« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

やれば出来る!!

最近川口道場に新入門生がたくさん入門してくれている。

特に幼児の数が増えてきて未来の金の卵達が一生懸命練習に汗を流してくれている。

しかし、新入門生が増える事で問題もでてきた。

それは、狭い川口道場で、6年生から幼児まで一斉に練習するため、練習のレベルの差が出てきてしまっているということ。

特に前半の体操、補強にだいぶ時間がかかってしまっていた。

どうしても、幼児の子のペースになってしまっているので、体操と補強だけで40分はかかってしまっていた。
指導会議を行い、どのようにして各学年の練習量を確保するか?と色々と話合ったが、なかなかいい案が出てきませんでした。

そこで決まった話は練習を省いて時間を短縮する、運動能力の低い子、幼児には別メニューで体操をする、といった事を一切せず小さい子から6年生まで一斉の体操、補強で頑張ってみる事にした。

体操補強で40分かかっていたので低学年の練習1時間の大半を体操補強で使たのではその後寝技・立技の練習で20分しかない。
その練習でも礼法をしっかり指導しなくてはいけないので技の指導、練習はよくて15分程度。

月曜日の練習の時、全体に速く正確に補強を行い目標の25分で終わらせようと目標を立ててみた。 練習前子供達にもしっかりと目標を伝え、全員で協力し合って目標達成できるよう頑張ってみた。

体操・補強のメニューは

体操

足蹴り    30
足蹴り上から 30
足回し外   30
足回し内   30
肩ブリッチ  50
腰きり    50
交差     50
前ブリッチ  30
後ろブリッチ 30
後ろ受身   30
横受身    30
手首補強

回転運動 前転、後転、開脚前転後転、側転左右、

前回り受身
脇締め
えび
逆えび
横えび
足払い前進み、後ろ進み、横進み、ケンケン

大体このメニューで行っていた。

今までこれを幼児の子も合わせて行って40分ちょっとかかっていたのだが、皆一丸となってテキパキと動きなんと月曜日は30分!
昨日は29分と驚くほど早くできるようになった。

まだ正確性という部分では劣る部分があるものの、驚くほど機能性が上がった。
この進化には高学年の活躍がある。低学年に速く行うように促したり出来ない動きには手助けをしてみたりしていた。

前回の強化練習会のときお昼休憩の時に下の子の面倒を見なかったため怒られたというのが効いているのかもしれないcoldsweats01
でも、幼児の子もしっかり高学年の言う事を聞いて幼児の子なりに一生懸命動いていた。

自分は正直、目標を立ててみたものの、幼児の子には付いてこれないと思っていた。

でも、甘く見ていました。

幼児の子であろうが何であろうが・・・・


やれば出来る!!



子供の可能性は、自分の物差しなんかで計ってはいけないのですね。

勉強になりました。

今度は正確性を持たせてチャレンジしてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

カルボナーラ アギー

今回の食いしん坊将軍は、いつもお世話になっておりブログにもリンクさせていただいている丸岡スポ少応援日記の管理人である裕さんに以前コメントにてリクエストしていただいたのでそれにお答えしてパスタとピザのお店を紹介したいと思います。

自分もパスタやピザは大好きなので、どのお店にしようか迷いましたが、自分がパスタの中で大好物のカルボナーラの美味しいお店を紹介したいと思います。

Img_4435 今回紹介させていただくのは、福井市問屋町にある『カルボナーラ アギー』というお店です。

以前より友人たちの間で評判の高いイタリアンレストランで、カルボナーラ好きの自分としては是非お勧めしておきたいお店です。

落ち着いた雰囲気のお店の中に入り早速注文をしました。

Img_4425 まず出てきたのはこちら!!

沢山の香り豊かな木の子達と、厚切りジューシーなベーコンのパスタです。絶妙の塩加減であっさりしたお味!!
とても美味しいあっさりしたパスタでした。

Img_4428 次にでてきたのが、自分の大好物のカルボナーラ!!

たっぷりのソースが絡み取っても美味しそうです。

食べる前に店員さんよりコショウをかけて頂くのですが、このコショウの迫力のあること!!

Img_4427 ビックサイズのコショウには驚いてしまいました。

大きく切られたベーコンにチーズの芳醇な香りが存分に漂うソースと絡み、それらをパスタと一緒にお口に運ぶととってもクリーミーで濃厚な味が一気に広がります。このこってり感がたまりません。

さすがにカルボナーラ アギーというだけあって、とっても美味しいカルボナーラでした。

Img_4431 次に食べたのが、イタリアのマツタケの異名を持つ、『ポルチーニ』のリゾット!!

普段は冷凍のポルチーニを使っているらしいのですが、この日は丁度本場イタリアから生の『ポルチーニ』が届いたらしくせっかくなので頂いちゃいました。

大きく切られたイタリアのマツタケこと『ポルチーニ』は、非常に柔らかく食感がたまりません。

控えめな味付けで、噛みしめるほどにポルチーニの香りが口に広がりいつまでも食べていたい上品なお味でした。

Img_4432 最後に食べたのが、三色国旗のマルゲリータピザ。

普通の丸いピザと違い、長細い楕円の形のピザでした。厚みもそんなになくパリッとしたピザでした。

なんと開店から何枚目のピザであるかを示したカード付き!!なんでも自家製の釜があるらしく本場のピザが楽しめるそうです。
このピザも本当に美味しい大満足のピザでした。

Img_4434 この美味しいイタリアンレストラン『カルボナーラ アギー』は福井市問屋町4-701にあります。近くに福井テレビがあります。
ランチタイムは11:30~14:00(ラストオーダー14:00)
ディナータイムは17:30~21:00(ラストオーダー21:00)
定休日は毎週日曜日で祝・祭日は営業し次の日が定休日となっております。

