« キャプテンとしての自覚 | トップページ | こだわり・・・・ »

2009年5月22日 (金)

ライバル~高めあう仲間~

最近の練習で、少しずつよい意味での変化が生まれてきた。

それは、道場内でライバルと呼べる存在がはっきりと出現してきていることによる本気の練習が出来ているということだ。

特に今の5年生は、2人しかいないこともあってか、とても鬼気迫る練習を行えるようになっていた。この2人の乱取りを見ていて、本当に「一瞬の隙も見逃さない」といった集中力で激しい乱取りを行う。

今までは、練習をしていてもそこまでの迫力をもって練習はできていなかった。どこか相手に遠慮して、変な意味で相手を気遣っていた。

ところが一人の5年生が急激に伸びだしてから、その子においてかれまいともう一人が必死で練習するようになり、それに追いつかれまいとそれを上回る練習をしだしてからというものお互いに段々激しい練習が行えるようになってきた。

こうなってくると、1日1日の練習ではっきりと成長を確認できる。

このような好敵手ライバルの存在は本当に大事なのだと感じさせられる。

でも練習が終わると、この二人は非常に仲がよいheart02
少し怪しい関係なのではないかと疑ってしまうくらいだsign01(・_・)エッ....?

この2人のこのような仲間関係は、周りのよい手本となってくる。
練習では、親の敵のように激しい稽古をするが、練習が終われば兄弟のように仲良く接する。このお互いを高めあう仲間関係であればチーム力もつき、よりよい道場の雰囲気を作り出せると思う。

このライバル関係も一歩間違えば、ゆがんだ仲間関係を作る可能性だってある。「負けたくない」という気持ちが強すぎて、仲間意識がなくなっていきお互いを蹴落としだしてしまうと、道場の雰囲気が悪くなっていってしまう。このよいライバル関係とゆがんだライバル関係の差は紙一重なので、ぜひともこのよいライバル関係を周りに伝えていってもらいたい。

しかし・・・・・

かわいそうなのは6年生である。道場内に6年生は一人しかおらず、ライバルとなる子がいない。先輩や後輩ともしっかり練習しているのだが、5年生2人の練習にくらべてしまうと少し物足りない。

でもその子は、自分でもその練習内容に不安があるのか、川口先生や自分達が参加している一般の練習に参加したいと申し出てきた。その練習には、同じ学年のT君も練習していたので非常によい練習になったと思う。

昨日も遅くまでしっかり練習を行なっていた。

お互いを高めあえる仲間・・・・・・

それは人生において非常に貴重な財産である。

そのような仲間をこれからどんどん増やしていってもらいたいものだ。

|

« キャプテンとしての自覚 | トップページ | こだわり・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。北海道の、おに温ですo(^-^)o
仲良しな間柄でありながら、鬼気迫るほどの攻め合い。
小学生であれば、お互いに心から信頼し認め合ってないと実現しないことだと思います。
正に切磋琢磨ですね!

当少年団ではなかなかそこまでは…しかしながら、弱いなりに実力分を試合で発揮し始める子が現れました(^-^)/
最近の指導では練習の雰囲気作りと技の形に重点を置いてます。

ちなみに今月始めの試合はふくらはぎの肉離れもあり、よい試合が出来ませんでした。悔しいところです(T_T)

五年生コンビの今後に期待ですね!

投稿: おに温 | 2009年5月22日 (金) 12時44分

おに温さんコメントありがとうございます。
最近になり徐々に良い練習が出来るようになってきました。このような激しい練習を行っている2人は本当に楽しそうです。というより見ている自分が楽しいです。柔道の正しい楽しみ方ができるようになってきていることをかんじる事が出来ました。
実力を試合で発揮するということは強い気持ちがあってはじめて出来るということ。きっと良い練習の雰囲気があってこそできることだと思います。
先生の試合、ふくらはぎの肉離れがあったとのこと残念でしたね。早く回復されて次こそは万全の体制で満足のいく試合ができる事をお祈りしております。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年5月22日 (金) 14時03分

怪しい関係は川口道場の伝統になりつつあるのではsign02coldsweats01

楽しむ練習、良いですねgood 
川口師範がいつも言われる『切磋琢磨』shine 互いに磨きあっているんですね。

 

投稿: クリリン会長 | 2009年5月23日 (土) 09時37分

クリリン会長コメントありがとうございます。
たしかに・・・・・coldsweats02

怪しい関係を築いていた先輩がいましたねcoldsweats01

あまり怪しい伝統はできて欲しくないですね。

切磋琢磨の環境は徐々にできつつありうれしく思っています。後はこの気持ちが周りが広がっていってもらいたいです。
また近いうちに丸岡スポ少のほうにお邪魔したいと川口先生と考えていますので宜しくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年5月23日 (土) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/29733899

この記事へのトラックバック一覧です: ライバル~高めあう仲間~:

« キャプテンとしての自覚 | トップページ | こだわり・・・・ »