« 長野遠征2日目 | トップページ | 盆明けいきなり強化練習 »

2008年8月18日 (月)

北京オリンピック柔道競技を終えて

北京オリンピック柔道競技の全日程が終了しました。

結果は

金メダル 4つ

銀メダル 1つ

銅メダル 2つ

合計7つのメダルを獲得致しました。選手の皆さん本当にお疲れ様でした。

この結果については、柔道競技に辛口の世間からみれば、物足りない結果のようにとられてしまうかもしれませんが、今のレベルが上がっている世界柔道の中でこれだけの結果を残せたのは素晴らしい事のように思えます。

そして日本柔道の素晴らしさを見せてくれた、そんな気がします。

その中でとくに、最終日の塚田選手の試合は、なぜか一番印象に残っています。

勝負の世界であれば、残り8秒の逆転負けは大失態かもしれませんが、あの魂をぶつけるような気迫あるれる試合に本当に感動しました。

この勝っても負けても感動する試合というのは、選手自身が100%の力でぶつかっていったから感動したのだと思います。
そして相手の佟文選手も全力で勝負していたからこそあの感動的な試合が生まれたのだと思います。

100%と100%がぶつかり合う勝負を行えば、たとえ敗れたとしても素直に相手を尊敬でき、本当の意味での『自他共栄』の精神が広がっていくと思います。

しかし今の世界柔道は、相手に100%の力を出させないように勝負する戦い方のように感じてしまいます。

このようなことをすることには、もちろんものすごい練習と研究が必要となってくるので、その戦い方で勝利するという事も大変なことだと思います。

でも、100%を出せずに試合を終えてしまうと試合者も、見ているものも何か納得できない、怨恨を残してしまうような気がします。これでは自分は柔道の魅力が一つ失われていくような気がします。

あるところでこのような話を聞きました。

『勝負に徹する世界柔道の流れに対して、これから世界に通用する柔道、世界に勝つための柔道をジュニアの時代から見直す必要がある。』

このコメントには正直困惑しております。少年柔道を教えている自分の立場上、子供達に何を伝えていかなくてはいけないのか、ジュニア時代から勝負を意識して柔道を教えていかなくてはいけないのか?非常に考えさせられます。

でも自分は、今回日本選手団が見せてくれた、心から感動できるような『一本』を取りにいく柔道を目指して指導して行きたいです。



|

« 長野遠征2日目 | トップページ | 盆明けいきなり強化練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

塚田選手の決勝戦は、開始早々から『絶対に退かぬsign03』気持ちが見え、胸がsun熱くなりました。私は開始30秒経たぬうちに涙目だったもweep 
金メダルよりも、世界一の佟文選手に勝つために、【己に克ちたい】一心だけだったのかもしれませんね。
一生heart02心に残る一戦でした。


投稿: クリリン会長 | 2008年8月18日 (月) 16時29分

過去に金メダルを取った選手の方々を思い起こすと、山下、細川、松岡、齋藤、吉田、古賀、鈴木、井上選手と、どの選手も一本を取る柔道を、そしてどの国の観客、人々がみても素晴らしく、感動を与える柔道を見せてくれる選手が多かったと思います。ところが、今現在小学生から大学生にいたるまで、ほとんどの試合では、まるでオリンピックや世界選手権を見ている様な、まともに組み合わない、タックル、足取り、ほとんど掛け逃げにしか見えない技、このような試合ばかりの様に思います。これは私の個人的な意見ですが、だから勝てないのではないでしょうか?ジュニアの時代から見直すというコメントは、原点回帰する、という意味であって欲しいと私は思います。そして、私たちが子供の頃から学んできたのは「JUDO」ではなく「柔の道」である、ということをもう一度考えていかなければならないのではと思います。もし、このままジャケットレスリングになっていくのならば、オリンピックや世界選手権での柔道競技など意味のない要らない物になっていくのではないでしょうか。「レスリング」という立派な競技があるのですから。。。。。。

投稿: HA◯E監督 | 2008年8月18日 (月) 20時50分

クリリン会長コメントありがとうございます。
塚田選手のあの試合は本当に感動しました。他にも素晴らしい柔道で金メダルを取った選手がいたはずなのになぜかこの試合が一番胸を熱くしていたように思います。

結果は銀メダルで、記録にはこの先この銀メダルで残っていくのでしょうが、自分の記憶には、心から感動できた名勝負として残っていくことでしょう。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年8月18日 (月) 23時52分

