« ふぁーむ さるーと | トップページ | 福井県強化練習会 »

2008年10月26日 (日)

石川出稽古

平成20年10月25日(土)に石川県のいつもお世話になっている竹野道場さんへ出稽古に行った。

今回は、低学年の2年生以上も一緒に参加させていただいた。

いつもは高学年だけで、なんとかその厳しい練習に何とかついていくといった練習となるのだが、今回は低学年の子にもその体験をしてもらうことにした。

道場について、挨拶を済ませ早速練習が始まったのだが・・・・・

低学年の子供達は完全に萎縮してしまっている~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

いつもの半分も声を出すことができず、落ち着かないようだった。体操、回転運動、打ち込みと練習を行ったのだが、今ひとつ気持ちの乗った練習が出来ていない。

Img_2738 その点、高学年の子達は、すぐに溶け込んでよい練習が出来ていた。この日キャプテンが風邪でダウンしてしまっていたので少し心配していましたが、代理の悠が、まずまず皆をまとめて練習の雰囲気を作ることが出来ていた。

打ち込みの後、少し試合をしてもらうことにしました。

低学年の子たちには気持ちで下がらない試合を行えることを目標とし、高学年は今取り組んでいる釣手の使い方を重視して試合に臨みました。

まず低学年は、2年生の子達の強化をしないといけないと痛感させられました。
まず体の捌き方ができていない。相手のこの技におもしろいように転がってしまってました。あと寝技の強化!!
寝技で攻めるということがほとんど出来ていなかったように思います。試合を重ねるにつれて少しずつ良いところも見えてきましたが、ほとんどが悪いことを修正しなくてはならない課題ばかりでした。

3・4年生は、わずかですが練習の成果が見られるようになって来ました。大きく変わってきたことは、気持ちの部分では負けなくなってきたということscissors
以前までは『強い相手=負け』といった気持ちで戦っていた子が、何とか勝負しようとする動きで向っていけるようになったということが収穫でした。
この調子で、今度は技術的な向上を期待したいです。

そして高学年は、まずまずの動きで試合を行えるようになっていました。相変わらず極めきる強さはありませんが、しぶとさと勝負をしようとする動きが見えてきました。
まだ競り負けますが、競って勝負しようと技が出るようになってきているので、この気持ちのまま競り勝てるように練習を続けてもらいたいです。

試合のあとの練習では、寝技、立ち技の乱取りを行い、きつい内容ではありましたが、何とか脱落者0で練習を終えることが出来ていました。

これで練習終了。

以前に比べて子供達がたくましく成長してくれていることにうれしく思いました。

この石川出稽古を行った後、子供たちの様々な成長が飛躍的に確認できるので今回はどのように成長してくれるのか楽しみですhappy02

今回も素晴らしい練習を行ってくれた竹野道場の皆様本当にありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

|

« ふぁーむ さるーと | トップページ | 福井県強化練習会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/24763034

この記事へのトラックバック一覧です: 石川出稽古:

« ふぁーむ さるーと | トップページ | 福井県強化練習会 »