« 福井県実業団柔道大会 | トップページ | ジュードーズハイ »

2008年11月 5日 (水)

キャプテンとして・・・・・・

最近子供たちの練習の雰囲気が非常によくなってきている。高学年から低学年にかけて全体的に活気のある、それでいて真剣に厳しい練習が出来てくるようになってきた。

少し前までは新しく入ってきた子に目が行き高学年の練習量が落ちてしまっていたのだが、しっかり練習の無駄を省き効率よく練習スケジュールを組んで子供達を意識付けしてからというもの、とても充実した稽古が出来ていた。




たった一人を除いては・・・・






それはキャプテンである。今まではキャプテンがみんなを引っ張って行き練習の雰囲気を作っていた。
がしかし、足の怪我をしてから調子を崩しそこから這い上がれずにいた。

周りはよい練習の雰囲気を作り調子を上げている中、キャプテン1人取り残されていっている。
自分でもその事に気付いているはずなのだが、上手くいかない歯がゆさからか、練習が上手くいかないとふてるような最悪な態度を取ったりしている。そんなことをすれば当然厳しく指摘され、また意識が下がっていく。どんどん負のスパイラルに陥ってしまっていた。

当然試合の結果もよろしくない。元来自分に甘い子だったので、自分を高める練習の前に楽な方に流れてしまう。
最近では完全に目標を見失い、ただ単に淡々と練習をこなすだけの意味のない練習が続いていた。

このままでは川口道場全体がだめになっていってしまう。そう感じたので、川口先生が、道場に泊まりこみでリョウと話合うこととなった。

伊香郡の試合のあとリョウを道場に泊め、とことんまで話合った。
どのような内容が話されたのかはまだ聞いていないが、次の日に自分たちの試合の付き人として連れてきていた。

少しすっきりした表情で、自分たちの試合を見学・サポートしていた。

そして昨日一発目の練習日。前半ビデオを見て、全体に目指している柔道を再確認して1時間だけの練習を行った。

キャプテンとしてまずまずの練習が出来ていたと思う。

だが、一日だけ頑張ることは誰にだってできる。キャプテンの大変なところは自分がどんなに気分が乗らなくても、誰にも負けない練習に取り組む姿勢を持ち、みんなのお手本となり、その姿勢を見せることによりチームを引っ張っていかなくてはならない。

いままでは、口で言ってやらせているような感じだったが、これからはキャプテンとして、態度や姿勢を皆に見せてチームを引っ張っていってもらいたいものだ。

|

« 福井県実業団柔道大会 | トップページ | ジュードーズハイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/25041764

この記事へのトラックバック一覧です: キャプテンとして・・・・・・:

« 福井県実業団柔道大会 | トップページ | ジュードーズハイ »