今日現在まで、外国勢が仕掛けてくる“組まない力ずくの柔道”や“いきなり下半身攻撃”、つまり、私を含めた日本人の多くが感じるところの“美しくない柔道”に日本柔道が屈したシーンを何度となく目の当たりにし、そしてその都度、何かしらの憤りに近い感情を抱いたのは、程度差こそあれ皆さんも同様かと思います。
今回の日本代表の皆さんも、そんな外国勢の柔道に倣うことなく、且つ理想の柔道を展開することが日本柔道のあるべき姿と信じて稽古を積まれてきたと思います。

その方向性は間違っていないでしょう。
柔道創始国たる日本が進むべき方向は斯くあるべしと私自身も考えます。
でも、今回のオリンピックの結果は・・・そう世界に明言できるものではありませんでした。
選手の皆さんが決して不甲斐ないと言っているのではありません。
選手は皆、日の丸の重圧と世間の期待を担い、そしてそれぞれが諸々の葛藤を抱えながらも私達の代表として立派に闘ってくれたと確信しています。
でも勝たなければ、日本が目指す美しい柔道、それを世界に証明できないのが今の状況でしょう。

方向性が間違っていないとすれば・・・
あとは、どんな練習をするかでしょう。
文化や主義、志向や民族性の違い・・・当然の如く多くの諸外国とは目指すものが違うのですから、自ずと彼等とは稽古自体も違っているはずです。
今まで以上に、研究するだけではなく外国勢の柔道に親しむことをしてみるべきでしょう。
代表レベルの選手には、まずは相手を取り入れることも大事出は無いかと思うのです。
今こそ孫子の兵法にある『相手を知り己を知らば百戦危うからず』を思い起こすべき時です。
そうして研磨された日本代表が、次もしくはその次のオリンピックで、日本が目指すものが最も強く最も美しい柔道なのだと証明することが、日本が世界に誇るべきものを持っていると世界に明示することができるのではないでしょうか。
取り入れることでまた新しいものを生み出し、それを世界に誇れるものにまで昇華させていくことも、元来、日本人のお家芸のはずではないでしょうか。

柔道とは勝つことだけが全てではないと私自身も思いますが、“勝つこと”が柔道を続けていくうえで最も重要なファクターの一つである事は間違いなく、少年たちが思わしくない方向へ向かうとすれば勝ちたいその一心から・・・
私も現役当時はとにかく勝ちたかったですからね。
でも、それを糺す(間違いを正すのではありません。本来向かうべき方向へ糺すのです)のも指導者のあるべき姿と思います。
何とかして、他者に誇れる柔道を以て勝負に拘る姿勢を伝えたいと考えます。

投稿: セニョ~ル | 2008年8月18日 (月) 23時58分

HA〇E監督さんコメントありがとうございます。
今回のオリンピックもそうですが、世界選手権などを見てもまともに組み合わない柔道が本当に多いと思います。そして日本でもそのような柔道を真似してかそれに近いような柔道を行っている選手が多くなってきているように感じます。
しかし海外の選手の場合、その国にある国技的な格闘技がありそれをベースにした選手が柔道に転向している場合が多いようです(特に男子)。レスリングやサンボ、モンゴル相撲に韓国のシムルやトルコのカラクジャクなどなど、それらを取り入れた柔道を行っている海外の選手が多いのでこのような世界大会を見ると異種格闘技戦を見ているようにも思います。
だからこそ日本人は日本で生まれた国技でもある柔道でこれら世界JUDOと戦ってもらいたい。
外国人の体や力に負けない技で正々堂々たたかってもらいたい。ジュニア世代に一本を取る技を身に付けてもらいそれを武器に世界で戦ってもらいたいです。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年8月19日 (火) 00時10分

セニョ~ルさんコメントありがとうございます。
深いお言葉大変勉強になります。
研究だけでなく海外と親しむこと・・・・そういう考え方はできていませんでした。
日本柔道を高めることばかりに目が行っていたように思います。もう世界の柔道は、色んなものを吸収して進化してきています。そこから目をそらさずに親しみ、そしてその中で日本柔道が最高の形で力を発揮できるように進化していけばよいことなのかもしれません。
いづれにしても、少年柔道のうちには、その時に必要な一本を取る技を磨いておく必要がありそうですね

投稿: 赤ペン先生 | 2008年8月19日 (火) 00時29分

セニョール先輩、今度しーばす釣り教えて下さい。(柔道についても色々なお話を聞かせて下さい、)

投稿: HA◯E監督 | 2008年8月19日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/23062192

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック柔道競技を終えて:

« 長野遠征2日目 | トップページ | 盆明けいきなり強化練習 »