« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

折れない心

今週末いよいよ全日本武道錬成大会に出場する。

この大会に向け夏休みに入ってから強化練習と銘打って毎日練習が行われてきた。

今回参加するのは4年生を中心とした低学年の部出場者達。

大会前にこのように強化練習を行なうということは4年生を中心とした強化練習のように思えるが、実は本当に強化したいところが別にあった。

それは、3年生たち。

今の3年生たちは一生懸命練習しているが、どうしても自分に甘いところがある。追い込まれてくると楽な方に逃げてしまうし、上手く行かないことがあると努力することをせずできないままにしている。そして一番気になるのは自分から学ぼうとする姿勢が感じられないことだ。先生に言われたとおり何も考えずロボットのように練習する。だから誰かに指示を出してもらわないと自分で練習を行う事ができないのだ。

そこで、今回の強化練習前に指導者としての意図を子供達に伝えた。4年生以上の子達には前回の強化練習の時に指導者の目線を少し高い位置で見るようにすると伝えてあったのだが、今回は3年生の子達に、『今回の強化練習では3年生の子達を鍛える。高学年の子の意識の高さまで意識を高めてもらいたい』と伝えた。

それからの練習は、3年生の子達にとって本当に厳しい練習となった。たくさんの厳しい言葉を浴びせた。

まだ慣れない反復練習でできない動きやわからない動きでも厳しく怒られる。3年生にとったら本当におもしろくない練習であっただろう。強化練習初日は、まともに練習について来れない状態だった。

なかには練習の途中で、ついて来れず脱落してしまうものも・・・・・・・

それでも、特に励ますこともせず突き放した。どうしても甘えてしまいがちの子だったので心を鬼にして思いっきり突き放した。
その子の親には、フォローをお願いしていたので、何とか練習は休まずに来ていたが、暗い顔をして練習に参加していた。

そして前回の強化練習の時、3年生の子達に変化が見られてきた。まず厳しい言葉にめげないようになってきた。厳しい言葉を浴びせられても心を折ることなく気合を入れて練習に取り組んだ。
いつも泣いて練習について来れない子も、ギリギリのところで踏ん張り練習をやりぬいた。わからない動きやできない動きも特に指導してないのに高学年の子達の動きを見ながら自分達でものにしていった。

どうやら、自分達の力で一歩前に進んだようだ。

練習後3年生と一人の4年生の子達を集め、今回の練習での成長を伝えてあげた。練習をやりぬいたということもあってか子供達の顔は非常に晴々としていた。

細く折れやすかった繊細な心が少し厚みをおび、強度が増してきた。そしてなりより子供達の返事から自分の成長の手ごたえと自信を感じることができた。

話を聞いているときの子供達の真剣な眼差し、そして『これからもがんばれ!!』という励ましの言葉に対してのとても大きな『ハイ!!』という返事。

これからの成長がますます楽しみである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

福井県強化練習会

Img_3916  平成21年7月26日(日)に福井県立武道館において福井県強化練習会が行われました。

この練習会は県柔連が主催する強化練習会で福井県の各団体の子供達と今回滋賀県から石山塾さんが参加してくださいました。

まず簡単な開始式が行われた後、皆でいっせいに体操をして練習スタート。

回転運動など補強運動が終わったら高学年は大道場、低学年は小道場に分かれて練習スタート。

簡単に乱取りなどを済ませたら、試合練習を中心に練習しました。各学年に分かれてたくさん試合練習を行いました。

石山塾さんがいてくれたおかげで、一味違う柔道を経験することが出来たと思います。午前中はこのままひたすら試合練習をおこないました。たくさん試合を見ていると、川口道場の子供達の試合振りに変化が出てきていました。まだ荒削りですが、体幹の力を使う攻防が出来るようになっていたことです。今までは手で突っ張ったり腰を引いたりして受けていた技もしっかり姿勢良く受けることが出来るようになっていました。おかげで投げられる時は豪快に一本を取られてしまいますが、このままのスタイルで反応が良くなっていけば非常に面白い試合が出来ると思います。

午前中の練習で残念ながら石山塾さんはお帰りになってしまいまいたが、午後からも練習は続きます。

Img_3919 Img_3920 午後の練習の前に、審判の勉強会を子供達も含めて行いました。2月の11日に講道館で行われた講習会での内容を子供達の前で皆に発表し少年規定について色々と勉強しました。

最後に子供達に審判の反則のジェスチャーのクイズを出して子供達と楽しくルールについて勉強しました。

その後午後からの練習スタート!!

午後から、寝技の練習を行いまた試合練習に・・・・・

午後になり気温が高くなってきたからか、子供達に今ひとつ集中力が見られない。怪我をしないかととても心配でした。

何とか無事試合練習を終えた後は自由乱取り。短い時間の練習でしたが中身の濃い練習が出来ていたと思います。

Img_3946 自分の苦手なタイプのことどんどん練習して出来ないことを出来るようにしようと努力していたように思います。

こうして、福井県の強化練習会は終了。この強化練習会で見つかった新たな課題を克服できるよう頑張ってもらいたい。

この日、北信越と福井県の強化選手の発表がありました。強化にはいった子達は強化選手としての自覚を持ってこれからも柔道に取り組んでもらいたいです。

今回の強化練習に参加された皆様そしてその練習を取り仕切っておられた少年部の皆様本当にお疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

おめでとう!!