美味しいパスタとピザが食べたい方は是非お試しください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

宮下治由先生講道館柔道七段昇段祝賀会

Img_4497_2 平成21年10月25日(日)に福井パレスホテル3階鳳凰の間において宮下治由先生講道館柔道七段昇段祝賀会が行われました。

宮下先生は柔道の実力はもちろんのこと、福井県柔道連盟の前少年部部長として各種少年柔道大会の競技委員長として大会を運営し、福井県柔道の普及と発展の基礎を築いてくださいました素晴らしい先生であります。

自分も宮下先生には日頃から少年柔道について御指導していただき、北信越少年ブロック合宿の懇親会のお手伝いをしたときには色々ためになる柔道話を聞かせていただきました。

そんな先生ですから、今回の祝賀会に200人ほどの先生方がお祝いにかけつけていまいた。

Img_4500 会場について席次表を見てみると、驚くことに席の名前が、心・技・体から始まり、技の名前でできていました。さすが柔道家ならではのユニークな席次となっていました。


偉い先生方はもちろんのこと、自分の同期の者までたくさんお祝いに駆けつけており、先生の人徳の深さを感じました。

柔道というものを通じ、たくさんの人と作り上げていく絆の大切さを今回の祝賀会に出席させていただき身にしみて感じました。

金色に輝く屏風の前の席に奥様と仲良く2人で座り、祝福を受けている宮下先生の姿はとても神々しく、見ていて本当にうらやましく思いました。

自分も少しでも宮下先生に近づいていけるよう、これからも精進していきたいと思ます

宮下治由先生、ご昇段本当におめでとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

福井県強化練習会

Img_4488 平成21年10月25日(日)に福井県立武道館において福井県強化練習会が行われました。

今回の強化練習会には、石川県の強豪チームと、長野県の強豪チームが練習に参加してくださいました。

Img_4489 この日全員で開始式を行なった後、福井県の強化指定選手の賞状の授与式が行われました。
川口道場から3名指定強化に選ばれました。

これからは強化選手として字画ある行動を常に心がけてもらいたいものです。

開始式が終了したら4年生以上は大道場。3年生以下は小道場にわかれて練習を行ないました。

今回川口道場から、新入門生の幼児達も合同練習に初参加!!まだまだ不安な部分も沢山ありましたが連れて来る事にしました。

練習前に高学年と3年生に『しっかり下の者の面倒を見るように』と指示を出して練習開始。

いつも高学年の子達が下の者の面倒を見ていたのですが、今回は高学年・低学年が分かれての練習となっていたので、3年生の子達にとってはとても大変な練習会となったことでしょう。

川口道場は低学年の人数が多く、初心者も多数いたので自分は低学年の練習をみることにしました。

Img_4490 練習を仕切っていたのは、川口道場の3年生Y亮、初めて体操の指揮をとることにテンパってしまっているようでしたsweat01

これもいい経験でしょう。こうやって少しずつ成長してもらいたいものです。

一通り体操が終わったところで、トレーニングをやる事にしました。

低学年ということもあり、トレーニングには、『楽しい雰囲気』を大事にしつつ基礎力の向上を狙ってトレーニングを行いました。
はっきり言って、トレーニングとはしんどいものですsweat01しんどい事を我慢して取り組む事で能力が向上して行くと思います。
でも、子供達のイメージに、トレーニング=しんどい、というイメージはあまり植えつけたくないというふうに思っています。

小学生のうちにはトレーニングに対してプラスのイメージを植えつけておいて、筋力のつきやすい年代になったら積極的にトレーニングに取り組んでもらいたいと思っています。

理想としてはしんどいトレーニングを楽しく取り組む!!ということ。

そこで、トレーニングにリズムをつけたり、面白いネーミングをつけたりしながらトレーニングを行いました。子供達も楽しそうに元気よくトレーニングに参加していました。

最後にちょっときつめのトレーニングを行ってみましたが、皆このトレーニングも最後まで笑顔でやりぬいていましたねwinkgood

トレーニングの後休憩を挟んで寝技の練習を行いました。

Img_4491 最初はインターバルを長く取りながら、寝技の乱取り稽古をしました。

この日1日練習だったので午前中は、寝技をひたすら行いました。寝技の練習を見ていると、まだうつむせになったままで、ジッとしている子が何人もいました。

下になってジッとしていることはたぶん練習しなくても出来ると思います。その状態からでも攻めようとする気持をもっと強く持ってもらいたいですね。

こうして午前中の練習終了。お昼休憩をとって、お昼からは立技練習を行ないました。

まず最初に準備体操としてストレッチを行い、そのまま午後もトレーニングからはじめました。

しかし昼食をとって間もなかったので、あまり激しく飛んだり走ったりするトレーニングではなく、体幹の筋力アップに繋がるコア・スタビリティトレーニングを行ないました。

先日福井県立武道館で行われた全日本ジュニアブロック合宿でも『体幹の筋力強化』を狙ったスタビリティトレーニングが行なわれたらしく、柔道に必要なわざと姿勢の強化のためにも必要な体幹力をつけることを目標として行いました。

子供達はあまりなれない動作に戸惑いながらも楽しそうにトレーニングしていました。中には大人でも難しいトレーニングでもしっかり行える低学年の子もおり、運動能力の高さを感じさせていました。

Img_4495 トレーニングの後は、打ち込みをおこない、その後に元立ちの練習を行いました。

立技の乱取りで力いっぱいお互いの技を技とをぶつけ合っていました。

ときおり素晴らしい技が決まっていたのですが、残念なのは気迫が今ひとつなかったと言うこと。もう少し気迫充分の稽古をしてもらいたいところです。

今回初めて参加した子供達も、一生懸命練習に取り組んでいました。中には泣いている子もいましたが、最後まで練習をやりぬいていました。

Img_4494 高学年のほうは、午前午後と試合練習を行っていたようで、あまり見ることができませんでしたが、先生の話ではどうやら両袖の柔道に苦戦したらしく組まないまま引き分けに終わってしまった試合が多かったようです。

もっと単純に組む強さを鍛えなくてはいけないようです。

こうして、今回の強化練習会は無事終了。たくさんの練習相手と様々な練習が出来とても良い経験になりました。

今回練習してくださった福井県柔連少年部の先生方をはじめ各チームの皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

投げる!!

