« 足技練習 | トップページ | なにがきっかけ? »

2009年6月 1日 (月)

中学生合同練習会

平成21年5月30日(土)に福井県立武道館において福井県ジュニア合同練習会がおこなわれました。

自分も午前中の仕事を終えて、県立武道館へ出発。午前中は練習を中心に行っていたようで午後からは試合練習を行っていました。

今年から、近くのM岡南中学の外部指導者となったのですが、仕事の関係でマメに練習を見てあげることができていなかったので、まず子供達の試合の様子をじっくり見学させてもらいました。

試合を見ながら、まず最初にその子その子の特徴とそして良いところを探すことを中心に見学してみました。

一試合が終わって子供達が集合してきたときに、子供達一人ひとりに、自分が見ていて良かったと思ったことを伝え、第三者から見た、子供達の特徴を伝えました。そしてその個性を伸ばしていこうとアドバイス。そのあと細かいなおさなくてはいけないことを個人個人にアドバイスして次の試合に望みました。

Nec_0575_2 小学生と違い中学生はさすがに理解力があり、即座に対応している子も何人かいました。そして、自分の良いところといわれたポイントを意識しているからか、試合運びも自信を持って行っていたように思いました。

次に集合した時に試合練習によって鍛えられるところはどういうところかということを説明しあとは細かい技術指導を行いました。

次の試合までの間に、何人かの子は新しく教わった技術を自主的に反復練習する子もおり強くなりたい気持ちを前面に出している子もいました。

こういう姿を見ると自然と頬が緩んでしまいますねhappy01

少年柔道のときに一緒に練習をしていた子達ばかりなので、そういう子たちの純粋に柔道を学ぼうとする姿勢が純粋に嬉しく思いました。

まだまだ技術的な事で足りない子がたくさんいますが、この学ぼうとする姿勢を持っていればもっと成長が期待できます。

このような、合同練習では本当に色んな発見があると思うのでこの練習で見つけた課題を各学校に持ち帰り課題克服に努めてもらいたいものです。

|

« 足技練習 | トップページ | なにがきっかけ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小学生を指導する面白さと、中学生を指導する面白さって違いますよね。
同様に難しさも違って・・・まぁ、それだからこそ、面白いんですね。

投稿: ガツ | 2009年6月 1日 (月) 12時37分

ガツさんコメントありがとうございます。
確かに、小学生と中学生では違ったおもしろさとむずかしさがありますね。
この中学校では、柔道経験者の顧問の方がおられないので、技術的な指導というのは細かくできていない状態です。そういうところのフォローを少しでもして中学柔道を邁進して行ってもらいたいです。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年6月 1日 (月) 13時59分

外部指導員の就任おめでとうございます!先生が日頃の練習にて子供達に伝えたい事を是非どんどん伝えていって下さい。子供達の成長が私達指導者の一番の喜びだと思います。頑張って下さい(^o^)/

投稿: まこやん | 2009年6月 1日 (月) 20時47分

まこやんさんコメントありがとうございます。
中学生の指導は小学生と違った楽しみがあります。
自主性と個性を伸ばしていけたらな・・・と思っています。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年6月 2日 (火) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/29890849

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生合同練習会:

« 足技練習 | トップページ | なにがきっかけ? »