平成21年7月24日に福井県立武道館で行なわれた全中予選で、川口道場出身の中学生達が頑張ってくれましたhappy02

男子90kg級 優勝 西出 裕哉(北陸中)

女子44kg級 優勝 齊藤 優 (丸岡南中)

女子70kg級 優勝 長谷川 奈桜(福井中)

この三名が全中への切符をゲットいたしました。

裕哉と優は今年が最後の大事な大会。3年生のこの大会で見事に優勝を飾った。一つ一つの積み重ねをしっかり行ってきた結果です。

裕哉も優も小学生の時には県の大会で優勝したことはない。それでもこつこつと努力のできる子達でした。特に優は小学生の時に、負けてばかりの選手でしたが、中学生の最後の大会前に飛躍的に成長し見事に優勝を飾りました。

奈桜も一年生ながら、接戦を勝ち上がり見事に優勝!!

本当におめでとう。

君達の優勝は後輩達にものすごい勇気と希望を与えてくれます。これからも、自分の柔道を完成させるため頑張ってください。

このほかにも、1年の荒谷潤が準優勝、1年60kg超級で齊藤稜が3位、3年の高島明里が3位と奮闘してくれました。

この先輩達の活躍に負けないように川口道場の子供達も頑張ってもらいたい。

優勝をしたみんなsign03感動をありがとうshinehappy02shine

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

御菓子処うさぎや もちパイ

今回の食いしん坊将軍は、予告しておりました川口道場夏合宿のときに保護者であるnashipapaさんから子供たちみんなへ差し入れとしていただいた、うさぎやの『もちパイ』をご紹介します。

Img_3889 この『もちパイ』は鯖江市にある御菓子処うさぎやさんの定番メニューで、非常に人気の一品とのこと!!

自分も早速いただきましたrestaurant

まず、食べる前にやらなくてはいけないことがあります。それは・・・・・

何味から食べるのかを選ばなくてはいけませんhappy02!!

たくさん種類があり、つぶあん、チョコ、黒ゴマ、刻み栗入り餡、あんず、パイナップルなどたくさんの味がありました。

チョコは子供たちに大人気で、すぐになくなってしまい食べれませんでしたが、変わったところであんずとパイナップルからいただきました。このあんずとパイナップルは季節限定商品。
限定ものに弱い食いしん坊将軍は、真っ先にこの二つに手を出してしまいました。

まず、あんずからrestaurant

まだ温かいパイ生地につつまれた、もちパイを一気にパクリsign03

まず最初に、パイ生地から漂うバターの風味がガツンときました。その後からあんずの甘酸っぱい酸味がさっぱりとさせてくれました。
食感は柔らかいおもちがパイの下にあり、サクッとしたパイ生地の中にもっちりのおもちがあり非常に面白い食感でした。
パイナップルもあんず同様酸味があり、甘い香りのパイ生地をさっぱりさせてくれました。

ほかにもいろいろ食べさせていただきましたが、自分は黒ゴマが一番のお気に入りheart04

洋風のパイの風味に黒ゴマ餡の和風の風味。絶妙の絡み具合でした。

これにはみんな大喜びで食べていましたね。nashipapaさんありがとうございますhappy02

このおいしい『もちパイ』が売っているうさぎやさんはこちらにあります。

気になる方は是非一度ご賞味ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

合同練習試合会

先日、平成21年7月20日(祝月)に福井県立武道館において柔整会さんの主催で合同練習試合会が行われました。
午前8:15分に県立武道館に到着。たくさんの子供たちが武道館に集結していました。

Img_3906 今回は県内7チーム、県外4チームで練習試合を行いました。30分で区切られた時間の中で各チームと自由に試合を行います。

まず最初に、県外のチームと試合をさせていただきました。このチームは優秀な選手を育成しているとても有名なチームです。

Img_3907 Img_3909 主力の選手たちは、この日東海強化合宿がありこられていなかったのですが、それでもさすがに鍛え困れており非常によい動きでした。立ち技のあまり切れのない川口道場にとってとても勉強になる試合が多かったです。そんな中でも一つ二つ今練習している成果が見れるようになって来ました。
決して簡単なことではないので、この成功した技術に自信を持って取り組んでもらいたい。

Img_3912 Img_3913 2試合目も県外のチームで組み手に非常に力を持っておりなかなか自分の柔道ができませんでした。このような相手に対してもしっかり組み合える強さも身につけてもらいたいです。立ち技ではあまり切れがありませんでしたが寝技ではしつこく攻めることができ、まずまずの攻防ができていました。特に立ち技からの寝技への移行に少し成長が見られました。

続いては同じ県内で、最も意識している柔道チーム丸岡スポ少さんとの対戦です。
子供たちに気合を入れて、練習試合開始!!たくさんの新入門生が増えており初めて見る子がたくさんいました。
中でも低学年のT君兄弟はものすごく将来性を感じる柔道をしていましたね。真っ向勝負の丸岡柔道にぴったりの選手です。驚異的なリーサルウェポンでした。

