« 第5回三つ葉少年柔道交流大会 | トップページ | 三つ葉杯での嬉しい出来事 »

2009年1月26日 (月)

チャレンジした結果・・・・

昨日行われた第五回三つ葉少年柔道交流大会。

この大会は、主管が当番制で今年は川口道場が主管を務めることとなっていた。

まず最初に開会式を行い、さっそく試合開始。

例年は、団体戦から試合を行っていましたが、今年は賞状作成のこともあり、個人戦を先に行った。

個人戦では、たくさんの子供たちが奮闘して、13人も入賞してくれた。今回の試合を見てみると、自分たちが伝えたいことが少し子供たちにも伝わってきたような感じを受けた。幼年は、ほとんど川口道場だったため、1・2・3位を独占。一年生は、まだ、理想の柔道とはほど遠い柔道だったが、まだまだこれから、少しづつ頑張ってもらいたい。
Img_3116 2年生は、3位に入賞したY亮が前回の丸岡の大会に引き続きよい柔道を行ってくれた。今年に入ってから伝えている柔道を一番理解してくれているようだった。この日は体調不良で苦しんでいたが、試合ではその姿を見せずに、集中した良い柔道ができていたと思う。
Img_3118 残りの2年生は、まだ課題としている動きができてはいないが、前回の試合と違い、できないことをやろうとした気持は見れた。
3・4・5年生は、会場が違ったためよく見れなかったが、Y太・F太・ryoが優勝、Y雅が2位、Nonが3位に入賞していた。今行っているところの練習では、なかなか結果が出にくい中で、よく頑張ってくれたと思う。しかし、どうしても勝負どころで上半身に頼った動きになってしまう。もう一度その辺を修正していきたい。
Img_3139 6年生は、-45kg級の試合をよく見ることができた。優勝したJUNは、不器用ながら、しっかり組んでの柔道で優勝。今年の目標は立ち技の強化らしいのだが、そのことを意識した動きのような気がした。でも、一発狙いで動きが少なくなってしまったのが残念だ。もっと足わざが自然に出るともっと良くなるだろう。
Img_3100 Haruは、逆に、足わざがたくさん出て動きのある柔道で3位入賞。しかし、技が軽い。もう少し一つ一つの技を追い込んでいく強さがほしいところだ。
+45kg級はあまり見ることができなかったが、またしてもS川君に優勝を持っていかれたようだ。リベンジならず。次回に期待したい。

午後からは、団体戦。予選リーグを行いそこでの結果で、1部・2部・3部に分かれ決勝トーナメントを行う。
Img_3145 結果は1部で川口道場Aチームが優勝、2部で、Bチームが優勝、Cチームが3位に入賞した。

その試合の中での事、ある子が試合中に、今練習している寝技に挑戦していた。しかしその子はこの技術があまり得意ではなかった。練習中でもほとんど成功したことがない。

試合でも、中途半端に入ってしまい逆に押さえ込まれて一本負け。
この子のところで一本勝ちが欲しかったので、非常に厳しい一本負けだった。

試合後厳しく注意しようかとも思ったが、今回の試合を見て純粋に、苦手な技術に挑戦してきたその勇気はよかったと思ったので、

『苦手である技術によく挑戦してきた。今回はダメだったが、今回のこの経験を次に繋げていけるよう頑張れ』

と伝えた。

このような新しい技術や、練習していることに挑戦して失敗してしまった時、大きく二つのタイプに分かれるとある先生は言っておられました。

一人はどこがうまく行かなかったか・を考えて、さらに進化する選手。
もう一人は失敗を怖がって、その技術を2度と使わなくなる選手
 

この子には、今回の経験で萎縮することなく、更なる進化をしてもらえるよう頑張ってもらいたいものです。

こうして何とか、全試合終了。閉会式、表彰式と時間がかかったものの時間内で終えることができました。

あまり慣れていない大会の運営に四苦八苦しながらも、皆様のご協力によりなんとか無事試合を終えることができました。最後に金井学園jr柔道クラブ、春江柔道スポーツ少年団、丸岡柔道スポーツ少年団の皆様、並びにお手伝いただいた、丸岡中、丸岡南中そして保護者の皆様本当にありがとうございました。

|

« 第5回三つ葉少年柔道交流大会 | トップページ | 三つ葉杯での嬉しい出来事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/27483555

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジした結果・・・・:

« 第5回三つ葉少年柔道交流大会 | トップページ | 三つ葉杯での嬉しい出来事 »