« 良い時、悪い時 | トップページ | 楽しい練習 »

2008年9月12日 (金)

時代の流れ・・・

Nec_0442 先日、県外のある先生から、審判勉強用のDVDを頂いた。

送られてきたDVDは全部で4枚。国際大会の微妙な判定が編集されているDVD3枚と藤猪先生が審判講習をされているところを録画してある1枚である。

国際大会の微妙な判定が編集されているDVDをみて、川口先生と二人で『今のは、どう判定するのだろう?』、『どちらのポイントになるのだろうか?』などと頭を悩ませながら楽しくDVDを見ることが出来ました。

いつもは文面でしか審判の勉強が出来ていませんでしたが、こうやって画像で見ると色々な発見があります。でも、実際審判として畳の上で見ているとまた全然違って見えるので難しいところですが、難しい判断の時に一度こうやって画像を見たことがあると冷静に対処できるような気がします。

そしてもう一枚の藤猪先生の講習会のDVDには、今まで自分が審判をしていてだいぶ違う対処をしていたなと、沢山の事を反省させられました。

特に抑え込みのとき、今の国際大会の流れは、投げたあと少しでも相手の上で抑え込みの形になっていたらすぐに『抑え込み!!』と宣告しなくてはならないそうです。

自分の場合、しっかりとした抑え込みの形が出来てから宣告していたので、これから気を付けたいと思います。でも、逆に『解けた』の宣告は、解けているような怪しい形になっても3秒ほど見てから『解けた』と宣告しなくてはならないようです。

こうして講習会のDVDを見ていると、世界のJUDOのルールは、短期間で目まぐるしくルール改正が行なわれているように感じます。技の判定や、反則の取り方など、大きく変化を遂げてきていると思います。時代の流れのようなものがあり、常に勉強しておかないとチョット前の当たり前が、全然違うものになっていて正確な審判が出来ないように感じました。

このDVDを見ていて、『子供達に指導する我々はどうすべきなのだろう?』とふと考えた。

今の世界の流れを重視して子供達に柔道を教えていく。現に先月行なわれた全国学年別柔道大会で審判長をされていた藤猪先生は、『少年は講道館審判規定及び少年規定が基で試合が行なわれますが、今の時代の流れに沿った審判をしてくれ!!』と言われていたそうです。

そう考えると、今の時代の流れのような事を子供達にも伝えていかなくてはいけないのかな???

また悩める夜がやってきそうです~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

|

« 良い時、悪い時 | トップページ | 楽しい練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私が大学生の頃、藤猪先生が自分が審判をすると指導を取るのが早いぞとよく言っていたのを思い出しました。16年前の事です。今の柔道の始めですね
先生が言おうとすることは、推測ですがどんどん一本を取れる技をかけなさい、掛けれる様に稽古をしなさいと言う意味だと思います。その原点は先生の柔道にあるのだと思います。先生の現役時代、畳の上のアーチストと言われる程強かったそうです。いわゆる天才と言われる人です。もちろん、いかに努力をしたかと言う話もたくさん聞かせていただきました。時代の流れにそって・・・自分より強い人に勝ちたいとするとどうしても周りからみるとせこい柔道になってしまう。外人の考えもそうだと私は思います。そうするとどうしても見苦しいので反則になっていくのだと思います。何か私も話がまとまりませんが・・・
基本に忠実な柔道を指導する、後は、子供達の素質、努力何よりも強くなりたいと言う気持ちが新しい時代の流れを作るのではないかと考えます。
どちらにしろ、私みたいな普通の柔道家は今後試合で勝てなくなるでしょう。さびしい話です。勝ちたいと思えば思うほど技より、体力優先の稽古になっていくような・・・
長々とすいませんでした。昔のルールで柔道をしてこれてよかったなあとしみじみ思う今日この頃です。

投稿: カニーマン | 2008年9月12日 (金) 19時04分

カニーマンさんコメントありがとうございます。
カニーマンさんから頂いたコメントを読ませていただき悩まずにすみそうです(o^-^o)

>基本に忠実な柔道を指導する、後は、子供達の素質、努力何よりも強くなりたいと言う気持ちが新しい時代の流れを作るのではないかと考えます。

まさにその通りだと思います。子供達には柔道とはどうゆうものかということだけしっかり伝えて、後は子供自身が考え自分の体に合った動きを作り上げていくと言うのが理想だと思います。

『時代の流れがこうだから・・・』といって、今の時代の流れに沿ったことを教えてしまうと、その子が大人になったときにまた違う流れになっているかもしれません。そうなった時にかわいそうな思いをするのは子供達。
今は子供達自身の向上心を大事に育て、『柔道とはどういうものか』と言うのをしっかり伝えて行くことが自分達の役目なのかもしれませんね。
大変勉強になりました。
ありがとうございます。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年9月13日 (土) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/23686182

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れ・・・:

« 良い時、悪い時 | トップページ | 楽しい練習 »