次も、同じ県内チーム。今回は同じ学年の子が少なく学年落ちの子が挑戦させていただく形となりました。ここで、今まであまり活躍することの少なかった4年生のM里と大○が5年生相手に、見事な一本勝ちを収めてきました。
この試合でみんなが勢いに乗り、学年の上の相手に対して勝利を収めてきました。鰐湧も久しぶりに立ち背負いできれいに一本をとることができていました。しかし、6年生のK内君には誰も歯が立たない・・・・・この選手もすばらしい才能を持った選手だと思います。

午前中最後は、先日も練習に来てくださった金井jrさんとの対戦。ボコボコにやられてしまいましたcoldsweats02しっかりした立ち技をされるので大変勉強になります。みんな、しっかり組んでからの柔道が強いのでお手本にしてもらいたいです。

お昼休憩をとった後は、目標としている京都のチームと対戦。このチームは、本当にチーム力のようなものを強く感じるチームで、子供たちが一丸となって試合に取り組んでいるチームである。
試合を行っているときも、必ず周りの子が応援をしており団結力の強さを感じさせる。そういう意味ではうちはまだまだのチームである。もっとこういう団結力を身につけてもらいたい。

次に何度も合同練習試合等でお世話になっている石川県の松○さんと対戦。この日中学の大会があり何人かはそちらのほうに応援に行っているらしく何人か居られませんでしたが、それでも強い!!しっかり組んでから投げに来るチームなのでとてもお手本になります。こういうチームとしっかり組み合って勝負ができるように早く成長してもらいたいです。

次は同じ県内チーム。相手チームの人数が少なかったので一試合ずつ行いました。苦手なタイプの柔道が多かったのですが少しずつ対応できるようになって来ました。しかしまだ対応しているというだけで自分の柔道ができていないdownどのような柔道にも自分の柔道ができるように努力してもらいたい。

Img_3914 ここから後は全部県内チームとの合同練習試合となり、いつも顔をあわせている。チームとの対戦となりました。が、このあたりから子供たちの集中力に限界が来たのか、気持ちの切れた試合をする子が何人か見られました。最悪なことにけが人もwobbly
そこで子供たちに保護者の方からいただいた飴を支給!!糖分を取り少しでも集中力の回復を図りました。

その後も休憩をこまめに取りながら何とか一人だけのけが人のみで最後まで練習をすることができました。

Img_3915 今回の合同練習試合会では県外のチームの柔道を肌で感じることができ非常に勉強になりました。そして試合をしていていろいろ考えさせられることがあり、そのことについてよく考えながらこれからの少年柔道指導というものに力を注いで行きたいと思います。

今回このようなすばらしい合同練習試合会にお声をかけていただいた柔整会の先生をはじめ練習をつけてくださいました各団体の先生方本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

川口道場夏合宿二日目&バーベキュー

19日(日)

朝、5時に目が覚めてしまった。前日、子供たちの様子を見るため子供たちと道場で一緒に眠ろうとしたが、寝相の悪い子やいびき、歯軋り、寝言等でなかなか眠りにつけなかった。一番びっくりしたのは突然置きだしてくるくる回りだした子。何かに取憑かれたのかと思って非常に怖かった。
なので朝が非常に眠たかったが、子供たちと一緒に階段トレーニングに出発run

Nec_0596 Nec_0597 低学年の子と高学年の子に分かれて低学年の子は川口先生が担当し、自分が高学年を担当し手階段トレーニングを行いました。
中学生10往復、小学生各学年にあわせて階段ダッシュを行い軽く足をガクガクになってもらいました。
トレーニングの後朝食は、おいしい朝食タイム・・・・・のはずがみんな食欲がない様子。
F太は、泣きそうになりながら朝食と向き合っていましたcrying 去年のryoを見ているようでした。今年はキャプテンとして何とか朝食を間食していました。たくましくなったものです。

Img_3894 朝食の後は勉強タイム、夏休みの宿題をみんなでがんばって行っていました。
川口道場の子達は意外と勉強好きが多いらしくしっかり勉強できていました。勉強会のあとは二日目の練習開始なのですが、自分は県の柔道大会に出場するため県立武道館へrvcar
dash
たくさんの同期の子が選手としてがんばっていました。自分も試合をがんばりたかったのですが、予選の二試合目で自分が一本負けしたせいで2-2の引き分けとなってしまい、前のチームとの成績4-0と3-0の一点差で予選を勝ち上がることができませんでした。

がっくり肩を落として道場に帰ると、合宿二日目の打ち上げ、バーベキューが始まっていました。もうやけ食いやけ酒でしたね。

たくさんの保護者の方といろんなおしゃべりをしながら、おなかいっぱいお肉やお酒をいただきました。こうやってお話していると、本当にいろんな保護者の方々の支えがあって道場が成り立っていると感じることができます。
子供たちも大人たちも時間いっぱいはしゃいでました。

Img_3898 一番盛り上がったのは、やはり夏の定番すいか割り (◎´∀`)ノ
見事にスイカを割った子scissors

残念ながら空振りした子down

思いっきり地面を叩いて跳ね返ってきた棒で自分の頭を叩いた子wobbly

植木に突っ込んだ子impact(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

思いっきり笑わせていただきました。 もちろん大人も行っていました。

Img_3904 新入門生のM宏パパが見事にスイカを一刀両断していました(*^ー゚)bグッジョブ!!

