« 折れない心 | トップページ | 道場内連絡 »

2009年8月 3日 (月)

全日本少年少女武道錬成大会

Cimg0009 平成21年8月2日に日本武道館において全日本少年少女武道錬成大会が行われました。

今回、同じ丸岡地区の丸岡スポ少の皆さんと一緒に夜の10時にバスに乗り込み東京に向けて出発!!

車中泊にて朝の4時30分に武道館に到着しました。

そして7時30分頃に武道館内に入ることができました。沢山の人、そして武道館の広さに初めて武道館に来る子は圧倒されていましたcoldsweats02

この柔道の聖地である日本武道館の畳の上に立てるという経験はなかなかできるものではありません。この経験をさせてあげるというのがこの試合に参加する目的でもあります。

Cimg0013 Cimg0014 Cimg0012 そして開会式では、全国から集った少年少女達の人数に毎度驚かされますw(゚o゚)w

開会式が終わるとまずはじめに基本練成という講習会と練習が行われます。

Img_3947回基本練成に参加するものがいなかったので、この間にしっかりアップを行いました。

今回は低学年の4年生5人のみの参加だったのですが、みんな非常に落ち着いておりアップもスムーズに行えていました。初めて参加する子も含め、みんな終始リラックスしていたように思いました。

そしていよいよ第一試合!!

相手は埼玉県の加須市柔道連盟さんでした。

試合直前になると、子供達の顔が急に固まりだします。今までのリラックスムードから一転緊張し表情が固まりだしてきました。

試合前にチームとしての力の出し方について話をしたのが裏目に出てしまい、責任感からか過度のプレッシャーを感じてしまったのかもしれません。

そんな状態で試合が始まります。

Img_3948 先鋒のNonは、最初の組み手のときに非常に硬くなりすぎてしまい相手の組み手で勝負が進んでしまいました。中盤から徐々に自分の動きを取り戻していき、寝技のチャンスが訪れます。相手の手を縛り後は返すだけというところで相手に足をもたれてしまい足が抜けず待てがかかる。
最後まで攻めるもポイントを奪えず引きわけ。

Img_3949 次鋒のM里は、試合開始と同時にガンガン前に出る。しかし掛け急いでしまっているために、足を空振りしたり返されそうになってしまっている。
気持ちばかりが前に出過ぎてから回りしてしまっていた。
試合の終盤に組み際の一本背負いについていってしまい有効を奪われた。
その後も攻め続けたが取り返せず優勢負け。

Img_3950 中堅のY太で何とかポイントをとってきて欲しかったのだが、相手も向こうチームのポイントゲッターであった。
試合開始直後、Y太が不用意に立背負いに入ったところを返されいきなり技有を奪われてしまった。これは非常に痛かった。その後必死に取り返しに出るもなかなか自分の形になれず、取り返せない。終了間際に相手が潰れたところを寝技で勝負に出たが、あわてて入ったために足が抜けてしまい逆に押さえられてしまった。

Img_3951 副将のT晟が、有効以上で勝たなくては勝負が決まってしまうという状況だったが、まだ試合になれていないT晟にその事を要求するのは厳しかった。完全に雰囲気に呑まれてしまっており自分の力を発揮することなく敗れた。

Img_3952 大将の前で勝負が決まってしまったのだが、大将のK平が奮起!!

最初、K平が技を仕掛けるも返されてしまい技有を奪われていながらも、その後も終始技を出し続け、最後は大内で一本を奪ってきた。

K平は、初めての日本武道館の畳の上で見事一本勝ちを納めることができた。

しかし勝負は3-1で敗れてしまった。試合後一本勝ちを納めてきたK平が一番涙していた。自分が勝つことができてもチームが負けてしまったことに対しての涙。こういうチームを思う気持ちはうれしく思った。

こうして今年のチームの挑戦は、一回戦で一回戦で敗れてしまった。相手チームもその後順調に勝ちあがりベスト8まで勝ち上がっていた。とはいえ、もう少し勝負が出来たと思う、試合の最中チャンスがたくさんあった。そのチャンスを物にできなかった事に敗因がある。

今回のこの結果を受けて、今年初めから取り組んできた練習と、今後の練習に何が必要であるかを整理していた。この日の試合からたくさんの良い選手の動きを参考にしたりしながら色々考えをまとめていった。

今回の敗因の一つに自分達のこだわりが足枷になっている部分が大きいと思う。しかしこの指導者としてのこだわりだけはどうしても曲げたくない。こだわりを持ちつつそれでいて今の柔道をより伸ばしていくために必要な練習をどうやって行っていくべきか。

子供達と一緒に色々な試合を見る中で、あるチームの柔道に惹かれていった。この試合を見ながら今後の練習の方向性が決まっていきました。指導者でどのように練習していくべきかを話し合い、その後子供達にも今後の方向性を伝えた。と言っても行う基本的な方向は一緒だが重きをおくところを伝えた。この練習には子供達の意識が一番大事になってくる。

