« 丸岡合同練習 | トップページ | 合同合宿1日目 »

2008年2月23日 (土)

気持を切り替えて・・・

昨日の練習は・・・・・・いまいちでしたsad

最後の乱取りなどは、やる事はやっているのですが、何か本気度があまり見れませんでした。組み手にしても投げるにしても妥協した練習。自然に声もあまり出なくなり、雰囲気の悪い練習になってしまった。

高学年の子は一生懸命雰囲気を良くしようとしているのだが、なかなか低学年までその気持が響かない。低学年の子でも特に今回団体の選手に始めて抜擢した子の意識がそこまで上がってきていないというのが大きな原因だと思う。早く選手としての自覚が生まれてほしいものだ。

でももう済んだ事は仕方の無い事、ダメな練習だった事を反省し気持を切り替えてこれからの練習を頑張ってもらいたい。

さあ今日、明日と県立武道館で越前市柔道スポーツ少年団さん・柔整会柔道教室さん・丸岡柔道スポーツ少年団さんと合同練習が行なわれ、高学年の子は、柔整会柔道教室さんと合同合宿が行なわれる。高学年の子はこの合宿を経験する事により人間的に成長してもらいたい。
そして低学年の子は通いで合同練習に参加する。気合を入れて『何の為に練習するのか』という目標をしっかり持ち、気合の入った練習をしてもらいたい。

|

« 丸岡合同練習 | トップページ | 合同合宿1日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsmile
今日から私の長男も合宿に参加させていただきます!先生よろしくお願いいたします。息子は合宿初体験でありまして…少々緊張気味のようですが…sweat01
逞しくなって帰ってきて欲しいですね(*´・ω・)rock

投稿: みっち~ | 2008年2月23日 (土) 10時38分

みっち〜さんコメントありがとうございます。今回の合宿ではいろんな事を子供たちに経験させてあげられると思います。そして指導者として新しい取り組みをしてみようとも考えています。この合宿が新たな転機になるといいですね!

投稿: 赤ペン先生 | 2008年2月23日 (土) 12時16分

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。稽古を見ていても子供の個性がいろいろあり、一生懸命練習する子、すぐに飽きる子等々。すぐに遊んでしまう子などキツク指導すればよいかも知れないのですが、もしかして将来化けて名選手になるかもと思うと、ここで柔道嫌いになられてもなぁと悩んでおります。逆に真面目過ぎる子など目先の勝敗に拘る傾向があり、小学生レベルで燃え尽きてしまうのではないかとこちらが心配するぐらいの子もおります。心技体といいますが、「心」の部分は稽古、試合、仲間との関係等を通して育まれるとは思うのですが、一番時間がかかるのでしょう。私は小中での柔道経験がないためか、子供が柔道をどう考えているかを具体的に把握できていない気がします。しかし、柔道に出会って良かったと思うようにこれからも彼らと接して行きたいと思います。

投稿: ギョウザ耳 | 2008年2月23日 (土) 22時10分

ギョウザ耳さんコメントありがとうございます。
確かに子供には色々な個性・性格があり同じ事を教えるにしてもすぐ出来る子、出来ないが一生懸命努力する人、やらない子、遊んでしまう子など本当に色々な受け取り方をする子達がいるので指導にマニュアルはないな~と感じます。だから自分は自分の柔道の考え方、理論、理想などはしっかり持っておき、伝え方を色々工夫して子供達の個性に合った指導をして接して行きたいと考えています。
少年の指導というのは様々な子達との間で、それぞれある信頼関係の中で出来上がるものであると最近強く感じるようになりました。これからもいろんな子に自分の考えを伝えることが出来るよう頑張って行きたいです

投稿: 赤ペン先生 | 2008年2月25日 (月) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/10701238

この記事へのトラックバック一覧です: 気持を切り替えて・・・:

« 丸岡合同練習 | トップページ | 合同合宿1日目 »