« 合同練習試合 | トップページ | 川口道場王座決定戦2 »

2008年8月28日 (木)

川口道場王座決定戦

今日、明日と川口道場にて、第3回川口道場王座決定戦が行われる。

今日は高学年の部が執り行われた。

全国大会を見てきた後、子供達に川口道場が何を求める柔道をするのかを伝えた。

今日の試合を見ていて子供達がその事を良く理解してくれているということが分かった。

お互いに、立ち技、寝技で一本を取りにいく柔道ができていた。お互い手の内を知り尽くしている間柄だが、ガンガン技をかけて一本を狙いにいっていた。

しかし、どうしてもそういう柔道をすると受けが脆くなる。

でもそれで良いと思う。ガンガン攻めて、いくことで自分の技の悪いところが分かっていく。返しを怖がり、技を出さなかったり、返されないようにしすぎてぶら下がるように技に入ったりするよりは、思いっきり、ガバッsign03ッとはいって返されるほうが、色々な発見があると思う。

こうして技が作られるということを思えば試合に負けても成長に繋がる負けだと思う。

今日の試合では、全体的にそういう試合ができていた。

自分が試合を見ていて、全敗していた子が一番良い柔道ができていたように思える。

川口先生は別の子が一番良かったといっていたがその子も優勝した子ではなかった。

勝ち負けを度外視した一本を取りに行こうとする姿勢ができていたことに非常に喜びを感じた。

明日は低学年の部。今日の試合のように番狂わせがどんどん出てくるおもしろい試合を期待したい。

|

« 合同練習試合 | トップページ | 川口道場王座決定戦2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

盛りあがったみたいですね。
子供たちの成長を見るには、もってこいです。
先生方が目指されている柔道が
実践されている証拠です。
うちも年度末に試合をさせます。
各部門にトロフィー(小さいですが・・・)を
渡し、ペナントには子供本人に名前を
書かせます。読めない字もありますが、逆に
いい味を出しています。

投稿: jigozen-judo | 2008年8月30日 (土) 20時40分

jigozen-judoさんコメントありがとうございます。
先日の全国小学生学年別柔道大会の時にはお声をかけていただき誠にありがとうございました。
先生のお話とても参考になりました。ありがとうございます。


今回で3回目を迎える道場内の試合。トロフィーも用意してパンフレットも作成して本格的に行いました。
『勝ち負けにこだわらず一本を取りに行く柔道を目指す』と志しているのですが、トロフィー欲しさに勝ちにこだわる子が出てきてしまうのではないかと心配しましたcoldsweats01
でも、みんなそれなりに一本をとろうとする姿勢が見れて本当に行ってよかったです。
jigozen-judoさんのところも道場内の試合を行いトロフィーを渡しているとのこと。自分でペナントに書き込むというのは良いですねhappy02
川口道場では手作りのチャンピオンボードに名前が刻まれるようになっています。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年8月31日 (日) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/23317527

この記事へのトラックバック一覧です: 川口道場王座決定戦:

« 合同練習試合 | トップページ | 川口道場王座決定戦2 »