昨日の練習を見ていて、乱取り稽古のとき、5年生の子に大きな変化がでてきた。

それはしっかり投げきる事ができたのである。

相手は一学年下の子であるが、いつもの練習では投げきる事ができず、転がす程度の練習内容だった。

しかし昨日は、しっかり追いかけていき最後まで投げきる事ができていた。

最近の練習で自分たちが求めていたことであるため、この投げきった成長には本当に嬉しさがこみ上げてきた。

この練習で投げられた子も、この子とをキッカケに奮起し、なんとか一本を取り返そうと必死の練習を行なっていた。

今までの練習では、練習でも試合のようにポイント勝負のような柔道をしていたところがある。『一本でなくても倒せればいいや。』的な気持ちがあるのか、技に入っても自分から潰れるように体を預けながら投げていた。だからいいところに入っても、倒す事が出来ても投げるということまで出来ていなかった。

昨日の練習を見ていて、1人の子が出来た『投げる』という行為に周りが触発されたように感じた。

しかしまだまだしっかり投げるという事には程遠い・・・・・

最近ある先生から、昔の柔道のDVDを頂く事が出来、その映像を見ていても、昔の柔道は技に入ってからの速さと強さがものすごくあるように感じる。

今の柔道と違いじっくり組み合っている時間があるから余計にそのように感じてしまうのかもしれないが、非常に切れ味鋭い技を掛け合っていた。

この映像を見てみるとどうしてもこのような柔道を子供達にもやってもらいたいと感じてしまう。(とても難しいという事は承知の上でcoldsweats01

今度機会があれば、子供達にもこの映像を見てもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

柔道フェスタ2009 北信越関東ブロック

平成21年10月18日(日)に福井県立武道館にて第13回柔道フェスタ2009 北信越関東ブロックが行われました。

Img_4437 開会が13:30分だったのですが午前中に福井県の合同練習会があり朝8:00前に武道館に到着。続々と福井県内の少年少女達が集ってきました。

大道場ではジュニア強化合宿が行われていたため、小道場にて練習を行いましたが、たくさんの人数で小道場はいっぱいになっていました。

Img_4449 Img_4450 Img_4454 そんな中、川口っ子たちは、元気いっぱい練習していました。

低学年の子はまだ、自分から強くなろうとして練習している子が少ないものの楽しそうに練習を行っていました。高学年の子は一生懸命練習していました。ただ何を練習しているのかが感じれないのでもっと目標意識を高く持って練習に取り組んでもらいたい。

Img_4444Img_4448_2 Img_4453  自分はジュニアの強化合宿のほうが気になってちょっと見学しに行きました。この日は午後から講師として参加される、塘内選手、小野選手、中澤選手、田知本選手の講習会が開かれており一流選手達の技のポイントを教わることができました。
そして最後に乱取り。強化選手達の激しい乱取りは見ていても迫力があります。

練習の内容を合宿に参加していたある先生に聞いてみると、トレーニング特に体幹の強化を意識したものとストレッチなどを充分に行うということの講習、そして基本練習がほとんどだったようです。この練習メニューを見てみても少年のうちの基礎が如何に大事かと言うことを意識している練習内容に思えました。その先生から、今回の練習メニューの書かれた虎の巻をいただけましたhappy02ありがとうございます。これをこれからの練習に取り入れていきたいと思います。

Img_4455 午前中の練習を終え、昼食休憩のあといよいよ柔道フェスタの開催です。フェスタの前に、道場に用意されたスクリーンに過去の世界選手権のビデオ上映が行われました。その後、スポンサーであられる大塚製薬さんのDVDとクイズが終わったら、みんなが待ちに待った柔道フェスタが開催です。

選手達の入場紹介が終わり、以前坂井市でも後援いただいた冨澤先生による柔道ルネッサンスのお話のあと、選手一人ひとりの得意技を指導していただきました。
まず最初は塘内選手から!!

Img_4462 塘内選手には、得意の袖釣り込み腰を指導していただきました。足の着く位置、技に入るときの相手との距離感、回転する体捌き、そして極め方などを中心に指導していただきました。

Img_4464 次の小野選手には内股の指導をして頂きました。こちらも相手との距離感と、姿勢、膝の余裕を使うということをポイントとして指導していただきました。本当にキレのある美しい内股でした。

Img_4469 次に、中澤選手。中澤選手には大外刈りの指導をして頂きました。基本どおりのしっかり踏み込む大外刈。どうしても投げる時に体が開いてしまう川口道場の子供達にはとてもお手本となる、綺麗な大外刈りでした。

Img_4471 最後に田知本選手による送り足払い。足技に力を入れている川口道場としてはじっくり聞きたい所でしたが、時間の関係もあり、技の披露と、簡単な説明だけで終わってしまいました。こうして講習終了。全体を通して、選手達の軸の強さを改めて感じました。技に入っても軸がぶれない。この形が出来てきて始めて世界で戦えるのでしょう。

講習の後は、乱取りタイム選手に選ばれた子だけが乱取りができます。

Img_4472 Img_4473 川口道場からは、K平とY雅が選ばれ力いっぱい練習していました。

乱取りが終わると今度は、クイズ&ジャンケン大会sign02

Img_4478 Img_4480 選手たちにまつわる柔道〇×クイズをまず最初に行い、人数が少なくなったところで女子重量級のポープ田知本選手とのジャンケン大会が行われました。

Img_4481 Img_4482 Img_4483 このゲームで、Y亮とT弥の3年生コンビが見事商品ゲット。選手と写真も取ってもらいました。


Img_4484 そしてこのゲーム大会を最後まで勝ち抜いたのはJ整会のY本君!!
商品はなんと柔道衣でした。
豪華賞品をゲットし両手に花のY本君。実に羨ましいです。

Img_4485 楽しかった柔道フェスタもあっという間に終わりとなってしまいました。最後に選手達と一緒に写真撮影。
このことをキッカケに、より一層柔道の修行に励んでもらいたいです。

