« 第4回 金井学園理事長杯少年柔道大会 | トップページ | 金井学園杯 個人戦 »

2008年9月22日 (月)

金井学園杯 団体戦

日曜日に行われた第4回金井学園理事長杯少年柔道大会!!

午前中に団体戦が行なわれた。朝会場についてみるとたくさんの子供達が元気にアップを行っていた。

早速川口道場もアップを行い体をほぐす。
今回は幼児の子も一緒に試合を行うのでアップもいつものようにスムーズに行かない・・・・さらに自分たち指導者は審判監督会議に出なくてはならないので子供達だけでアップを行っていた。
上手くアップが行なわれているのか心配でしたが、審判監督会議を行っている別室まで川口道場の子供たちの声が聞こえてきたのでまずまずのアップができたのであろう。

今回の大会には、一つのテーマを持って挑んだ。そのテーマとは・・・・・

『挑戦 チャレンジsign03

である。夏前から今まで新しく取り組んできた練習の成果を存分に発揮する事を目標としていた。練習ではある程度形になってはいたが実際の試合で新しい技術を試すと言うことは非常に勇気のいることだと思う。しかし、その恐怖に打ち勝ち、自分を信じて新たな動きに挑戦する事が今回の試合に向けてのテーマであった。

Img_2565 開会式を終えいよいよ試合開始!!

午前中は団体戦である。まず予選リーグから行われた。

まず第一試合、朝日少年柔道クラブさんとの対戦。川口道場は、5年生が1人しかいないので1人穴あきの状態、6人戦のところを5人で戦わなくてはならない。
Img_2567 Img_2569 しかし、みんなしっかり動き5-1で勝利してきた。試合を見ていても、まだぎこちない動きではあるがみんな新しい技術を意識した攻防ができていた。

続く第2試合目。相手は去年も対戦した県立武道館さんとだった。ここが予選リーグの最大の山場であった。

先鋒風太は、善戦したがD村さんに有効を奪われ敗退・・・・・これが痛かった。

次鋒不戦敗で5将戦 龍は、R崎選手と勝負した。このR崎選手は大変力強い柔道をする。体格も龍よりひとまわりもふたまわりも大きく大変素晴らしい選手である。龍もしっかり組合勝負したが、一本を取られてしまった。

もうこれで後がなくなってしまった。

中堅の潤、もうここで、最低有効以上とって勝利しなくては川口道場は負けてしまう。試合が始まり前に出る潤。しかし相手に先に技に入られてしまい、寝技の攻防に・・・・ここで、潤は新しい技術を用いてどんどん攻める。
後足が抜ければ押さえ込み・・・・と言うところで待てがかかる。

2分のランニングタイムなので、そのような攻防が2、3回続き引き分けられてしまった。

これで川口道場の負けが決定してしまう。副将、大将と一本勝ちを納めて試合終了。

潤は言われたとおり自分の練習していた新しい技術で存分に勝負してきた。逆にその新しい技術に固執してしまっていたところもあった。相手に警戒されているところにさらに入っていっていたのでその辺が極めれなかった原因かもしれない。
試合後、寝技の表と裏のわざとして使い分けれるよう指導し、チャレンジしてきたその気持ちはしっかりと褒めておきました。

予選リーグの最後の試合勝山市少年柔道教室さんとも対戦し、何とか勝利するも予選リーグ敗退となってしまいました。

今年の団体戦はこれまで接戦になるもあと少しで勝利できないという試合が続いております。このあと少しの差を埋めていけるようこれからの練習を頑張らないといけないと感じました。しかし、今回の団体戦で、悪いところ足りないところと言うのがはっきりしてきたと思います。技術的なところで言えばたくさんあるのですが、選手の気持ちの部分で決定的に足りない所・・・・これからここを強化していきたいと思います。

新たな発見を胸に、午後の個人戦へと挑みました・・・・・・・続く

|

« 第4回 金井学園理事長杯少年柔道大会 | トップページ | 金井学園杯 個人戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/23911263

この記事へのトラックバック一覧です: 金井学園杯 団体戦:

» 京都ダイハツ [京都ダイハツ]
△京都ダイハツがもりだくさん。 [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 16時25分

« 第4回 金井学園理事長杯少年柔道大会 | トップページ | 金井学園杯 個人戦 »