« 三つ葉柔道交流大会 団体戦 | トップページ | 松任強化合宿 »

2009年12月25日 (金)

三つ葉柔道交流大会 個人戦

団体戦が終わり、続けて個人戦が行われました。

今回この個人戦がデビュー戦の子達がたくさんいました。幼年の子達です。なかには、初めての試合に不安を抱いたのか、泣き出してしまう子もいましたが、これも一つの経験。残念ながら、勝つことが出来ませんでしたが、きっちりと礼法は出来ていたようで取り合えず合格です。

次の大会に期待しましょうhappy01

さてこの個人戦も様々な課題を突きつけられる結果となりました。

自分も審判をしながらなので全部の試合を見る事が出来なかったのですが、見ることができた試合では、どこか物足りない試合が多くまだまだ練習が必要だと感じました。

幼年の部では、優勝候補のK志が、ライバルのR晴君に大外を返されて一本負け。いつもの逆になってしまいました。どうしても、足を引掛けてから力でねじ伏せるといった練習だった為このような結果になったと思います。この敗戦から色んなことを学んで欲しいです。そんな幼年の部でSが決勝まで勝ち上がる大健闘。決勝では簡単に負けてしまったのですが、この事を自信にこれからも頑張ってもらいたい。

1年の部はY太が立背負いを豪快に決めて優勝。チームメイトのHがY太から有効を奪いあと一歩というところまで追い込んだのですが、逆転負け・・・・でもこのようなライバルの存在が大事です。

2年生は、金井学園Jrさん、丸岡スポ少さんが非常に力を持っており、予選を勝ち上がることが出来ませんでした。少しずつ力を付けているのですがまだまだ力の差は大分あるようです。

3年生は、金井学園のKさん、M君が非常に力を付けていました。特にケンカ四つの釣手の使い方が非常に上手くとても参考になりました。これらを踏まえてこれからの練習に活かして行きたいです。

4年生は、全体のレベルが非常に均衡しており、判定の試合が非常に多かったです。予選では、Non、M里、金井学園のMさんが予選リーグの成績が同率で、再度試合を行なっていました。結局判定で金井学園のMさんが勝ち上がり、トーナメントも全て判定でMさんが優勝されました。川口道場の4年生もM里とT晟が力を付けてきたこともあり、ライバル関係がドンドン構築されています。しかし、一本を取る攻撃力の無さが目立ちます。この辺の事をもう一度よく考えて指導して行きたいです。

5年生は、よく見れなかったのですが、F太優勝、Y雅が準優勝という結果でした。特にY雅は体の力がない事で、どうしても自分の体を支えきれずクナクナした柔道になってしまうのですが、もつれた所で絶対気を抜かない勝負強さがあり、接戦をものにしていました。逆にF太は、高い運動能力と、体幹の力がしっかりしており、一本を取る技があるのですが、試合の合間合間に気持ちが切れたりもつれた時にポイントを許してしまう気持ちの脆いところがあります。今回の団体戦でももつれたところでポイントを取られてしまっていたので気になっていたのですが、今回は無事に優勝できたようです。この2人にはお互いに足りない部分を補いながら成長していってもらいたいです。

6年生のryoは、この日も非常に安定した試合をしていました。まだまだ体が小さいのですが、小さい体ながら、まともに組んでも組み負けない強さが出てきました。

Img_4654 特にK澤君との戦いは、本当に競り合った面白い試合ができていたと思います。判定では惜しくも敗れて2位でしたが、内容としてはそんなに悪くなかったと思います。はじめてryoと会ったとき非常に小さくそして力の無い子でしたが、ここまでたくましく成長するとは思いもしませんでした。後はしっかり投げきる前技とつり手を上手く使えるように鍛えていってもらいたい。

Img_4673 全体的に、しっかり投げきる技がまだ出来ていない。一年生のY太、4年生のK平、5年生のF太は自分の得意技がしっかりしてきているのだがあとの子達はまだあと一歩というところだ。自分の一本を取る技をこだわって練習していってもらいたい。

今年最後の試合でまた沢山の課題をいただいた。この課題を来年の目標として頑張ってもらいたいものだ。

最後に、今回主催してくださいました丸岡町柔道スポーツ少年団の先生方、並びに保護者の方々・係員をしてくれた中学生の皆、お疲れ様でした。沢山の試合で本当に大変だったと思います。おかげさまで子供達も色んな経験そして課題が見つかり、とても充実した大会となりました。本当にありがとうございました。

|

« 三つ葉柔道交流大会 団体戦 | トップページ | 松任強化合宿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

幼年の部はホントに色んななキャラクターの子が多数いて楽しかったですhappy02
Y太は1年でありながら綺麗な背負いを見せていましたね。別格の強さでした。欲を言えば、もう少し僕になついてくれれば・・・coldsweats01
重量級に出場したY雅は体格で劣る中、堂々と戦っていました。今までは成績に恵まれませんでしたが、来年はブレークの予感がします。happy01

ryoとK澤の優勝決定戦。私は主審をしていたのですが、お互いの意地と意地のimpactぶつかり合いでしたね。立ち技でわずかに手数で上回るK澤。寝技で優位に立つryo。
残り30秒になって私は、「どちらでもいいからポイントを取ってくださいcoldsweats02」と神の祈るくらい判定の難しい戦いでした。
結局2-1の僅差でK澤の勝利でしたが、緊迫感のある中でも積極的に技を出し合った素晴らしい試合でした。

各チームの先生方には休み無しで審判をさせ、非常に申し訳ありませんでした。子供達に指示も出せずつらかったと思います。
また、川口道場OBの中学生達にも手伝っていただき、非常に助かりました。この場を借りて御礼申し上げます。

追伸:魔人K志の賞状が逆なのは、彼が【天然】だからなのではcoldsweats01

投稿: クリリン会長 | 2009年12月25日 (金) 19時27分

クリリン会長コメントありがとうございます。
試合運営お疲れ様でした。非常に熱い試合がたくさん見れたとてもよい大会だったと思います。
取るか取られるかの緊迫した試合にとても心躍る感じが致しました。
元気ある丸岡少年少女の試合もさることながら、今回デビューしたはるか審判員もなかなかの技術を持っていましたよ!!
これからの活躍が期待されますねwink
K志は、きっと次へのリベンジをかけてこのような奇行を行ったと思われます。彼が天然だからではないです・・・・・たぶんcatface

投稿: 赤ペン先生 | 2009年12月26日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/32731118

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ葉柔道交流大会 個人戦:

« 三つ葉柔道交流大会 団体戦 | トップページ | 松任強化合宿 »