« 出稽古後の変化 | トップページ | 高学年の統率力 »

2009年6月11日 (木)

決断

今日の練習では,新しい試みを行ってみた。

今週の日曜が試合ではあるが、ここで新しい取り組みを行う事を決断した。

普通なら試合目前でこのような変化をすることはおかしいのかもしれないが、子供達の体のためそして今後の成長のことを考えて思い切って全員に新しい技をおしえることにした。

川口道場では、おもに背負い投げをベースに指導を行っていた。しっかり体を回し担ぎ上げて投げることにこだわって指導してきた。そうすることで体を回す感覚としっかりとした体さばきが身につき、成長に合わせて新しい技に比較的変化していきやすいと考えてのことであった。

しかし、その事にこだわりすぎたゆえの体の負担や成長期における怪我のこともあり、しっかり体を回す体さばきが身につき尚且つ体の負担を最小限にとどめることのできる技を指導することにした。

これは以前新潟遠征に行った時に紹介していただいた練習方法である。

今日はひたすらこの練習だけをおこなった。

練習を終えて、指導者会議をして反省点を探ってみたがこの技術が定着するにはだいぶ時間がかかってしまいそうである。

これから試合が続くことを考えると少し不安があるというのが正直な気持ちである。

しかし今日の練習で、何かみんなの心が1つになっていくような感覚を感じることが出来た。特にいつも遊んでしまうような一年生の子が一生懸命取り組んでいたように思う。

この決断が正しかったのか間違っているのかはまだ分からないが、この技術を中心として練習することで成長期を迎えたときに大きく飛躍することの出来ると信じてこれからも頑張ってもらいたい。

|

« 出稽古後の変化 | トップページ | 高学年の統率力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/30049256

この記事へのトラックバック一覧です: 決断:

« 出稽古後の変化 | トップページ | 高学年の統率力 »