« 全日本選手権観戦 | トップページ | 越前市合同練習 »

2008年5月 2日 (金)

柔道とJUDO

今日ラジオで北京オリンピック特集が組まれており柔道の話題が上がっていた。その中で古賀稔彦先生が柔道とJUDOの違いについて話されていた。

柔道とは、武道すなわち道であり、攻撃、防御の練習を通して心を鍛え生き方を学ぶところである。

JUDOとは、スポーツであり、その試合において勝ち負けを最優先して争われる競技である。

仕事をしながら聞いていたので、はっきりとは聞き取れていなかったのだがだいたいこんな感じのことを言っておられたと思う。

『今世界ではJUDOが大変普及しており、競技であるJUDOでいえば、日本は世界に後れを取っているのが現状である。』

とも話されていました。

これを聞いて、先日行なわれた全日本選手権の事がふと思い浮かんだ。

今年の全日本選手権は、切れのある技の応酬や、逆転で勝負がひっくり返る試合のなどがみれて大変面白かった。

しかしそんな中優勝した石井選手はJUDOを行なっていたように思えた。反則ポイントを計算しながら、ポイントを取ったら決して危険を犯さず徹底して勝ちにこだわる。石井選手自体は、相当の実力の持ち主であり、まだ強くなってきているイメージがある。そんな選手が勝負に徹しているので、今回優勝できたのだと思う。
北京の代表にも選ばれ北京での活躍できる選手だとも思います。

しかしあの会場で試合を見ていて感じたことは、決勝戦での石井選手の戦いぶりに、観客席から厳しい野次が飛び、何か殺伐とした空気が漂っていました。
石井選手は世界チャンピオンである棟田選手や鈴木選手を破る大金星をあげたにもかかわらず、会場からはその活躍をたたえるような雰囲気ではなかったように感じました。

かたや、途中で敗れてしまった井上選手VS高井選手・棟田選手VS生田選手戦では、勝ったほうにも負けたほうにも暖かい拍手が送られとてもすがすがしい気持ちになれました。

柔道とは単に技術を習得し、試合に勝つことのみを目的としたものではなく、攻撃防衛の練習によって「精力善用」「自他共栄」の精神を体得し、これによって己れを完成し、広く人類社会に貢献する人物を養成することを目的としていました。

これを行うことで周りの見ている人たちに与える影響というのも多大にあるのではないかと全日本選手権を観戦して強く感じました。

『結果がすべて・・・』と言われがちのこの世の中ですが、本当の意味の『柔道』をどう伝えていけるのか、柔道の入り口で指導する立場として良く考えて行きたいです。

|

« 全日本選手権観戦 | トップページ | 越前市合同練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕は以前より柔道をスポーツと呼ばれる事に抵抗がありました。試合をする以上、勝負にこだわってしまうのは仕方の無い事だとは思います。しかし、近年世界選手権やオリンピックなどの国際大会でみられる勝負に徹した戦いで、感動したり、子供達が柔道に憧れたりする事があったでしょうか?僕のような者が世界の舞台で活躍する選手達の事をとやかく言うのは失礼千万だとは思いますが、僕は子供達には武道としての柔道を伝えていきたいと思います。今回もまた偉そうな事を言ってしまいました。ごめんなさい。
石井選手はあの若さで全日本選手権を二度も制したのは凄い事だと思います。オリンピックでは是非一本を取る柔道で観ている人に感動を与える試合を見せて欲しいと思います。結果的にそれでもし負けても、拍手を送りたいと思います。 

投稿: HA◯E監督 | 2008年5月 2日 (金) 18時00分

HA〇E監督さんコメントありがとうございます。
確かに、世界選手権やオリンピックなどの国際大会では勝負に徹した戦いで、観ている者としたら何かすっきりしないものがありました。
しかし競技者としてみれば、自分のすべてをかけて戦っている選手もおられ、見ているものを楽しませるために見せ物の柔道をしているわけではなく『何をしてでも勝利を収める』といった執念の結果、あのようなJUDOになってしまうのかもしれません。
でも、自分も武道である柔道を伝え、柔道を行うことにより人間的により良く成長していってもらいたいです。
自分も何か毎回えらそうなことを言ってすみません。

あと石井選手は、一本を取る柔道が出来る選手だと思います。JUDOのなかで柔道を行うことは難しいことだと思いますが、その中で勝利することにより、より一層感動できると思います。日本柔道ガンバレ!!

投稿: 赤ペン先生 | 2008年5月 3日 (土) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/20687763

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道とJUDO:

« 全日本選手権観戦 | トップページ | 越前市合同練習 »