一応4時で締めたのですが、誰も帰らない・・・・結局夜までドンちゃん騒ぎrock

Img_3903 子供たちは朝からトレーニング・練習をしていたはずなのに大縄跳びやロープ引きなどで遊びまくっていました。 本当にこの体力がうらやましいです。
結局夕食もみんなこのまま道場でとって9時ごろ後始末が完了。 長い一日でした。

今回の夏合宿では、自分たちが目標としていた以上の成果があったと思います。そして子供たちへの思い出をプレゼントできたのではないかと思っています。

子供たちの成長の多くを左右するものは周りの環境だと思います。今回の合宿では、いつもと違う環境の中で芽生えた新たな絆のようなものがあったのではないでしょうか? 幼児、小学生、中学生、大人たちいろんな年代の人達が柔道というものを通してふれあいその中で生まれた絆。一生懸命取り組むことで生まれる絆というものは一生の宝となるはずです。思いっきり笑って、泣いて、怒って、怒られていろんな経験をみんなで積むことができたとても意味のある合宿になったとおもいます。

このような合宿ができたのも、日ごろからお世話になっている保護者の皆様のご協力があったからだと思います。 本当に心からお礼申し上げます。 子供達もこの楽しい合宿で気力を回復したことでしょう。この気力で厳しい夏を乗り切ってもらいたい。

Img_3895 がんばれ川口道場っ子sign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

川口道場夏合宿一日目

平成21年7月18日・19日に川口道場において、川口道場夏合宿が行われました。この合宿は川口道場全員で行う合宿で、個人の強化とチーム力向上を目指して毎年行われている合宿です。

18日(土)

この日午前中は、仕事をして、1時頃に道場に到着。続々と子供たちが集まってきました。残念ながら一人の子だけ体調不良のため合宿に参加できませんでしたが、ほかの子達は元気に道場に集合。早速練習を開始しました。

とても蒸し暑い日でしたが、小さい子もしっかり練習ができていたと思います。

練習時間もたっぷりあったのでこの日は寝技の練習のあと、足技の講習を行い、低学年から高学年まで足技の反復練習を行いました。

ジュニアの時期には、何か一つ自分の得意とする技と、この足技を身につけることが重要だと考えていますfoot
今年に入ってから特に足技への意識を強めて取り組んできました。
今回は低学年の子(特に1・2年生)の子達にも、新しい足技の入り方を反復で練習しました。

まだまだ時間がかかってしまいそうですが、じっくりと時間をかけて自分のものにしていってもらいたいと思います。

その後は、時間いっぱい元立ち練習!!夏休みの一発目の練習は非常に充実した内容だったと思います。

まだまだ意識の差はありますが、元立ち練習の最後の2本は、全員の意識が同じ方向を向いた非常に熱い練習でした。この練習を、フルに行えるようになってもらいたい。

さあ、厳しい練習が終わったら、合宿の楽しい時間がスタートです(v^ー゜)ヤッタネ!!。

道場の掃除をして、着替えが終わったらみんなでお風呂に入りにいきました。ここで、この日試合があった中学生も合流。
中学3年のYが見事優勝したようですshineshine。次の週の県大会でもぜひとも優勝してもらいたい。

中学生も混ざり総勢30名で、丸岡にある、霞の郷温泉spaに出発rvcarcarbusdash

ここからは、チーム力向上のため班別行動をとるようにしました。高学年の腕の見せ所ですrock。低学年の子達は非常に楽しいお風呂タイムだったと思いますが、高学年の子達にとっては大変なお風呂タイムになったことでしょう。
これで少しは親のありがたみに気づいてもらいたいものです。

Img_3882 Img_3883 お風呂上りには、みんなでジュースタイム。冷たいジュースを片手にみんなでまったりしました。

帰りの時に、テレビの前を気づかずに通ってしまいそうになった小学生たちを中学生の子が『テレビを見ている人の後ろを通るように』指示を出していました。

さすが中学生goodlovely!!
こういう成長は非常にうれしく思います。今の小学生たちもこのように気の利いた行動が取れるようになってもらいたいものです。

お風呂から道場に戻ると、保護者の方が夕食の準備して下さっており、いよいよお楽しみの夕食タイムrestaurant

今年もおいしいカツカレーが食卓に並びます。ここで、新しく入門したばかりの4・5歳児の子供たちも合流、ますますにぎやかになって、おいしいカレーをいただきました。いつもはご飯を前に涙している。F太も楽しそうにご飯を食べていました。今年はみんなおかわりしに行っていました。小さくてガリガリの子が多い川口道場としてはよい傾向です。しっかり練習してしっかり食べる。これが強くなる方程式!!

