« 三つ葉少年柔道交流大会 団体戦 | トップページ | 三つ葉大会番外編 キャプテンの存在・・・・・ »

2008年3月 4日 (火)

三つ葉少年柔道交流大会 個人戦

お昼ごはんを食べた後は午後の部の個人戦に突入。

個人戦は幼児~6年生までの学年別で4年生は35kg・5年生は40kg・6年生は45kgで以下級と超級に分かれる、計10階級で争われた。

まずは幼児の部から
Img_1776 この階級には、6歳、5歳、4歳の3人が出場。目標は試合の礼法がしっかり出来るようにすること!!だったのだがやはりまだ出来ないようだ・・・
練習ではそれなりにできるのだが、やはり試合となるといつもと勝手が違うからか、審判の顔を見つめて首をかしげている。根気良く指導していこう。試合の結果は、予想以上の活躍を見せてくれた。特に6歳の真穂が予選リーグで大健闘。
Img_1777 いつも練習させてもらっている丸岡のTさんにまさかの大外一本勝ち。見ているこっちが信じられなかった。そして金井のMさんに判定負けで4勝1敗だったのだが、TさんがMさんに一本勝ちをしたため、3人が4勝1敗になった。真穂はMさんの試合以外の試合すべて一本勝ちだったので、予選1位で決勝戦に駒を進めた。
Img_1780 決勝の相手は金井のT君!!彼は幼年にして60kgを超える巨漢の選手だ。真穂も背負い投げで果敢に攻めるも払い腰で一本を取られてしまった。しかしT君はその大きな体ながら綺麗な技を掛ける、決して巻き込まずしっかり立って投げにくる。とても良い選手だ。

続いて1年生の部
ここは4人出場。4つの予選リーグにそれぞれ出場。それぞれ熱戦を繰り広げそのリーグの1位が決勝リーグに進んだ。
Img_1779 川口道場からは拓弥が決勝リーグに出場。今まではそんなに結果を残せていなかったが、今日は試合をしながら強くなっているように感じた。その決勝リーグでも大健闘。

Img_1787 金井のKさんには負けてしまったものの残りの2試合に勝利しまさかの2位となった。とはいえ、相手の反則で勝った試合もあり、本当の実力とはいえないが、ここまで勝ち上がることが出来たのは褒めてあげたい。

続いて2年生の部
Img_1778 この学年は7人出場。しかし予選リーグは3つしかないため、決勝リーグに上がれるのは3名のみ。それぞれ熱戦を繰り広げ、湧太と陽の2人が決勝に進んだ。決勝リーグはこの二人と金井のMさんとで争われ、その試合のすべてが判定といった接戦で勝負が付いた。Mさんと湧太は最初、湧太が有効を取っていたのだが最後の最後に一本背負いで有効を奪い返されそのまま判定負け、Mさんと陽は組み手で組むことが出来ず相手のペースで試合が進み結局判定負け。湧太と陽もいつも練習しているような試合運びとなり今回は湧太が判定勝ちをした。もう少し早く組んで自分の柔道が出来るよう練習を頑張ってもらいたい。

3年生の部はとても面白い試合となった。
この学年は、風太と優雅の2人が参加。しかし団体戦の時に優雅が足を痛めてしまい、個人戦は1試合だけで棄権をした。残りの風太が小さい体ながら頑張り決勝リーグへ。4つのリーグを勝ち抜いたメンバーを見てみると、体の小さな2人と体の大きな2人という4人だった。まず最初は丸岡のK君と対戦。最近めきめき力を付けてきている選手だ。しかし風太は持ち前のスピードで何とか勝利。続く試合は金井のTさん団体戦の時に対戦しているが大外に力があり体の小さな風太は1歩間違えば簡単に一本を取られてしまいそうだ。しかし、大きい相手が苦手だった風太が足技を駆使してこの戦いにも勝利。
Img_1786 最後の試合はライバル丸岡のT君との戦いを向かえた。今まで風太は試合でこそ負けたことは無いが危ない場面が何度もある苦手としている選手である。T君は風太とやる試合のときは闘争心むき出しで戦いに来る。試合が始まり、いつものように押される風太。危ない場面が何度もあった。
Img_1784 しかし試合の終盤に何とか足技できっかけを作り背負いで一本を取ってきた。最近謎の熱やひじのケガに悩まされてきて来た風太であったが何とか気持で結果を残してきた。

次に4年生35kg以下級
この試合には川口道場唯一の4年生スモールドラゴン子こと龍が試合に出た。相手は、金井のA君と春江のM君とのリーグ戦。この戦いに何とか勝利する事ができ、自身初の優勝を飾る事ができた。足の怪我があったが気持で戦い抜く事ができた。