そして、もう一つ今回の柔道フェスタでお話しておきたい裏話が・・・・・

柔道フェスタが終了し選手達が帰り支度をしている時、サインや握手をおねだりする子供達が殺到。
自分は塘内選手に付き添っていたのですが、時間が無いというにもかかわらず『サインをしてあげますよ』と子供達にサインをしてあげていました。
マネージャーらしき人と話をしているのを聞いているとどうやら電車の時間に間に合わなかったらしいのですが、嫌な顔一つせず子供達一人ひとりに優しい言葉をかけながらサインを書いておられました。
『すみません。お忙しいのに・・・・』とお詫びの言葉をいっても、
『いいんですよ!!』と最高の笑顔でサインを書かれていました。

柔道が強いだけでなく、人間的にも素晴らしい『柔道家』であると感じました。子供達も是非このような素晴らしい『柔道家』に育っていってもらいたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

ゆう生庵

Img_4388 今回の食いしん坊将軍は、本手打ち十割そば 『ゆう生庵』に行って来ました。

友人に、『美味しいそばの店と言ったらこの店だsign03

と教えてもらっていたので、ランチの時間に行って参りました。

大通りから一本裏の道に入った少し隠れ家的なお店で、店内には、有名人のサインが並べられていました。

早速友人おススメの、ゆう生庵おろしセットを頂くことにしました。

Img_4387 これは、おろし蕎麦、ソースカツ丼、漬物、食後のコーヒーがついて850円ととってもリーズナブルgood

まずお蕎麦からいただくと、本手打ち十割蕎麦だけあって、そばの香りが存分に楽しめます。

そしてなんと言ってもそばのコシの強いこと!!少し辛めの大根おろしと絡んでとっても美味しいお蕎麦でした。

そして、もう1つの主役ソースカツ丼!!これにもやられました。少し荒めのパン粉がつけられたカツ、俗に言う『十千萬系』のソースカツに少し甘めのソースが絡みとってもおいしい。なんと言ってもこのお肉の柔らかいこと。このソースカツ相当美味しかったです。

近くに『ふくしん』という、こちらは俗に言う『ヨーロッパ軒系』の細かいパン粉で揚げられたカツが特徴的なソースカツ店があり、どちらも甲乙つけがたい美味しいソースカツ丼でした。

これからは、どちらで食べようか頭を悩ませそうですsweat01

ただ、注文してから出てくるまで少し時間がかかると言うことと少し量が少ないのが玉に瑕。でも、女性にはぴったりの量ですね。

蕎麦湯もついてきており、それを飲むと本当に良い蕎麦粉を使っているのだと感じさせられます。

この美味しいお蕎麦とソースカツ丼が食べられる『ゆう生庵』は福井県福井市高木中央1-326にあります。

営業時間は11:00~14:30と17:00~20:00で日曜日が定休日となっています。

特にランチメニューをおススメしますので、お昼美味しいお蕎麦とソースカツ丼を食べたい方は是非どうぞhappy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

第18回日整全国少年柔道大会 第33回日整全国柔道大会

平成21年10月12日(体育の日)に講道館大道場において第18回日整全国少年柔道大会 第33回日整全国柔道大会が行われました。

全国の予選を勝ち抜いた選手達の熱戦が繰り広げられました。

結果は次のとおりです。

少年の部

優勝 兵庫県チーム 準優勝 愛知県チーム
3位 神奈川県チーム 3位 広島県チーム

一般の部

優勝 東京A 準優勝 南関東
3位 北信越西部 3位 東京B

という結果でした。

少年の福井県チームは、ベスト8まで勝ちあがる健闘を見せてくれたようです。

そして一般の部では、我等が川口 稔先生が選手として出場した北信越西部チームが見事3位入賞を果たしました(≧∇≦)

入賞者の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

坂井市少年柔道大会 個人戦

団体戦が終わると引き続き個人戦が行われました。

まず最初に低学年幼児~2年生が行われました。

この学年は入門して間もない子達が多く参加しており、なるべくついて試合を見てあげたかったのですが、審判もしなくてはならずなかなか見てあげることが出来ませんでした。

それでも、審判の合間に見た試合では、元気いっぱいの試合をしていました。まだまだ技術的なことは身についていない様子でしたが、試合を楽しんでいるようでした。

Img_4416 そんな中、幼児の部で、S司が準優勝Sinが3位に入賞しましたhappy02賞状をもらっているときの嬉しそうな顔;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

これで、練習にも熱が入ってくれる事を願います。

Img_4419 1年生の部では、Y太が優勝、R輝が3位に入賞shineshine
優勝したY太は、団体戦で完敗したH本さんとの決勝戦。団体戦終了後、Y太に『技を掛けきる心』と言う事で話しをしていた。
そして、個人戦決勝では、やや強引な入り方であったが、相手が体落しに入ろうとするところに背負い投げを掛け切り一本勝ちimpact見事リベンジを果たした。Y太の気持ちの強さを感じることが出来ました。R輝も同じ川口道場のライバルHとの戦いを制し3位入賞。まずまずの試合ができていました。

Img_4420 2年生の部では、M穂が3位入賞。この学年は最近少し変化の出てきた子達がいたので、どのような試合をしてくれるか楽しみにしていたのですが、審判の関係でほとんど試合を見てあげれなかった。結果だけを見るとあまり良い結果ではないようだが、今起こっている変化を大事に育てて行きたい。

これで午前中の試合終了。この後昼食休憩をはさんで、午後から3年生~中学生の個人戦が行われました。

こちらの試合も審判に追われ細かいところまで試合が見れませんでしたが、3年生の部でY亮、T人がともに3位入賞。しかし、この学年は攻撃力の無さが目立った。しぶとさという面では少しずつ成果が出てきており、足技の方も少しずつでてくるようになっているが、自分の得意技で勝負するということがあまり出来ていなかった。そんな中、予選で敗れてしまったT弥が団体戦で敗れたH本君に対して果敢に攻め、新しく練習している払い腰で惜しい場面を演出した。惜しくも敗れてしまったが、この果敢な攻めが今後の成長に大きくかかわってくるだろう。