Img_3884 Img_3885 Img_3886 Img_3887 たくさんあったカレーもほとんど残さず食べてしまいました。

Img_3888 ご飯の後は、2階の多目的ホールにおいてビデオ上映会。子供たちにはお菓子が配られ、楽しそうにビデオを見ていました。
新しく入門してきた子もだんだんみんなと溶け込んだようで、みんな兄弟のように仲良くなっていました。これからも川口道場の同志として仲良く切磋琢磨してもらいたい。

ビデオも見終わり、消灯の時間が近づいてきました。ここで、保護者のnashipapaさんから子供たちに差し入れをいただきました。とってもおいしかったので後日食いしん坊将軍の方でご紹介いたします。
Img_3890そんなこんなであっという間に、一日目の楽しい合宿は終了。毎年スケジュールよりだいぶ時間が押してしまっていたのですが、今年は高学年や中学生の頑張りがあったおかげでいつもより早く消灯の時間を迎えることができました。

合宿一日目は、いろんな意味で収穫のあった合宿となりました。二日目はどのように子供たちが成長してくれるのか・・・・・

Img_3893 そんな期待感を膨らませながら眠りにつきましたsleepy

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

明日から

明日から、子供達は夏休みhappy01

そして川口道場では夏の一大イベントである、川口道場夏合宿が行われる

この合宿は子供達の強化とチーム力向上を目指し、全員で道場に寝泊りして練習する

今週はその準備等で忙しかったですが、何とか無事合宿を迎えられそうです。

この夏合宿で、心身ともにレベルアップをしてもらいたいものですrock

さて、そんな夏合宿を前にした今日の練習自分の中では、久しぶりに充実した練習が出来たように思う。

最初の整列の時に子供達の前で、この夏での目標を発表した。以前から少し気になっていた子供達の中の意識レベルの差を埋めて行きたいという気持ちをこめてしっかり話をした

その話が良かったのかはさだかではないのだが、非常に気持ちの入った練習が出来ていたと思う。途中きつい練習から逃げ出しそうになる子もいたが、その子には全力で説教をし何とか無事全員で練習を終えることができた。

今日の練習を更に良い練習に変えていけるようこの夏の練習を頑張ってもらいたい。

とりあえず明日の夏合宿を有意義に過ごしていけるよう全力でサポートしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

祝 A級ライセンス合格

先週の土曜・日曜日に、愛知県で行われたAライセンス審判員試験に我らが川口稔先生が受験いたしました。土曜日に筆記試験。そして日曜日は実技試験がありました。

結果は・・・・・・・・

見事合格ですshinescissors

審判Aライセンスは、全柔連が主催、主管する大会の審判員としての資格であり、28歳以上で柔道経験が15年以上で五段以上の段位を取得しておりBライセンスを取得してから3年以上の審判経験を要し、各都道府県から推薦されたものでなければ受けることもできない資格であります。

そのような狭き門のAライセンス試験を見事無事に一発合格されました。

これも日頃の審判勉強会の成果の現れだと思います。

一緒に受験されたJ整会のS先生も見事合格され、また福井県の審判レベルの向上に繋がりました。

両先生方、本当におめでとうございます。今後とも審判技術向上のため御指導御鞭撻のほど宜しくお願い致します。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ラ・ガジガジ オムライスランチ

今回の食いしん坊将軍は、ランチメニューの紹介です。

食いしん坊将軍の好物の1つである、オムライスを食べに行きましたrestaurant

言ったお店は、

Nec_0595 ラ・ガジガジというイタリアンレストランsign03

さっそく、ここのおススメランチメニューである、『オムライスランチ』を注文しました。

そして出てきたオムライスはこちらsign03

Nec_0594 半熟ぷるぷるの卵が非常に美味しそうなオムライス。

上にはトロットロのモッツァレラチーズとしっかり煮込んだ美味しいデミグラスソースが美味しそうに絡んでいます。

早速、口に運ぶと、とろっとろの食感と口いっぱいに広がるデミグラスソースの風味。この風味が卵とチーズにものすごく合う最高の相性でした。

ご飯は、しっかり味付けされた香ばしいチキンライス。この味付けがまた良かった。しっかりした味がついているのだが、ちゃんとデミグラスソースの風味を壊すことなく、バランスよく絡んでおり、卵とチーズのまろやかさが上品にお互いの良いところを包み込んでくれます。

オムライス好きの食いしん坊将軍大満足の一品でしたhappy02goodshineheart02

ランチセットだとこのオムライスにデニッシュとサラダ、ドリンクがついてお得です。
デニッシュはバターの香りがしてほんのり甘いです。

これで税抜き890円だというのですから驚きです。

ふわふわとろとろオムライスが食べたいという方は、一度ご賞味あれ!!

