« 赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10 10位~5位 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2008年12月31日 (水)

赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10 4位~1位

さあ、いよいよ赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10も4位~1位の発表です。

どれを1位に持ってこようか・・・・・・うーん悩むヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

それでは、行きますimpact

第4位 『一心精進を教えてくれた、北信越強化合宿&北信越小学生柔道錬成大会』

第4位は、平成20年12月21日・22日・23日に行われた北信越強化合宿です。

北信越の強化選手達によるレベルの高い合同合宿。子供達も大変レベルの高い練習により色々な経験ができ、自分も指導者として非常に勉強になった。22日の夜には懇親会をお手伝いしていたので、大変貴重なお話をたくさん聞くことができました。23日には練習の一環として体重別の試合が行われ、北信越の強化選手と一部の選手たちによる個人戦が行われた。

川口道場から幸運なことに5人の選手が参加することができた。

Img_2891 簡単な開会式の後、軽量級(40kg以下)中量級(50kg以下)重量級(50kg超)に分かれて試合開始。

大変レベルの高い試合があちらこちらで行われていました。

Img_2894 そんな中、順調に勝ち上がっていったのは川口道場の寝技師JUN。

得意の寝技を駆使して、次々と勝ち上がり、なんと決勝戦まで勝ち上がっていきました。

Img_2897 決勝戦も息をのむ攻防が続き、一進一退の攻防が続いたがなにもポイントがないまま時間終了。判定で敗れてしまったが、本当に良い試合をしてくれた。
このJUNは非常に不器用な選手。
物事を覚えるのに一番時間がかかる子である。しかし努力家でここまで這いあがってきた。
不器用でも一生懸命、一つの目標をしっかり持って取り組むことの大切さを教えてくれたそんな大会でした。

第3位 『絆を深めた秋mapleレクリエーション大会note

第3位は平成20年10月18日・19日と行いました川口道場秋のレクリエーション大会!!

これは保護者会の方が主催してくださった、一泊泊まりのお楽しみ会で、指導者・保護者・子供達総勢42名で勝山のスキージャム勝山付近の宿泊施設にて行われました。大変素晴らしい充実した施設でした。

Img_2670 ついたら早速、子供達とゲレンデである斜面にて遊びました。一気に斜面を駆け上がる・・・・・相当きついshock

子供達と遊んでいるつもりががっつりトレーニングになっていましたcoldsweats01

Img_2676 Img_2678 Img_2679 Img_2685 子供達は斜面でボール遊びをしたり、ダンボールで滑り降りたりと、泥だらけになるまで遊んでいました。

Img_2689 日が暮れるまで一通り遊んだら、次はお風呂タイム。高学年の子は低学年の面倒を見ながら皆で仲良く入浴spa

お風呂も広くて非常に驚きました。お風呂が終わったらいよいよお楽しみのお食事タイム!!

いつもは、奥様方に準備をしていただいていたのですが、今回は奥様方にはゆっくりしていただいて、男衆の『男の料理』を振舞った。

Img_2694 Img_2692 Img_2691 メニューは、鍋restaurant

水炊き、とり野菜味噌、キムチ、ホルモン鍋とたくさんのお鍋で楽しみました。

Img_2696 Img_2700 Img_2701 Img_2702 なかなかこれだけの大人数でこのような経験が出来ないので本当に遊び倒していました。カードゲーム、人生ゲーム、肝試し、なぞなぞ、手品などなど、時間を忘れて、子供も大人も関係なく色んな話や遊びを行い、本当に充実していました。

Img_2727_2 こうして夢のような2日間が終了。本当に楽しいレクリエーションでした。

このレクリエーションで、子供達の絆がまたひとつ深まったそんな楽しいイベントでした。

第2位 『川口道場の信念punchを確認 第1回福井県学年別柔道大会』

第2位は、今年初めての試合第1回目福井県学年別柔道大会。

Nec_0186 全員参加できることで、普段なかなか試合にでることの出来ない子にも試合をさせてあげれる機会が作れて大変うれしい大会である反面、この大会を企画運営された県柔連の先生方は本当に大変だったことと思う大会でした。

Nec_0189 試合の内容も寝技が良く決まっていてまずまずの内容でした。この日は審判監督会議にて、しっかり話し合いが行われ申し合わせ事項を細かく確認できているそんな大会でした。今までは時間の都合上おろそかにされていたようなイメージを受けましたが、しっかりと確認することにより審判の統一もある程度で来ていたと思います。

Nec_0188 いつも、寝技の『待て』が早く、あまり寝技の攻防を見てもらえなかったのですが、このときの試合は審判がしっかりしており寝技の攻防も良く見てくださいました。