4年生の部では、鰐湧とK平が3位入賞。鰐湧は小さい体でよく頑張った。しかし大きな相手に対し相手の引き手側に移動してしまうというミスで一本負け。大きな変形組み手の相手にもっと揺さぶりを使って勝負をすることを練習してもらいたい。K平の試合はほとんど見る事が出来なかったが、優勝した子に敗れたようだ。他の子たちの試合もあまり見れなかったのだが、そんな中で、審判の合間に見れたT晟がこの夏で飛躍的に伸びてきていた。もともとドンクサイタイプのT晟で、物事を覚える事に時間がかかる子だが、その分人より積み重ねる時間が長いということ。ひょっともしたら、成長期と重なれば飛躍的な成長が期待できるかもしれない。

5年生の部はF太が決勝まで勝ちあがった。小さい体のF太だが、最近は大きな相手にもしっかり組み合って投げる事が出来るようになってきた。特に準決勝で戦ったN嶋君に対して背負いで回し押さえ込みで一本を取れる気持ちの成長が見れた。しかし予選、団体と戦ったライバルM希弥君には、本当に危ない試合を行なっていた。下がりながら相手が出てくるところを投げようとしている試合運び・・・・・今までこの試合運びで勝っていただけにどうしてもこの展開になってしまう。どのような相手でも前に出て組みとめその中で投げれる技を身につけていかないとこれからの戦いが厳しくなるだろう。

もう1人の5年生Y雅は、返しの得意な選手に判定で敗れたものの、もう一試合は力のある選手から払い腰で一本を取ってきた。まだつり手が抜けてしまう弱さがあるものの、最後まで持っていこうとする気持ちのほうはしっかり育ってきているようだ。つり手と軸足の修正が出来てくると一本勝ちがもっと増えてくる期待できる選手に成長してきた。

Img_4422 6年生のryoは、やはり調子が悪いようだ。どの試合もいつもの気迫溢れる試合ができていない。予選は、なんとか全勝で決勝トーナメントに上がったものの初戦でしっかり自分の組み手になれないまま敗れてしまった。この日は全体を通してどこか集中しきれていない試合であった。小学生相手に難しい注文かもしれないが調子が悪いなりに、試合に集中する気持ちのコントロールをもっと行えるようにしてもらいたい。

中学生の試合はほとんど見てあげれなかったが、団体で川口道場出身の子がかよう丸岡南中が準優勝。個人戦ではJunが準優勝に輝いた。

Img_4424 個人戦を終えて高学年の試合を全体的に見てみると、姿勢のことを意識した柔道が出来てはきているが、その姿勢で攻撃する能力がまだ足りない。止まった姿勢から単発で攻めるだけなので、この辺を次の課題として強化して行きたい。

最後に・・・・・

今回の試合は全学年が試合にでれるとこともありそれぞれの学年での課題が確認できた。このような素晴らしい大会を主催していただいた坂井市柔道協会の皆様に本当に感謝したいと思います。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

坂井市少年柔道大会 団対戦

Img_4392 平成21年10月12日に三国中学校武道館で行われた坂井市少年柔道大会!!

午前中は団体戦と低学年幼年から2年生までの試合が行われました。

団体戦は、1・2・3・4.・5・6年生の6人で構成されるチームで、5チームのリーグ戦で戦います。各チームの総合力が試されます。

この大会は、少年規定の基本理念である『基本の習得』と『安全管理』の2つを徹底するため、いきなり膝を付いて施す技はたとえ片膝であっても口頭で注意し技のポイントは無効とする。と言う大会申合せ事項がある、少し特殊な大会となっております。

Img_4390 朝8時に試合会場に到着。この大会は全員が試合に出れるため、入門して間もない子達も参加させてみることにしました。試合に初めて出る子は、若干引きつった表情をしていましたが、アップの時にキャプテンを中心になかなかよい雰囲気を作ってくれたので徐々に良い表情になって行きました。最近の練習でよくなっている部分がこういうところで役にたってくるようになってきました。

そうして向かえた初戦。相手は春江柔道スポーツ少年団さんとの戦いです。
今回、選手の出し入れが自由だったため、色んな選手を起用して試合に臨みました。先鋒が不戦勝ちで続く次鋒に最近ちょっと変化が出てきたM琴を起用。
Img_4394 しかし、試合ではいつもの練習のような積極性がなく、引き分け。練習の時のように色々試すような積極性を期待したがやはり試合の怖さのほうが勝ってしまったようだ。まあいきなり試合に出ろ!と言ったので心の準備ができていなかったのかもしれない。引き分けで次の試合に進みました。
Img_4396 中堅はT太を使ってみた。序盤積極的に攻め寝技で有効を奪うも、後半下がったところに足技をあわせられ有効。結局引き分けであった。寝技で一本を取るチャンスがあったのだが相手も力のある選手だったため極め切れなかった。この辺がまだT太の甘いところである。力は一番持っていると思うのだがまだまだ練習が必要のようだ。
三将は鰐湧を起用。キッチリ寝技で一本勝ち。
副将は、Y雅を使った。浅い内股で透かされそうになったものの、しつこく技をかけ続け一本勝ち。もう少しキレのある技になっていってもらいたい。
大将はキャプテンのryo。ライバルのT田くんとの戦いになった。試合が始まりすぐにryoの異変に気付いた。あのスタミナのあるryoが、1分ぐらいで肩で息をしている。表情もシャキッとしていない。試合のほうもチャンスを逃がし、今ひとつ集中仕切れていなかった。それでも試合終了間際相手の下がり際に小外で技有を奪い4-0で初戦を突破する事ができた。