場所は福井県福井市高木中央1-2401-1 にあり、営業時間はAM11:30〜PM2:00、PM6:00〜深夜12:00(PM11:30LO)、定休日は日曜日となっております。

ふわふわとろとろオムライスが食べたいという方は、一度ご賞味あれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

合同練習

今日は金井学園Jrさんが出稽古に来てくださいました。

しかし金曜日は全学年の練習日。道場が狭い川口道場は子供達でいっぱいになってしまいました。

練習の前半は、小学生と幼児とを分けて練習をし、小学生が寝技の練習をしている間、幼児の子を中心に礼法と受身の練習を行い、いつもの半分の時間で幼児のこの練習終了。

少しの休憩を挟んで、次は打ち込みのあと、金井学園さんに元立ちを立ってもらい立技練習。

少し元気がなかったが、時間一杯練習をする事ができました。

練習を見ていて、気になることが・・・・・・・

それは、子供達の意識の差である。高学年の子達は自分で自分を高めるような練習が出来ているが、低学年はまだ自分を高める練習というのができていない。まだまだやらされている感じの練習で見ていても非常に物足りない練習となっていた。

せっかく強くなるチャンスが転がっているというのに、見て見ぬふりをするような非常にもったいない行動を取っていた。
この辺の意識の差を、この夏を通して埋めていきたいと思う。

金井学園の子達は、長い時間の練習もしっかりやりきることが出来ていました。この変の気持ちの強さを見習ってもらいたいものだ。
こうして、大きなけが人も出ることなく無事練習終了。

このように違うタイプの練習相手と練習することが出来て、新たな課題が見つかったことと思う。このへんの課題を克服できるよう厳しい夏の練習を乗り切ってもらいたい。

今回出稽古に来てくださった金井学園の皆様本当にありがとうございました。また機会があれば合同練習等よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

午後 団体戦

この日は午前中で日整予選の個人戦が終わり、午後から4・4・5・5・6・6・6年生で編成される団対戦が行われる。
個人戦での悔しさをぶつけることのできる試合。
しかし、川口道場には6年生1人、5年生2人しかいないということで、4・4・4・4・5・5・6と4人学年落ちという状態で戦わなければいけなかった。
まず3チームによる予選リーグから行われた。相手は大〇さんと高〇さん。どちらもあまり練習したことのない相手で戦力的なことはあまり分からなかった。とりあえず体重は、大幅に両チームとも重たい重量級のチームであった。

まず大〇さんと対戦。
先鋒 Nonが開始早々大内で投げ抑えて一本。先鋒にふさわしい勝ち方でチームに勢いをもたらした。
続く次鋒には今回M里を起用した。この子は、非常に一生懸命練習する子であるが、試合に弱くガンガン攻めて返されて負けるというのがパターンのかわいそうな子である。試合になると力が入りすぎて膝の余裕がなくなり、受けがものすごく脆くなってしまう子だった。相手は一回り大きい男の子。
試合が始まり、M里はガンガン攻める、相手に教育的指導!!またまたガンガン攻める、相手に指導sign03。ガンガン攻める、大外で返されそうになる。体をひねって何とかポイントは取られなかったが、相手は完全に大外返し狙い。しかしそれでもガンガン攻めて、支えからの大外で技有を取って勝利。こういう子の勝利は非常にうれしいものである。
五将、ここから学年落ち。5年生の長身の子相手に小さい4年生Y太が攻める。大外で危ない場面もあったが気迫で乗り切り引き分け。
中堅4年生のK平が、見事な払い腰で一本。一学年上から一本勝ちを納めてきた。
3将のF太はポイントゲッターの選手と対戦。互角の戦いを行っていたが残り3秒で払い巻き込みについていってしまい有効負け・・・・もったいない。
Img_3865 副将 5年生Y雅は巨漢の6年生相手に、なんと大外で投げて押さえ込み一本を取ってきた。この子は線が細くナヨナヨとしているのですぐに潰れて何もできないまま敗れることが多かった。そんな子がまさか上の学年の重量級を投げてそのまま一本取ってくるとは思わなかった。
大将 小さいryoが84kgの相手と組合勝負を行う相手の技にけして引くことなく戦ったが最後は押しつぶされて寝技で一本負け。
チームは厳しいと思っていた戦いを4-2で勝利する事ができた。

続く高浜戦。
前回の団体戦で自信をつけたのかチームに勢いがあった。
Img_3867 先鋒、内股で一本sign03


組んですぐの攻撃で一本を取ってきた。

Img_3868 次鋒は大きな相手に振り回されうつ伏せに倒れたが、そのまま寝技で上手く相手を返し一本勝ち。いつも潰されて敗れるシーンを良く見ていたのでヒヤっとしたが、この日はしっかりと集中しており、ワンチャンスをキッチリ取ってきた。

Img_3869 五将、倍以上ある大きい相手に組み際の小内からの寝技で一本。

きょうのY太は安定感があり安心して試合を見ることができた。

Img_3870 中堅、川口道場一の巨体のK平は、さっきと同様すばやく組み勝ち綺麗に投げて大外刈りで一本。今回K平の良いところはどんなに綺麗に投げてもすぐに押さえ込みの状態になっていたことだ。個人戦で寝技のミスで敗れたことを反省しての行動だろうか?とにかくあの投げてからの寝技はこれからも続けてもらいたい。

