« 第4回 審判勉強会 | トップページ | お知らせ!! »

2008年3月21日 (金)

出会いと別れ・・・

もうすぐ3月も終わり年度末を迎えようとしている。卒業や入学など出会いと分かれの季節である。川口道場では6年生がいないため別れがないと思っていたのだが、今日練習後、一人の子がこの3月で辞めたいと言ってきた。

4月から野球をやりたいとのこと、大変運動神経の良い子だったので非常にショックでした。これから色々なことを教えていきたかったのですが、本人が悩んだ挙句出した答えだったらしいので今まで教えたことはどこの世界に行っても通じるものだから野球に行ってもがんばるよう伝えた。

どんな形であれ、別れというのは寂しいものである。まだ本当に伝えたかったことは伝え切れていないのだがこれもその子が選んだ道。快く応援したいと思います。

その代わり、新しい子がいま体験入門に来ている。まだ小さいのだが、教えたことは何でもできる大変覚えの良い子です。

この出会いと別れを繰り返し川口道場の伝統が作られていくのだと思います

|

« 第4回 審判勉強会 | トップページ | お知らせ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、このような別れは、また別の意味で悲しいものがありますね。僕の長男優弥は、保育園の年長の時に柔道を始めましたが、その時はうちの隣に住む一つ年上の男の子と一緒に始めたのです。彼の名前はY宗と言い、とても柔道センスのある子でした!優弥の百倍はセンスがある子でしたよ。でも、彼も小学5年生になる時に「野球がしたい」と柔道から去っていきました。とてももったいなかったのですが、W高島先生は、「今まで柔道で培ってきた物は、野球でも同じだから自信を持って頑張れ!」と言って送り出していました。
先生が一番辛かっただろうと思いましたが、このように快く送り出してくれたことに感謝すると同時に、もったいないと引き止めにかかった自分が恥ずかしくなりました。
僕は、今自分の子供がこのように柔道を辞めたいと言った時に、どのように対応するのでしょうか?未だに自信がありません。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年3月22日 (土) 00時10分

裕さんコメントありがとうございます。
自分もひじょーに引き止めたかったですcoldsweats01
でも、辛いから、厳しいからといって辞めるのではなくやりたいことがあるといって辞めていくので引き止めることは出来ませんでした。いや、遠まわしに引き止めてたかも・・・・
でもやっぱり寂しいですね。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年3月22日 (土) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/11624584

この記事へのトラックバック一覧です: 出会いと別れ・・・:

« 第4回 審判勉強会 | トップページ | お知らせ!! »