続く2回戦は優勝候補の三国柔道教室との戦い。
先鋒、Y太は小さい体でガンガン攻めて行き、相手が潰れたところをキッチリ寝技でしとめて一本勝ち。最近寝技に雑な部分があったのだが、今回の試合ではその辺がキッチリ修正できていた。
次鋒、m穂は、小さい体でしっかり組合戦った。しかし体力差があり潰されてしまう。しかしそのなかで、ワンチャンスに寝技で惜しい部分まで攻め込んだ。しかしこれも返されその後払い腰で投げられ一本負け。
続く試合はY亮を使った。互角の戦いが続いたが、終了間際前に出たところに払い腰を合わされ痛恨の技有負け。
次の試合にK平を出したが、相手の払いまきについていってしまい押さえ込みで敗れた。まだ試合での気持ちのコントロールができていないように感じた試合であった。
副将はF太を使ったが、これまた払い巻きで一本をとられた。大将ももつれた所で押さえ込まれ1-5の大差で敗れてしまった。
この試合全体を通じて巻き込み技に弱かったように思える。こういう技についていってしまうということはまだ課題としている姿勢の強化がまだまだ足りないようだ。

3試合目
次はいつもお世話になっている同じ丸岡地区のライバル丸岡柔道スポーツ少年団さんとの対戦。
Img_4405 先鋒に運動能力の高いHを使ってみた。試合は攻めまくって押さえ込んで一本勝ちをしてきたが、押さえ込みに移行するための寝技がまったく出来ていない。寝技が苦手というのはわかるが苦手のままにしていては今後苦しいだろう。
次鋒のM穂は強敵のいずみちゃんと対戦。力は向うの方が一枚上手といったところだった。もつれたところを押し込まれ有効を奪われ優勢負け。もっと体の力を付けていかないとこれからが大変だ。
Img_4408 中堅に今度はT人を起用。相手は1学年下だが県でもトップクラスの選手。前半出会いがしらの体落しで有効を奪われた。しかし、その後相手の攻撃を防いで相手がバランスを崩したところをきっちり寝技で一本勝ち。ワンチャンスで一本を取ってきた。この勝利で勢いに乗った。これからの3試合は皆一本勝ちをし、予想以上の5-1で勝利できた。この試合下手すると負けるかも・・・・と考えていたので、ビックリの結果であった。

最後の試合は、坂井町柔道教室と対戦。
このチームには大将に、北信越2位のH本君がいる。そしてその兄妹達が大変力を持っているので非常に厳しい試合だと思っていた。
先鋒戦、この戦いがこの団体戦の勝敗を分けると思っていた。こちらはイケイケちびっ子柔道のY太。相手は警戒していたH本さん。勝負は一方的な展開でH本さんの一本勝ちだった。Y太も果敢に攻めたが、技が中途半端だったので、そこに体落しに入られ一本負け。
厳しい幕開けだった。
次鋒戦M穂が開始早々大外で一本勝ち。仕事をしてきた。
次はまたまた警戒するH本君。ここで川口道場3年生の一番重いT弥で勝負してみたが、一発で持ってかれてしまい一本負け。
次は、女子のNonで勝負を行い、開始早々の大外刈り一本勝ち。女子の活躍により2-2で並んだスコアで副将戦に挑む。
副将は、返しの上手い選手。しかし大将にH本君が控えている事を考えるとここでどうしても一本勝ちが欲しいところ。F太も攻めたいのだが相手の返しを警戒してしまい今ひとつ攻めきれないままで時間だけがすぎていった。時間終了間際に思い切って勝負に出たが、ポイントにならず、引き分けに終わった。
残るは、大将戦。ここで勝利しなくてはいけなかったのだが、地力で勝るH本君の大内に一本を取られ3-2で敗れてしまった。

今回の団体戦を振り返ってみると、課題としている姿勢の強化がまだまだ必要ということと一本を取りに行くときの戦い方というのがまだ出来ていない。技に入っても引き手を離したりすぐに戻ったりと掛けきる、極め切るといったところが出来ていないように課題が山積みである事が確認できた。でも、それだけまだ強くなれる可能性があるということ。

色々な課題を整理しながら、個人戦へと移って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

第4回坂井市市民スポーツ祭柔道競技 兼 第2回坂井市少年柔道大会

平成21年10月12日(祝月)に三国中学校武道館において第4回坂井市市民スポーツ祭柔道競技 兼 第2回坂井市少年柔道大会が行われました。

坂井市で柔道を行っている小中学生が熱戦を繰り広げました。

結果は次のとおりです。

団体戦

小学生
優勝 三国町少年柔道教室 2位 坂井町柔道教室 
3位 川口道場

中学生
優勝 三国中学校 2位 丸岡南中学校 3位 坂井中学校

個人戦

小学生
幼年の部
優勝 廣瀬 芽衣(丸岡) 2位 北 修司(川口) 
3位 野村 慎(川口) 3位 牧田 恭介(春江)

1年生の部
優勝 荒谷 優太(川口) 2位 橋本 亜香里(坂井) 
3位 加藤 来輝(川口)

2年生の部
優勝 高島 歩(丸岡) 2位 八杉 大夢(三国) 
3位 川口 真穂(川口) 3位 田中 泉弥(丸岡)

3年生の部
優勝 優勝 橋本 光正(坂井) 2位 木野 智也(三国) 
3位 蔵田 侑亮(川口) 3位 大久保 緒人(川口)

4年生の部
優勝 利根 拓也(三国) 2位 岩本 智亜樹(三国) 
3位 北 康平(川口) 3位 鰐渕 湧太(川口)

5年生の部
優勝 西尾 峻(三国) 2位 佐々木 風太(川口) 
3位 谷本 恒四郎(三国) 3位 中嶋 将(丸岡)

6年生の部
優勝 橋本 直征(坂井) 2位 竹内 鈴(三国) 
3位 下口 尚佑(三国) 3位 田中 佑歩(三国)

中学生
男子55kg以下級
優勝 伊藤 悦輝(三国) 2位 荒谷 潤(丸岡南) 
3位 谷本 竜也(三国) 3位 中田 優輝(丸岡)