Img_3871 三将、長身の女の子の攻撃を足払いで切り返しそのまま寝技で一本。

組み手で戸惑ったもののワンチャンスをキッチリ取っての一本だった。


Img_3872 副将は内股で一本。しかし、2歩目が遠いのでまだ切れがなかった。

もっと2歩目の位置をこだわった練習をしてもらいたい。

Img_3873 大将、前回対戦したことのある重量級選手。前回は何とか引き分けた相手を圧倒!!背負いで有効を奪い勝利して7-0の快勝だった。

これで予選リーグ1位通過。いよいよ決勝トーナメントである。その初戦は福井県王者の三〇さん。
先鋒、ここで取りたかったのだが、中盤に谷落しで有効を奪われた。まだこの技に対応できていない。受けなれていないので仕方ないのかもしれない。その後勝負に出て強引な大外・・・・・が返され一本負け。
次鋒、相手のポイントゲッターの一人。開始早々奥襟を取られ払い巻きで有効を奪われ押さえ込まれた。いつもはここで終わるのだが、気合で逃げてきて仕切りなおし、今度はまりが大内、支えで攻める。相手も奥を叩きながらの大内。この技にM里は勝負に出て切り返そうとしたが切り返しきれず一本負け。前二つでとられてしまった。
Img_3876 ここから学年落ちdown厳しいと思っていたら、つづくY太がなんと有効を奪って勝利してきた。相手ともつれたところを上手くまわして有効勝ち。姿勢が良くなったことにより今までにない動きができていた。
しかし、次の相手はポイントゲッターN尾君。K平が組み際に払い腰に行ったがそれを返され一本負け。続くF太は、今年の学年別予選優勝者の女の子と対戦。しかし、前半F太が思った以上の攻撃で相手を下げさせた。組み手のうまい子だが、F太の気迫が上回り、何度か組み勝ち攻め込むシーンが見られた。中盤からは、大腰を連発するようになってきた。腰に抱きつきながら大内と小外を交えながらの大腰攻撃。この攻撃を防ごうとした手が極められたまま脇固めのように投げられ肘を痛めてしまった。その後気迫を出し続け戦ったが残り2秒で大腰に乗ってしまい有効を奪われて敗れた。が、一学年上のチャンピオンに堂々とした戦いであった。
副将は、軽量級のチャンピオンである下〇君。この相手にY雅は気迫で戦い何とか引き分けてきた。そんなにガツガツ取りに来ていないとはいえ、この結果には我々もびっくりしたが、途中Y雅に逃げるようなしぐさがあったのでそこは厳しく指導した。
大将は、勝負に出て返されて一本負け。でもすごい気迫で重量級の相手を押し込んで行っての敗戦。見ていて気持ちよい柔道だった。

今回の試合で、姿勢を良くする柔道が全体的に出来るようになっていた。大きい相手に対しても姿勢良く組合そして勝利する子も何人かいた。『少し無謀なことを教えているかな?』と思っていたが自分達の思いより子供達のハートは強くなってきている。
そろそろ次のステップに進んでもよさそうである。

Img_3877 4人の学年落ちがいる中、小さい体で本当に良く頑張ったと思う。無謀に近いかもしれないが、小さい体ながら真っ向勝負をすることで、柔道に必要な体さばきと筋力、そしてハートが育っていくと思う。今回、団体戦の優秀選手賞は、キャプテンのryoにしました。勝率はあまりよくなかったのですが、成長期を迎えた体の大きな相手に堂々と真っ向から勝負し気迫溢れる試合を展開してくれました。みんな頑張っていましたが、この気迫でryoに優秀選手賞を渡すことに決定しました。
この気迫をみんなも見習ってこれからの練習を頑張ってもらいたい。
団体戦も入賞にあと一歩届かなかった。
頑張っている子供達が、敗れて涙する姿を見ると本当に心苦しいが、あの堂々とした戦いぶりを見ていると本当に誇らしく思う。何とか勝利というご褒美をあげたいものだ。

もっと、我々指導者も、子供達のやる気を育て、少しでもはやく自分の柔道を完成させ勝利できるように指導してあげたいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日整予選を終えて(個人戦)

Img_3849 平成21年7月5日に行なわれた日整予選。
結果は、誰一人として代表になることなく大会を終えた。
去年まではこの様な結果に終わると、今後の練習をどのようにしていかなければいけないのか?とすぐに練習の修正を考えていたのだが、今回は、このような結果を受けても『このままで良いのではないか?』と特に修正を考えるところがなかった。

結果が出ていないのにこのように思ってしまうということは自分自身に勝たなくてはいけないという気持ちが薄れたのかもしれない。でも今回の結果を受けてショックというより、それ以上に、子供たちの成長に手ごたえを感じていた。

内容を振り返ってみると、
まず4年生はY太、Non
、K平の3人が出場。
全員順当に一回戦を突破。全員立ったまま投げきる綺麗な柔道をしていた。
2回戦でNonが返しの得意な相手に対して怖がらずガンガン攻めたが後半に返され押さえ込まれて一本負け。
もったいない負け方をしてしまった。
残りの二人は、順当に勝ちあがり準々決勝でY太は優勝した選手と判定2-1の接戦で敗れた。K平は、まだ荒削りなところがあり不用意な寝技で逆に一本を取られてしまった。ベスト8が2人といった結果でした。

5年生は、F太が苦手な低い背負いの選手と対戦。前半上手く捌きながら攻撃していたが、勝負に出たところに上手くしゃがみこまれて有効を奪われ敗れてしまった。もう一人の5年生Y雅は、一回戦は綺麗に一本勝ち。しかし2回戦で優勝した選手の低い一本背負いに乗ってしまい一本負け。低い背負を使う練習相手がいないためまだ対応が遅れてしまっているが、それでも姿勢よく戦う事ができていた。

