« 我が敵は我にあり!!キャプテンRの戦い 最終章 | トップページ | 新年度スタート »

2009年3月30日 (月)

柔道ルネッサンス

平成21年3月29日(日)に坂井町武道館にて、柔道ルネッサンス講習会が行われました。

これは、坂井市で柔道を習っている小・中学生を対象に行われた講習会で、県柔連から講師の先生をお招きして、『柔道ルネッサンス』のことについてお話をしていただきました。

柔道ルネッサンスとは、国際化、競技化、スポーツ化が進み競技成績や勝敗が注目されているながれのなかで、21世紀を迎えた今こそ嘉納師範が提唱された柔道の原点に立ち返り、人間教育を重視した事業を進めようとする講道館・全柔連の合同プロジェクトのことです。

今回坂井市でも、この柔道ルネッサンスを子供達にも浸透させるため講習会が開かれました。

Kaisi 開始式を行った後、講師の先生に色々な柔道の魅力をお話していただきました。『柔道を習っているという自負心を持ち、勝っても驕らず、相手に対して感謝の気持ちを持つことのできる柔道家になることが大事である。』ということをご自身の色々なエピソードを交えながらお話ししてくださいました。

Kumitekyouka その後、柔道の技術的な練習法の紹介などしていただき、とても有意義な講習会となりました。
特に新聞紙を利用した組み手のトレーニングなどはとても面白く、講習後子供達は『帰ったら新聞紙でトレーニングしてみよう!!』と早速取り入れようとしていました。

講習会が終り、少し時間が余ったので、前回も一度行ったことのある柔道ルール○×クイズを行いました。

それまでは大人しく話を聞いていた子供達も、ここでは元気いっぱい柔道のクイズを楽しんでいまいた。今回は、結構いやらしい難しめの問題を出題したのですが、なかなかの好成績coldsweats02中には、前回の○×ゲームを覚えており『その問題前の時もあった!!』といって正解のほうに走っていく子もいました。

このように柔道のルールを楽しみながら理解し、できれば『なぜ、反則なのか?』、『柔道精神とは何か?』ということに気づいて行ってもらいたいです。

今回、柔道ルネッサンスの講習を受けて、柔道本来の目標、人間教育を広く再認識してもらう一つのきっかけとなってもらえればいいと思いました。

今や世界に広がる柔道。
その競技としての普及に合わせて創始者嘉納治五郎師範の位置づけられた柔道修行の究竟の目的である「己の完成」「世の補益」という教育面の普及もしていってもらいたい。この精神が子供達に伝わることで、これからの未来にも柔道というバトンをつないでいき人間の道としての理想を掲げ、修行を通してその理想の実現を成しえてもらいたいものです。

|

« 我が敵は我にあり!!キャプテンRの戦い 最終章 | トップページ | 新年度スタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/28876101

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道ルネッサンス:

« 我が敵は我にあり!!キャプテンRの戦い 最終章 | トップページ | 新年度スタート »