男子66kg以下級
優勝 松原 聖大(三国) 2位 松原 誠(三国) 
3位 松浦 透(丸岡南)

男子66kg超級
優勝 伊藤 祐輝(三国) 2位 吉竹 優(三国) 
3位 青池 剛(坂井) 3位 北 将延(丸岡南)

中学生女子 無差別級

優勝 向 玲菜(丸岡) 2位 田崎 奈津美(坂井)

という結果でした。

入賞者の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

自覚

昨日の練習は、いつも練習を仕切っているキャプテンが修学旅行に出かけているため、5年生のF太がキャプテンとなり練習を行なった。

最近、新しい子がたくさん入ってきたことにより、一時期より練習に時間がかかってしまっていた。しかしキャプテンを中心として高学年がしっかり練習をまとめ低学年の練習を見てあげることができていた為、まずまずの雰囲気を保つ事ができていた。

しかし、昨日の練習ではそこまでの雰囲気を維持する事ができなかった。

F太なりに頑張っていたのかもしれないが段々雰囲気が尻すぼみになっていってしまった。

この姿を見ていると、キャプテンの存在は非常に大きいものと感じる。

当初、このキャプテンには不安しかなかった。あまりハキハキした性格ではなく、体も小さいし声も小さい。

そんなイメージがあった。

しかし、今年キャプテンになってから、だいぶ怒られはしたものの今では、川口道場の雰囲気をしっかり作り上げてくれている。

『キャプテンとして川口道場の雰囲気を作り上げる!!』

といった自覚が生まれているのだろう。

自分の練習も一切手を抜かず、その上周りにしっかりとした練習を促す事ができるようになった。

最初は本当に不安でいっぱいだったが今ではキャプテンを任せて本当に良かったと思っている。

今度は、この自覚を、川口道場の子供達一人ひとりに持ってもらいたい。今はまだキャプテンだけ・・・・・というイメージがある。

昨日の練習を見て特にそのように感じた。まずは高学年の子達にこういう自覚が生まれてもらいたい。やれといわれて行うような練習でなく、自分達で作り出していけるような雰囲気を期待したい。

でも、昨日の練習で、少し手ごたえもあった。

それはF太が、寝技の反復の時に、周りに向かって雰囲気がよくなるよう呼びかけていた。今までの練習ではまったくなかった行動。

キャプテンを任せた事で生まれた自覚なのだろうか?

ともあれ、この事をキッカケで、高学年を中心に『自分達で練習の雰囲気をよくする』という自覚が生まれてもらいたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

川口道場秋のレクリエーション

平成21年10月3日(土)に川口道場において秋のレクリエーションが行われました。

この秋レクは、保護者会が主催で企画してくださる川口道場のお楽しみ会で、日頃柔道に勉強に頑張っている川口道場の子供達に、日頃の疲れをリフレッシュしてもらうため行われている行事でした。

土曜日の午前中の仕事を終え道場で準備をしていると次々と子供達が元気よく集ってきます。

早めに来た子供達は、道場の掃除、会場準備など積極的に手伝ってくれました。こういう姿勢は本当にうれしく思いますねwink

保護者の方々と子供達のお手伝いのおかげでずいぶんと早く準備完了。

早く始まらないかと、子供達はそわそわしていました。

そうして予定よりちょっと早くですが秋レクのスタートです。館長の言葉、保護者会長からのお言葉のあとWさんの乾杯の音頭でお楽しみ会スタートhappy02

Img_4361 最初に、保護者の方が作ってくださった豚汁と、お弁当でのお食事会からはじまりました。

今川口道場では、幼児から高学年までで30人に到達!!

新しい仲間達を向かえ子供達も、保護者の方も懇親を深めていました。

食事も食べ終わり、いよいよ今回の秋レクのメインイベントが始まります。

今回、なんと川口道場にスペシャルゲストとして、福井県を代表するものまね芸人であられる『カズノコ』さんと、東京からワザワザこられた『Yoshino』さんによる『kazunoko∞Yoshino 』のスペシャルショーが行われました。

カズノコさんには、いつも、福井県の柔道大会などで美味しいお弁当でもお世話になっており今回、保護者会会長のKさんとご親交があるとのことでワザワザ川口道場にまで足を運んでくださりました。

Img_4366 Img_4373 のっけから、DJ オ〇マで会場を盛り上げていきます。子供達の大好きなヤッ〇ーマンのものまねや保護者の方々を唸らせる松〇千春のものまねをくりだしました。

Img_4375 Img_4376 このほかにもは〇な愛のものまねによるダンスによっておおいに盛り上げてくださいました。

Img_4378 川口道場のレディース軍団も負けじとダンスで張り合います。

Img_4381 そして、カズノコさん十八番の『キング・カズ』の登場で、会場のボルテージは最高潮sign03

興奮した子供達のパワーで一時収集がつかないようになりましたcoldsweats02
この時の子供達のパワーを是非柔道で活かして頂きたいモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

Img_4382 そのまま、ビンゴ大会に突入!!子供達は大好きなビンゴゲームで汗だくになっていました。

今回も豪華景品狙って、一生懸命ビンゴカードに穴を開けていました。この時の子供達の楽しそうな笑顔には本当に癒されます。この笑顔がいつまでも続けば良いと感じました。

ビンゴをやっているとあっというまに時間が過ぎてしまい、楽しいショータイムも終わりが近づいてきてしまいました。

Img_4383 最後に、『カズノコ』さんによる長〇剛のものまね『長〇メドレー』で、最後を締めくくっていただきました。

カズノコさん、よしえさん本当に楽しいショーをありがとうございましたm(_ _)m

Img_4384 ここで、善雄先生による一本締めで中締めを行いましたが、まだたくさんの人が道場に残り、わいわい仲良く楽しんでいました。

このみんなの結束力が今後、厳しい練習を乗り越える鍵となるでしょう。

Img_4362 こうして今年の秋レクも、大盛況でした。

今回お世話をしていただいた保護者会の皆様をはじめたくさんの保護者のみなさま本当にありがとうございました。子供達も本当に楽しそうでとても良い思い出になったことと思います。今回の秋レクで身につけた結束力を武器にこれからも頑張っていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

ビストロ・ウールー

今回の食いしん坊将軍は、いつもお世話になっている丸岡のT兄弟先生にご招待していただいたお店、『ビストロ・ウールー』をご紹介いたします。

以前よりT先生から『美味しいフレンチを食べたければここが良い』とご紹介していただいたお店でした。

お店についてみると、いかにも高級そうなたたずまいのお店でした。

個室のお部屋にて、コース料理を待ちます!!