最後川口道場唯一の6年生ryoが登場。初戦でいつも負けている選手と対戦。今年に入ってから2連敗中。しかし、苦手な相手に対して一歩も引くことなく戦い判定で勝利した。続く2回戦は巨体の選手と対戦。しっかり組合勝負したが、大内で潰され押さえ込まれて敗れた。

個人戦は、4年生がベスト8 2人と少し寂しい結果だったが、全体的に姿勢の良い柔道が出来ていた。今までは低い背負い足取り小内に対し低く構えて捌いていたが、今回は姿勢をよくし、低い技に臆することなく攻撃を仕掛けていた。

この辺の変化が、結果が出ていない状態でもそんなに凹んでいない理由だと思う。

Img_3857 そして、6年生のryoは苦手な相手を克服しての勝利。今年始めから取り組んでいることの手ごたえを感じることが出来ました。

そして、午後からの団体戦でその取り組んでいる成果をもっと感じることが出来ました・・・・・続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

第36回福井県少年柔道大会兼日整全国少年柔道大会県予選会

平成21年7月5日に福井県立武道館において日整予選が行われました。

結果は次の通りです。

4年生の部
優勝 前川 千夏(金井)
2位 高野 葵(三国)
3位 宗石 忠士(県武)
3位 林 公平(県武)

5年生の部
優勝 大西 希明(つるが煌輝)
2位 米澤 里菜(柔整)
3位 西尾 峻(三国)
3位 谷本 恒志郎(三国)

6年生の部
優勝 龍崎 優勝(県武)
2位 荒崎 ジュリオ(越前)
3位 下口 向佑(三国)
3位 竹内 鈴(三国)

団体戦

優勝 三国町柔道教室A
2位 柔整会柔道教室A
3位 實心館仲保道場
3位 県立武道館武道学園A

という結果でした。

個人戦の4年生優勝者、5年生・6年生の優勝者・準優勝者は福井県の代表として日整全国少年柔道大会に出場します。健闘をお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

試合前日

今日の練習は試合前日の強化練習。

お昼過ぎに道場に集まり、練習を開始した。

この試合前の練習ではいつも、短い時間で集中して練習を行うように心がけている。

この日も1時間30分ほどの練習を密度を濃くして、そして雰囲気を良くすることを目標に練習を行った。

昨日の練習の時に、中学生の子が、小学生の練習に参加して率先して雰囲気作りを手伝ってくれていた。

新チームになってから、キャプテンを中心に頑張って雰囲気作りを行ってきていたが、まだまだ去年のチームの雰囲気には手が届いていないようだ。

たった一人の中学生が練習に混ざっただけで、ものすごく練習の雰囲気がよくなり、練習の密度が濃くなった。このことは高学年の子達にとっては非常に勉強になったのではないだろうか。

昨日の練習のおかげで今日の練習は短時間ながらもまずまずの練習が出来た。

練習後、川口先生が練習を頑張った子供達にご褒美におやつを食べさせてあげました。

強化練習週間を一生懸命頑張った子供達に、心ばかりのご褒美!!子供達もうれしそうに食べていました。

その後、意識付けのビデオ観賞!!やるべきことは全てやりました。あとは明日の試合で全てを出し切るだけです。

明日の試合は全力で日頃の練習の成果を発揮してもらいたいrock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

久々に・・・・

昨日は強化練習日。

参加人数は少なかったものの、久しぶりに納得のいく練習が出来たと思う。

まず、体操の後寝技の移動反復を行っていたのだが、動きの一つ一つに集中力が感じられいつもより早い時間でメニューをこなすことができていた。

今までは、練習中受けと取りとの交代や、服装を直したりする時に気持ちが切れ、動きが止まることが多かったのだが、昨日は全員そのような気持ちの切れた練習をする子がいなかった。寝技の反復練習は、気持ちを切らずに動き続けると相当しんどいcoldsweats02
しかし、練習の積み重ねが身を結んできたのか、動きを止めずにやりきる練習が出来るようになってきていた。

その後、移動投げ込みもスムーズに行い、30分でメニューをこなしてしまった。

早く終ったことで時間ができたので、色んなバリエーションの投げ込みを行い、攻めるキッカケ作りを指導してみました。
日頃あまりこのような技術指導を行わないからか、聞いている子供達も実にうれしそうに投げ込みを行っていました。

そして、その後の約束練習、乱取りととても動きのある良い練習が出来ていました。

最近、新入門生の指導に従事しているので、細かいところまで良く見ていなかったのだが、高学年の子達の動きに少しずつ変化が出てきていました。

最後の乱取りでは、取るかとられるかのギリギリの攻防が見れ久々に見ていて楽しい練習が行えていました。

欲を言えばもっと、感情むき出しの魂と魂がぶつかり合う練習が欲しかったかな?
ここら辺が課題だと思いました。

特に5年生のF太は、自分の目指すべきスタイルが確立した様子!!このスタイルと求めて日々の練習を積み重ねていってもらいたい。

今週はいよいよ日整予選である。今日のような心踊る好試合ができる事を祈るばかりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »