくり時間をかけて練習した。

同じ動作をしていても、目的意識をはっきり持っていると動作に雲泥の差がでてくる。

今年は色んな事に挑戦したいので、この基礎力の向上は是非ともして貰わないといけない。

みっちり基本動作のおさらいができたら、今日は寒いので寝技の練習をがっつりhappy02

高学年は、自分達の得意技をとことん研究させ、低学年は、寝技の基本の動きをリズムに合わせて反復練習しました。

低学年で、去年末に合宿に参加していた子は、飛躍的に成長しているように思いました。技術面というより精神面で積極性が出てきたように思います。出稽古に出かけるとこのような気持ちの変化を生んでくれるので非常におもしろいです。

最後に、打ち込みを行い練習終了。

久しぶりに練習に来た子供達は、今日の寒稽古をしっかり楽しんで行えていたようです。

これからはじまっていく22年度の練習を非常に良い形でスタート出来たように思います。

明日も、寒稽古!!

どうやら、寒波が押し寄せているらしく大雪の恐れがあるようだが、また元気に集ってきてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真追加しました

2009年道場写真集に写真を追加しました。

よろしかったらこちらからご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます。

shineあけましておめでとうございますm(_ _)mshine

新年になり、今年も新たな目標を立て頑張っていきたいと思います。

今年は色々な事に挑戦・チャレンジしていく年として行きたいです。

子供達にも、自分で考えそして失敗を恐れず立ち向かっていくチャレンジャーとなって大暴れしてもらいたいです。

こんな拙いブログではありますが、今年も宜しくお願い致します。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »