« 三六祭を振り返って・・・団体戦 | トップページ | 写真を追加しました »

2008年6月10日 (火)

三六祭を振り返って・・・個人戦

午前中で団体戦が終わり、昼食休憩を取った後午後から個人戦が始まる。

自分も昼食を終え道場の方に行くと、子供達が道場の真中に集まりアップの準備をしている。今回の大会は、子供達のチーム力を高める!!という秘かな目標があったため、そのアップのようすを遠く離れたところから見守る事に・・・・・・

低学年の子がなかなか言う事を聞かないのか、最初は高学年の子たちが悪戦苦闘しながらアップを行っている、しかし徐々に低学年の子もいうことを聞きだし、しっかりしたアップが行なえていた。やはり子供は先生のいうことは聞くけど・・・・という感じで、猫をかぶるような子がいるのだが、徐々に先輩の言う事を聞く様になっているようだ。

まずまずのアップで個人戦に出場するものが体をほぐす事ができたところで、いよいよ個人戦の開始。
この日の個人戦は低学年から順番に試合を終わらしていくような試合運営だった為、低学年の一人ひとりに高学年がコーチとしてついて指示を出すようにした。低学年の子も試合が終わったら高学年の子に色々話を聞きに行くように指示をし試合開始。

Img_2162 1・2年生の子はなかなか満足のいく結果は出せていなかったが、悪い課題と良い感覚をつかむ事ができた様子。このことを持ち帰りしっかり練習を行なってもらいたい。そしてしっかり先輩のところに行き話を聞けている様子。

後日志ノートにどういう風な話をしてもらえたか書いてくるように指示をしたのだが、残念ながらあまり高学年の話は低学年には伝わってないようだcoldsweats01

『○○先輩の言った事がよくわかりません。また聞こうと思います。』と書いてくる子もいた。
まあ仕方ないかcoldsweats01

3・4年生は、今練習している形がなかなか出せていなかった。とくに寝技のきめが悪く逃がす場面が良く見られた。しかし寝技の変化という部分で言えば自分たちも目を見張る変化で押さえに行けており少しは手ごたえを感じることが出来た。
しかし全体的にきっちり取るということが出来ていない様子。もっと攻撃する柔道を意識した練習が必要だと強く感じた。これからの練習は色んなパターンで攻めれるよう指導していきたい。

5年生は、午前中怪我をしてしまったため午後の個人戦は棄権することにした。本人は出たがっていたがあまり無理をさせず参加者なし。

Img_2164 Img_2165 6年生は、マルちゃん杯の敗戦から、色んなことを学んできた事を今回の試合で試そうとしていた。当然最初から上手くはいかないのであるが、しっかり取ってこようという意思が良く見える試合運びが出来ていた。
低い背負いに対して、ぶら下がってきたところを利用して投げてくる子や、潰れたところをすばやく寝技で攻めたりと、自分たちが苦手としているスタイルの柔道に対して自分たちのスタイルを貫こうとしていた。中にはその思いが強すぎて、有効をとっていたのにもかかわらず、攻めに行き頭から突っ込んで反則負けになる選手も・・・・・・でも取りに行こうという気持は、酌んでやりたい。

中でも奈桜の3位決定戦は、非常に面白い試合であった。相手は柔整のT橋君。前半は相手の技を受ける場面が続いたが、後半はお互いに技をかけあい、とても盛り上がる試合をしていた。前半攻め込まれた事もあり判定負けをしてしまったが、こういう勝負が出来ると負けたとしても非常にすがすがしい。どんな相手でもこういう柔道が出来るよう鍛えて行きたい。

Img_2166 今回の試合は、結果から行くと惨敗であったが、今までとは違いそんなにショックを受けていない。それは試合の内容で、子供達の変わろうと挑戦する姿が見えたからであると思う。
自分が言うのもなんだが、子供達はこの短期間で大分成長してくれていると思う。しかし今ある自分に満足せず更なる成長をしようと挑戦する姿を見ているとなんだか熱いものを感じる。

子供達のこの思いを何とか結果に繋げて行けるよう、頑張って指導していきたい。

|

« 三六祭を振り返って・・・団体戦 | トップページ | 写真を追加しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/21540776

この記事へのトラックバック一覧です: 三六祭を振り返って・・・個人戦:

« 三六祭を振り返って・・・団体戦 | トップページ | 写真を追加しました »