« へぎそば 須坂屋そば | トップページ | 足りなかったもの »

2009年6月19日 (金)

北信越形競技大会 固の形動画

先日、道場の子供達から『固の形とはどのような形なのか?』

という質問を受けました。

先週の日曜日に自分が出場した『北信越形競技大会』の結果を聞きにきた子供達。

最近、川口道場では、投の形を練習に取り入れているために、形に興味が出てきているようだ。

そこで少し『固の形』について説明しました。

固の形は、抑込技・絞技・関節技からそれぞれ代表的な技を5本ずつとって組み合わされたものです。

抑込技は、袈裟固・肩固・上四方固・横四方固・崩上四方固の5本。

絞技は、片十字絞・裸絞・送襟絞・片羽絞・逆十字絞の5本。

関節技は、腕がらみ・腕挫十字固・腕挫腕固・腕挫膝固・足がらみ(現在禁止技)の5本。

これらの技の理合いを表現するのが固の形となっています。

この形を学ぶ事により、正しい抑え方や応じ方、絞め方、関節の極め方等その術理の応用を身につけることができるとされています。

またこの『固の形』と『投の形』を合わせて『乱取りの形』とも言われています。

このような説明をしても子供たちの反応は『???( ゚д゚)ポカーン』

というわけで、自分たちの試合の動画が手に入ったのでそれを乗せることにしました。

あまり上手くはないので、参考にもならないかも知れませんが、とりあえず形の雰囲気は感じてもらえるのではないでしょうかcoldsweats01

とりあえずこんな感じです。無題

Convert»»  iPod - WMV - Mobile - MP3 - iTunes - Bookmark
Powered by TubeFire.com

">固の形

途中、汗をぬぐってしまうという凡ミスcoldsweats01最後の足がらみが相手の懐に入らないという足の短さを露呈してしまうミスなどがありますが、大体こんな感じです。

今年は、惜しくも3点差で敗れてしまいましたが、来年こそは優勝できるよう頑張りたいです。

子供達!!これが固の形だgood

|

« へぎそば 須坂屋そば | トップページ | 足りなかったもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
動画見させていただきました。
固の形は昇段のためにやった事はありますが、わたしがやったのと動きが全然違っていて驚きました。
正直形なんてあまり興味もなかったのですが、こんなに鋭い動きだと見ていても楽しいですね。
形に対する考え方がかわりました!
機会があればわたしも挑戦してみたいです。

投稿: かめ | 2009年6月20日 (土) 09時52分

かめさんコメントありがとうございます。
自分も形の勉強のために今回競技に出てみましたが、形の勉強する度に形の奥の深さに驚きました。練習をすればするほど分からなくなっていく?という不思議な現象も起こりましたし、本当に難しいです。でもそれも含めて非常に楽しかったというのが正直な感想ですhappy01
自分の中でも形は『昇段のための手段』という意識しかありませんでしたが、競技に出てみて形の楽しさも感じることができましたので是非かめさんも挑戦してみてください。柔道の新しい魅力に気付けると思いますgood

投稿: 赤ペン先生 | 2009年6月22日 (月) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/30176991

この記事へのトラックバック一覧です: 北信越形競技大会 固の形動画:

« へぎそば 須坂屋そば | トップページ | 足りなかったもの »