« 新年度スタート | トップページ | やきとり やまもと »

2009年4月 5日 (日)

しょうじゅう4月号に・・・・・

Img_3587 少年柔道のミニコミ誌である『月刊☆しょうじゅう』!!

様々な先生方のコラムや、全国で行われている様々な大会レポート、全国の気になる選手紹介や保護者目線での柔道などが書かれている少年柔道の普及と発展を目指しているミニコミ誌である。

その4月号に、『熱筆☆しょうじゅう!通信員』として自分が出筆させていただきました。

先月号では、『にっぽん道場伝説』で川口道場を紹介させていただき、そして今月号には、自分が少年柔道の指導に係わって10年目の節目で感じた、自分なりの『理想の少年柔道』について書かせていただきました。

こうして改めて製本された文章を見ると、文章力のなさに非常に恥しさを覚えますが、もし興味をお持ちの方は、寛容な心を持ってお読みください。

|

« 新年度スタート | トップページ | やきとり やまもと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

正座して読ませていただきましたcoldsweats01
ご謙遜なされているようですが、大変分かりやすく、また読みやすかったですgood
私のバイブルとして懐に持ち続けますcoldsweats01

それと、朝飛杯の大会記事で、カテゴリーのクラス分けはもちろんですが、『受身の部』『打ち込みの部』を見て目から鱗の落ちる思いでした。
「基本基本」と子供たちに言い聞かせながら、その評価に関しては無頓着だった自分が恥ずかしいですcoldsweats02
先日、川口先生が小学校の形の大会を提案していましたが、それも含めて考えて行きたいですねconfident

投稿: クリリン会長 | 2009年4月 6日 (月) 16時06分

私もしょうじゅう4月号読みましたよ。
先生の書かれている通り、最近の少年柔道は、
目先の勝負にこだわりすぎのような感じです。
特に小学生でも大人顔負けの駆け引きをする子も
増えてきました。内容よりも勝つことを
優先・・・わからなくもないですが、
その子の将来が不安になってきます。

投稿: jigozen-judo | 2009年4月 6日 (月) 18時28分

クリリン会長コメントありがとうございます。
お恥ずかしい限りですが、今現段階での気持ちを綴らせていただきました。
まだまだ理想の指導とは程遠いですが、一歩一歩理想に近づけるよう頑張りたいです。
それと朝飛杯の大会記事は非常に興味をそそるものでした。小学生のうちに必要なものをしっかりしどうしていこうとする気持ちが現れている大会で、そのような大会が福井でも開かれれば、いろんな意味で少年柔道の魅力が広がると思いました。
形の大会も、是非とも実現してみたい大会ですね。柔道というものを少年のうちからしっかり理解してもらうための一つの手段として何とか実現してもらいたいです。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年4月 7日 (火) 08時45分

jigozen-judoさんコメントありがとうございます。
柔道という競技を行うにしたがって、勝利を求めて努力することは非常に必要でその気持ちがなかったらダメだと思います。
しかしながら、目先の勝負よりしっかりと身につけなければいけないものもあると思います。特に少年期でその基盤を作るように育成することで、子供たちの柔道人生が広がっていくように思います。
心・技・体バランスよく育って行ってもらうことを目標としてこれからも指導に当たりたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年4月 7日 (火) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/28970773

この記事へのトラックバック一覧です: しょうじゅう4月号に・・・・・:

« 新年度スタート | トップページ | やきとり やまもと »