Img_4351 コース料理はこちら!!

スープとメインは選択するようになっていました。

自分はジャガイモのポタージュと若狭牛もも肉のソテーを選択sign03料理を待ちました。

Img_4350 まず出てきた前菜は、かつおのたたき風カルパッチョとフォアグラのテリーヌとイチジクジャム添えでした。

フレンチにかつおのたたきsign02と非常に驚いたのですが、たくさんの野菜とともに食べるかつおのたたきは独特の臭みがまったくなく、あっさりとした後味good野菜との相性がとてもよかった一品でした。

フォアグライチジクジャム添えは苦手なイチジクの登場でしたが、そんな事をまったく感じさせない上品な一品。非常に滑らかな口当たりで、フォアグラのうまみが口いっぱいに広がりました。

Img_4352 次は、ホタテのムースです。

この料理が、部屋に入ってきた瞬間から、魚介類特有の香りが部屋いっぱいに広がりますhappy02
このムースの味も格別でした。ふわふわのムースに、ホワイトソースが絶妙に絡み、周りの野菜たちがさらにその美味しさを引き立てます。

思わず『おかわり!!』と叫びたくなってしまうような料理でした。

Img_4353 次に、選択したスープが出てきました。ジャガイモのポタージュ」は、ジャガイモの旨味が存分に発揮されているまろやかなポタージュスープ。大変満足のいくスープでした。

他のスープを選択されていたT先生たちから一口ずつ味見をさせた頂きました。今が旬のさつま芋のポタージュは、ジャガイモのポタージュより甘みがあり、秋の味覚でしたmaple
牛舌と冬瓜のブイヨンスープは、非常にあっさりとしたスープで、とても飲みやすく牛舌の旨味が凝縮されていました。

Img_4354 スープの次にでてきたのは、甘鯛のポワレ白ワインバターソース!!この一品が出てきたときにT先生は異常に興奮されていました。
一口食べてみてその理由がよくわかりました。

甘鯛にしっかりとした、塩味が効いているのですが、その塩味をまろやかにしてくれる白ワインバターソースがまた美味しい。

一緒に添えてある野菜との相性も抜群でとても美味しい料理でした。しっかりとした味がついているので、いつまででも食べていたい一品でした。

さて、いよいよコースもメインを迎えます。

Img_4356 メインの若狭牛のソテーです。

肉好きの自分としたらたまらない一品でした。

レアで焼かれた福井県の有名な若狭牛がたくさんの野菜の上に盛られていました。

早速食べてみると、柔らかいお肉から肉汁が口の中いっぱいに広がる大変美味しいお肉でした。そしてたくさんの野菜と一緒に食べるとこれまた美味しい。

今回のコース料理全て、ふんだんに野菜が使われており、その野菜との組合せが非常によいと感じました。野菜のうまみがそれぞれの料理のうまみを高める役割をしており、とても美味しい料理だと思いました。

Img_4355 そしてもう一つ、組合せで美味しいと思ったのは、ワインwineとの組合せです。メインのお肉と赤ワインの香りとの相性が抜群でした。
あまりワインには詳しくないのでよくわかりませんでしたが、こういうのを『マリアージュ』と呼ぶのでしょうね。ワイン素人の自分でも、この料理とワインとの美味しい組合せで楽しむ事ができました。

メインも終わり、あとはデザートを待つのみとなったところでT・M先生からの提案によりブランデーを頂く事にwink

40度を超えるアルコール度の高いブランデーwine

お酒の弱い自分になきついかと思いましたが、意外とすんなり飲めました。とても甘みのあるブランデーで、きついお酒ながらも結構飲めました。

まだ口の中いっぱいにブランデーの香りが漂っているところに、ビストロ・ウールーのパテェシエであられるマダムがデザートを持ってきてくれました。

デザートも4つのうちから選べ自分が選んだデザートは、『白いミルフィーユ』というデザートでした。まず運ばれてきて驚いたのはそのデザートの形!!

Img_4359_2 メレンゲと生クリーム・フルーツが折り重なって出来ているとてもユニークなミルフィーユでした。メレンゲのさくさくした食感と、とても上品な甘さの生クリーム、そしてフルーツの優しい甘さが口の中いっぱいに広がります。

また、先に飲んでいたブランデーの香りがこの甘さをよりいっそ引き立ててくれます。T・M先生の粋な計らいに感謝です。

あんまりシェフの料理よりもマダムのデザートの事を褒めるとシェフが機嫌を損ねるそうなのでこの辺でデザートの感想を終えておきますが、このデザートには本当に感動してしまいました。

こうしてビストロ・ウールーのコースを堪能する事ができました。

今回ご紹介してくださいましたT先生方には、本当に素晴らしい料理の数々をご馳走していただき誠にありがとうございます。また、食事と一緒に聞かせていただいた柔道理論・柔道談議がより一層料理の味を引き立てて、美味しい料理・美味しいお酒を頂く事ができました。そして運転手を務めてくれたHも本当にありがとう!これからもくれぐれも安全運転を続けていってください。

皆様本当にありがとうございました。

この美味しいビストロ・ウールーは福井県坂井市春江町 江留上錦15-2にあります。

営業時間
11:30~15:00(13:30LO)
18:00~22:00(20:30LO)
定休日
木曜日・月1回不定休となっています。
美味しいフレンチを食べたい方は是非どうぞ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »