« ライバル~高めあう仲間~ | トップページ | 足技練習 »

2009年5月26日 (火)

こだわり・・・・

昨日は寝技練習日。

前半は新しく入門してきた子について練習を行い、寝技の基本的な動きを指導した。8時で低学年の子達の練習が終了し、高学年を中心とする子供達で乱取りを中心とした練習をおこなった。

その練習を見ているときのこと。

ある子が、相手の後ろに回りこみ、相手を回して押さえ込もうと試みていた。相手もその事に気付きいち早く反応し、回されないようにふんばった。

そこで、回せないと思ったのか後ろについた子は別の技を選択・・・・・それも簡単に踏ん張られたらまた別の技・・・・・・

この動きを見たとき、「自分達の指導していることが子供達に歪んで伝わっている」と感じた。

川口道場では、寝技に力を入れている。ある先生に「少年のうちに立技はあまり高度なことを教えすぎてしまうと今後の成長の弊害となるが、寝技はどれだけでも高度なことを教えても次に繋がっていく」とアドバイスを受け、できるだけたくさんの技術を子供達に紹介している。子供達もその中で自分にあった軸となる寝技を見つけてもらいその技術を中心に色々枝をつけていってもらいたいと考えていた。

ところが昨日の練習では、色々試すのは分かるのだが、どの技にも「この技で押さえてやろう!!」という気持ちが見れなかった。少しの抵抗で次を選択してしまい、結局どの技も中途半端に終わってしまう。

このままではまずいと思い、その子に、1つの技にこだわった練習をアドバイスした。回す方向や力の使い方を指示し練習させると少しコツをつかんだらしく惜しいところまで相手を追い込むことができるようになった。

その子はあまり寝技が得意ではない。だからといって不得意なことから逃げてもらいたくないので、そういう子にもしっかり寝技で勝負するように指示している。その子なりに一生懸命練習していたのだが、自分達の考えと少し違った受け取り方をしていたようだ。

自分の得意のパターンを見つけるまではある程度その身につけたい技術だけにこだわり練習する期間が必要になってくる。そのなかで力の使い方や決めるポイントが見えてくると思う。

昨日の練習を見ていて、自分達の伝えたいことをもう一度確認する必要があると強く感じた。

「こだわり」を持った選手。こういう選手は、自分も相手にしていて非常に怖さを感じる。そのようなある種職人のような、気迫をもった選手になっていってもらいたいものだ。

|

« ライバル~高めあう仲間~ | トップページ | 足技練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/29800751

この記事へのトラックバック一覧です: こだわり・・・・:

« ライバル~高めあう仲間~ | トップページ | 足技練習 »