Nec_0194 2年生の部で仲良く3位になったNODOKAとYU‐TA。練習どうりの動きを見せ、苦手だった子に勝利し3位に入賞しました。自分の審判をしていた会場で2年生が試合を行なっていたので比較的試合を見ることが出来たのだが、2年生の子は全体的によい動きが出来ていたと思う。特に同じ川口道場同士で戦っていた、準々決勝では、お互いの魂と魂をぶつけ合うような大変良い試合をしてくれました。

午後からは高学年
しかし高学年のほうは、あまり良い結果には結びつかなかったようです。日頃一生懸命しているので結果がでてほしかったのですが・・・・・

Nec_0195 それでもNAOが当時5年生の身でありながら、決勝にまでかちあがりました。決勝では6年生の福井県チャンピオンと対戦し有効を奪われ敗れてしまいましたが、しっかり組み合い姿勢の良い柔道ができていたと思います。

結果として、高学年はNAOが準優勝、RYOが3位という結果でした。
Nec_0196 この試合を終えて、自分の中で『今行なっている練習で良いのだろうか?』という疑問も生まれました。
しかし、川口 稔先生といろいろ話し合ったことにより川口道場の信念をしっかり確認することができました。しっかりとした方向性そして自分の気持も固まり、新たなる目標に向かってスタートを切ることのできた思い出のある大会でした

そして栄えある『赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10』堂々の第1位crownは・・・・

『魂をぶつける名勝負punch 激戦impactマルちゃん杯sign03

です。

今年のマルちゃん杯・・・・・・・結果から行くと、全く駄目の1回戦負けdown

でもなぜ堂々の1位に選ばれるのか?

それは、試合の内容が素晴らしかったからです。内容も素晴らしいしみんなの心が一つになって本当に良い試合をしてくれたから自分の中でいろいろある思い出の中から1位に抜擢させていただきました。

Img_2104 平成20年6月1日に静岡県浜松市にある浜北総合体育館『グリーンアリーナ』で行われた、マルちゃん杯中部少年柔道大会。

今回の1回戦の相手は、お隣石川県の○中錬正塾さん。このチームは本当に素晴らしい柔道をするチームであり、自分もその素晴らしい柔道に惚れ惚れしてしまうほどの憧れのチームでもありました。

Img_2111試合前に、子供達にしっかり意識付けをし、今までやってきたことそして目指しているものを改めて伝え、試合へと送り出しました。

子供たち同様自分も非常に緊張していたのを覚えておりますsweat01

Img_2114まず先鋒戦、このときの先鋒はHARUKA。先鋒として申し分ないほどの気合を込めた試合を行ってくれましたね。
危ない場面があっても気持ちを切らすことなく、最後まで戦い抜いての引き分け。不利な組み手になったときに脆いところがありましたが、気持ちで完全にカバーできていました。

Img_2116 次鋒戦YOSHIKI。開始直後、相手の内股を透かし投げたか!!と思ったら引き手を引ききれず腹這いでポイントなし。ここから相手の反撃により攻め込まれる。内股と見せ掛けての小外で大きく崩され何とか腹這いで逃れた。技術では相手のほうが上のように思えたが、最後までポイントを許さず引き分け。

Img_2117 中堅戦・・・JUNの相手は体が小さいが技のキレが抜群の選手、いつも立ち上がりの調子が悪いJUNであったが、このときはいつもとは違い動きが硬くなく気合も入っており期待できたが相手も小さい体ながら組み手が上手く、なかなか技に入れない。お互いに攻めようとするが決め手がないままであったが、試合の終盤寝技のチャンス。
しつこく後ろにつき、縦四方で抑えそうになったときに試合終了。引き分けであった。

Img_2118 副将戦、NAOの試合が始まり、足技で崩して内股や寝技で攻めるNAOpunchしかし相手にうまくかわされてしまう。組み手でもたつくとすかさず相手の背負いが飛んでくる。一進一退の攻防が続き、そのまま引き分けとなった。

Img_2119 大将戦、RYOは気合充分で試合に臨んだ。払い腰で攻めるがどうしても引き手を離してしまう。相手の揺さぶりでバランスを崩してしまう場面が続いた。お互いにポイントがないまま引き分け。

代表戦となった。ここで誰を出すか迷ったが、キャプテンを信じそのまま大将のRYOを出した。

相手も大将の子で勝負に来た。

代表戦が始まり、非常に気合の入った声を出し組みに出るRYO。
序盤は払い腰で攻勢に出るが、中盤から相手の背負いについていく場面が増えてきた。そして揺さぶりで潰される。嫌な試合展開になってきたが終盤に稜の小外で相手が崩れ腹這いにした。その後お互いに攻めあい試合終了。