これからの練習を子供達と一緒に心を鬼にして頑張って行きたい。

今回一緒に参加した丸岡柔道スポーツ少年団の子供達は一回戦を見事に勝利。特に勝負を決めたN君の成長は素晴らしいものがある。そして大将のK君の空かされてポイントを奪われた技でキッチリ逆転の一本勝ち。タイミングばっちりの素晴らしい一本でした。
2回戦では残念ながら負けてしまいましたが、5年生だけのチームで本当に素晴らしい柔道を見せてくれました。

今回参加した丸岡チームの皆様本当にお疲れ様でした。お互い悔しい思いをしましたがこの悔しい思いを今後の成長に繋げていきましょう。

Img_3956 そして今回、ある方からいただいたTシャツにあるように『心で泣いて鬼指導sign01』で頑張って行きますsign03

|

« 折れない心 | トップページ | 道場内連絡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でしたcoldsweats01sweat01
合同遠征でイロイロご迷惑をおかけしたと思います。
これに懲りず、機会があればまたお願いします。
川口道場低学年チーム、結構上位が狙えるのではと思っていましたが・・・残念でしたねweep
しかし、赤ペン先生の『こだわり』を自分達の『こだわり』にしていく個性豊かなチームのこれからが愉しみですwink

投稿: クリリン会長 | 2009年8月 4日 (火) 15時43分

日曜日はお疲れ様でした。また、いろいろとお世話になり本当にありがとうございました!川口道場・丸岡スポ少ともに熱い試合を見せてもらい、とても思い出に残る遠征となりました。
Mなぶ先生が言っていましたが、丸岡スポ少はこれからも、相手がどうあれしっかり持って「一本取るか・取られるか」の真っ直ぐな柔道を目指していくことと思います。
遠征は残念な結果でしたが、これからまだまだ県内での大会ラッシュが続いていきます!この経験をこれからに活かしていきたいですねhappy01
まずは1本取るか・取られるかの柔道で、強敵(とも)の川口道場に勝てるチームになれるよう邁進していこうと思います!!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年8月 4日 (火) 16時27分

練成大会ありがとうございましたscissors
密かに3年前以上の成績を期待してましたが…bearing
今年の日本武道館への忘れ物、来年ガッツリ取りに舞い戻りましょうpunch

投稿: nashi-papa | 2009年8月 4日 (火) 22時10分

クリリン会長コメントありがとうございます。
ご迷惑だ何てとんでもない。色々とお世話になり本当に助かりました。
丸岡スポ少の子供達は本当に良い試合をしていましたよ。
日本武道館の畳の上で試合をしながら強くなっていってましたね!!
今回は、自分たちも上位を狙っていただけに非常にショックが大きかったです。
しかしこのような結果になったのも指導者の責任。
もう一度一から見直して強化していきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年8月 5日 (水) 00時18分

裕さんコメントありがとうございます。
こちらこそ色々とお世話になりました。
自分達も目指すは取るか取られるかの一本勝負。
自分達のしっかりとした形を作れるようにこれからも強化していきたいと思います。
強敵『トモ』においていかれないように頑張ります。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年8月 5日 (水) 00時22分

nashi-papa さんコメントありがとうございます。
前日当日と色々ありがとうございました。
試合の結果は本当に申し訳ありませんでした。
子供達はやるべきことをしっかりやっていたと思います。
全て指導者の責任です。今回の結果を踏まえより一層の強化に力を入れて頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年8月 5日 (水) 00時25分

いつも先生のブログを楽しみに読ませて頂いてます。
先生の言う曲げられないこだわりが大好きです。
このブログによりそのこだわりを信じたおかげで先日の試合で初めて立ち技で一本勝ちしました。
それも奇跡的な逆転勝利でした。
子供も初めての感覚に「気持ちいい~」って
因みにいいときの試合展開がMさんに似てそうな気がして応援してしまいます。(うちも娘なので目標にしてます)
大変為になるブログこれからも参考にさせてください。

投稿: 他県のパパ | 2009年8月 6日 (木) 14時30分

他県のパパさんコメントありがとうございます。

娘さんの逆転一本勝ちおめでとうございます。
ポイントを取られても気持ちを折らず取りに行ったからこそ出来る勝利だと思います。
こういう勝利は本当に気持ちいいでしょうね!
自分達もそんな気持ちいい柔道ができるよう頑張ります。

あとMにも伝えておきます。きっとこれを励みにさらに精進してくれることでしょう(^^)v

このようなブログですがこだわりをもって頑張っていきたいと思っているので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年8月 6日 (木) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/30811833

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本少年少女武道錬成大会:

« 折れない心 | トップページ | 道場内連絡 »