5年生は、まず軽量級
この階級に潤、悠、善樹の三人が参加。
Img_1774 善樹はいきなり優勝候補の丸岡のT君と対戦。相手の大内を不用意に受けてしまい優勢負け。もっと攻撃柔道をしてもらいたかった。悠もT君戦は最初に有効を奪っていたのだが最後に有効を奪い返され判定負け。何か今日はこういう展開を良く見る・・・しかし、潤がなかなかよい動きを見せて全勝でこちらも初優勝。でも、悠との試合では、勝ちにこだわってか自分から組む動作をあまり行なっていなかったのが残念だった。結局判定勝ちであったが、旗が逆に挙がっていてもおかしくない試合だった。
Img_1772 次に重量級この試合には最近絶好調の奈桜と絶不調の稜の二人が参加。
この試合は、この二人の試合で明暗が分かれた。奈桜が公式戦で初めて稜に勝利。稜は去年末の足の怪我で2ヶ月休んでいたため柔道が崩れてしまい
巻き込み柔道になってしまっていた。そこの修正がまだ出来ておらず奈桜に敗戦。そのまま気持を切り替えられずに結局その後の丸岡のS君との試合でもほとんど一本負けの技有りを取られて敗れてしまった。
しかし奈桜はいつも負けているS君に攻め勝ち初勝利。優勝することが出来た。

Img_1792 審判の関係で全試合見ることが出来なかったが、いい動きと悪い動きの両方がたくさん見つかった試合でした。この試合の結果をどう次に繋げていけるかが指導者の課題であり子供達一人ひとりの課題でもあります。子供達と同じ方向を向いて頑張れるようこれから練習に励んで行きたいです。

最後に今回試合を運営してくださいました。金井学園Jr柔道クラブの指導者及び保護者の皆様本当にお疲れ様でした。おかげさまでとてもよい経験ができました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« 三つ葉少年柔道交流大会 団体戦 | トップページ | 三つ葉大会番外編 キャプテンの存在・・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、日曜日はお疲れ様でした!審判されながら、道場の子供達の様子も気になるでしょうし、なかなか大変ですねsweat02
今大会は、3兄妹揃って川口道場にやられました!悔しいーo(><)o!!ですが、好試合をたくさん見れて楽しかったですp(^^)q3兄妹とも次に繋がる試合を見せてくれたと思っていますgood泉弥、美希弥は予想以上に活躍してくれましたし、優弥も次には繋がったと感じています。特に美希弥とF君の試合は燃えました(ノ゚O゚)ノ
川口道場の子供達は、各学年で好成績を収められ、これからますます楽しみですね!丸岡も、川口道場さんの背中が見えなくなってしまわないよう、ますます頑張っていって欲しいと思っています!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年3月 4日 (火) 18時06分

裕さんコメントありがとうございます。
今回の試合は、熱く燃える試合が多くとてもよい大会だったと思います。特に3兄妹さんとの試合はどれも熱戦だったと思います。
川口道場には3兄妹さんを目標・ライバル視している選手が多いのでこれからも良き宿敵(トモ)として宜しくお願いします。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年3月 4日 (火) 18時23分

 日曜日、お疲れさんでしたhappy01
 金井のT田くんはホントに大きくなりましたねcatface しかし、赤ペン先生の言われるとおり、相手に乗ることなく綺麗な柔道をしていました。(それに比べて、歩の“力まかせ”ときたらsad
 真穂ちゃんが無事でよかったです。ど根性がえるのピョン吉になるかと思いましたcoldsweats01 しっかり指導なされている津田先生に脱帽です。
 来年は、川口道場が主管になりますね。どうぞ宜しくお願いします。次回こそは【【【【ぎゃふんsign03】】】】と赤ペン先生に言わせますので覚悟しておいて下さい。

投稿: クリリン会長 | 2008年3月 4日 (火) 19時06分

クリリン会長コメントありがとうございます。
確かに金井さんは綺麗な立技を教えておられますよね!!幼児であの体格そしてあの技、末恐ろしいですcoldsweats01
来年は皆さんにご迷惑をかけないよう一生懸命運営を頑張りたいと思います。試合のほうは・・・・どうぞお手柔らかにお願いします。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年3月 4日 (火) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/10927160

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ葉少年柔道交流大会 個人戦:

« 三つ葉少年柔道交流大会 団体戦 | トップページ | 三つ葉大会番外編 キャプテンの存在・・・・・ »