旗判定となった。

結果は、2-1で相手の旗が上がってしまい、初戦で敗れてしまった。

しかし敗れはしたが試合の内容は素晴らしいものがあった。子供達は全力で戦ってくれたと思う。いつもの練習しているとおり、いやそれ以上の戦いができていたかもしれない。相手は練習試合で力の差を見せつけられたことのあるチーム。そんなマイナスのイメージのある相手に対して臆することなく全力で挑戦できていた。試合も取るか取られるかのとても緊張したそしてそれでいて見ていておもしろい試合であった。
完全に技術面・体力面で劣っているようにも感じましたが、気持ちでその差を埋めてしまう本当に素晴らしい試合。

相手との技術力の差には、自分の指導力の無さに腹が立ちそして申し訳ない気持ちにもなったが、だからこそ子供達が魂のこもった試合を行ってくれたことに心から感動できた。

試合後、みんなが集まり話を聞いているときに、代表選で敗れたRYOが涙している。そして悔しさからか先鋒のHARUKAにも一筋の涙weep。思わず自分も涙をこぼしそうになってしまいました。この一戦を経験して、もっと指導者として情熱を持ち、子供たちの技術の向上にも力を入れなくてはいけないと感じる一戦でした。

というわけで、今年の『赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10』堂々の第1位crownは、魂をぶつけ合う試合を全員が行ってくれたマルちゃん杯でした。記録より記憶に残る試合を今回の1位に選ばせていただきました。
しかし、たくさんの思い出があったので、もう一度書けといわれたら順位が変わってしまうかもしれませんね!!

それくらい今年は、感動的な出来事が多かったように思います。この背景には、子供たちの日々の努力と、保護者の方々惜しみない協力があったからだと思います。本当にありがとうございました。

今年も無事一年を終えることができ、こうして様々な思い出を綴ることができました。大変読みにくく、文章力のないブログにお付き合いいただき本当にありがとうございます。

今年はブログを通じてたくさんの交流ができ本当に充実した一年でした。このようなブログですが精一杯、頑張って色々な出来事を綴って行きたいと思いますので、来年も何卒宜しくお願い致します。

それでは、よいお年をお迎えくださいpaper

 

|

« 赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10 10位~5位 | トップページ | あけましておめでとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1年間お疲れ様でした。
8月の錬成大会で川口道場の子供達の
試合を見て、全小では、実際赤ペン先生とも
お会いできました。先生のブログを通じて
先生が実践されていること、また、子供達に
対する愛情など大変勉強になりました。
小学生の間にしっかりした柔道をさせ、
中学・高校になっても恥ずかしくない柔道を身につけさせたいと思います。
そして、最後に今よりももっと柔道が好きに
なってもらえるように来年も頑張るつもりです。
来年もよろしくお願いします。

投稿: jigozen-judo | 2008年12月31日 (水) 10時37分

jigozen-judoさんコメントありがとうございます。
あっという間の一年でした。
しかし、子供たちのおかげでとても中身の濃い一年を過ごせたと思います。
そして今年の8月には先生ともお会いでき、大変よい勉強になりました。
先生の言われるように、中学、高校と成長していける柔道を目指して、柔道大好きっ子をたくさん育てて行きたいです。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年12月31日 (水) 11時22分

2008年、ありがとうございましたhappy01
思い出ベスト10、楽しみにしてました。ジャムレクが3位crownに入賞して、「やってよかったキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と感慨深くbeerを美味しく頂いてます。その時々の練習、それぞれの大会や遠征、レクがみんなの思い出となれば最高ですgood
2009年、みんなが胸を張って、最高の笑顔で一年過ごせますようにscissors

投稿: nashi-papa | 2008年12月31日 (水) 20時28分

nashi-papaさんコメントありがとうございます。今年は本当にありがとうございました。いろんな方に支えられて、本当に充実した一年が過ごせました。
様々な思い出が子供たちの中で大きな宝となったことでしょう。
また来年も子供達にたくさんの宝を残せれるように頑張ります。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年12月31日 (水) 23時21分

明けましておめでとうございます。
今年もダラダラと頑張ります(爆

投稿: セニョ~ル | 2009年1月 1日 (木) 01時11分

セニョ~ルさんコメントありがとうございます。そしてあけましておめでとうございます。
今年も色々と御指導の程宜しくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2009年1月 1日 (木) 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/26634228

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10 4位~1位:

« 赤ペン先生が選ぶ 平成20年 思い出ベスト10 10位~5位 | トップページ | あけましておめでとうございます »