« 第24回羽咋少年柔道親善大会山岸旗争奪戦 | トップページ | 羽咋柔道大会前日懇親会 »

2008年2月 4日 (月)

力の差をみせつけられて・・・・

平成20年2月2日(土)
この日は、毎年行われる合同練習会に参加させていただいた。次の日に羽咋少年柔道親善大会が行なわれるということもあり、いつもお世話になっている竹野道場に合宿をさせてもらっている。この合宿には、新潟県の白根柔道連盟鳳雛塾さんと滋賀県の湖東錬成館さんが合宿に訪れており、そこに川口道場も一緒にお邪魔させていただいていた。
そして毎年、この4チームに石川県の窪田柔道倶楽部さんが合流して合同練習会が行われていた。

仕事を早めに切り上げて、石川県に向けて出発!!しかし、今回残念なことに怪我人や体調不良者続出でたった4人しか参加できませんでした。
Nec_0153 来週も試合があるため、
慣れない環境で体調を崩さないよう完全防備で合宿に臨みます。今回の合同練習で自分の悪いところ足りないところを徹底的に解剖し修復する為、『チームカワグチ』出発です!!
Nec_0154 行きの車の中では、全員合同練習に全力で臨める様、睡眠をとって体力を温存しておりました。

少し予定より遅れて石川県の県立武道館に到着。もうすでに皆さん来られており、アップを行っていました。すぐにアップを行い、早速練習試合を行いました。
人数が少ないので湖東錬成館さんに混ぜてもらい試合をすることに・・・・

まず最初に鳳雛塾さんと練習試合を行いました。試合をしてみて、まったくというほど通用しない・・・

何試合か行なった後、星野先生が自分のところに来て、『あの子とあの子をこの子とやらせて下さいダブルヘッダーで!!』と潤と善樹をご指名していただきました。
相手の子も同じくらいの体格のS君。前々から『
動きのいい子だな』と見ていた子なので喜んでお受けしました。実際試合をしてみると、まったく自分の柔道が出来ない。組み手で完全に組み負け要所要所できっちりポイントを奪われていった。最初に試合を行なった潤に『まったく自分の柔道をさせてもらえんかったな・・・くやしいだろう。もっと練習せなあかんなぁ』と伝えた。潤も最近力を付けてきておりまったく通用しなかったことにくやしさを滲ませていた。善樹も同じく何もさせてもらえずにやられ、そのことをノートに記録してふと顔を上げると、なんと潤がやる気満々で開始線に立っている。もう交代の時間だったので下げさせようとしたら『リベンジマッチですか?いいですよ』と星野先生が快く了解してくださいました。この潤の突然の暴走に困惑しながらも試合を見ていましたが、3連続試合してる相手に対して、結果は同じようにまったく通用せずの返り討ち・・・しかし、去年のこの練習試合では負けて凹んでいた子供達も今年はこの負けを何とか次に繋げようという気持がみえました。

次の試合は石川県の窪田柔道倶楽部さんと対戦。このときの試合も同じくまったく自分の柔道が出来ず、何とか防ぐので精一杯でした。豪快な立技で投げられていましたが、それでも負けながら自分の悪いところを直そうとする動きがみられ徐々に自分の動きを取り戻すように動けるようになっていきました。

次に湖東錬成館さんと試合を行ない。課題としている動きが少しずつ出来るようになっていました。特に今回補欠で参加していた善樹の動きが一段とよくなったように思いました。やはり自分と同じ学年・同じ体型の強い相手と触れ合うことで何かをつかむことが出来たのでしょう。
Nec_0158 Nec_0157 最後ほうは、竹野道場さんと湖東錬成館さんと川口道場で乱取り稽古を行なうことになり、今回の試合を反省するかのように自ら強い相手を探しどんどん練習するという姿勢を見ることが出来ました。
Nec_0155 Nec_0159 この一年間で負けても凹まなくなった気持の成長として確認することができました。
1時から4時45分までの合同練習試合で、力の差を嫌というほど見せられましたが、この力の差に対し挑戦しようとする気持が芽生えていたように感じました。この合同練習により得たもの、これはとても大事なことだと思います。本当にこの合同練習会は子供たちにとってとても意味のある経験の場であるとつくづく感じさせられました。

そして練習も終わり、合宿の夜をむかえることになり、ここからは指導者にとって大変意味のある経験をさせていただける時間になっていくのでした・・・・・続く


|

« 第24回羽咋少年柔道親善大会山岸旗争奪戦 | トップページ | 羽咋柔道大会前日懇親会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました。子供達に粘り強さ、しぶとさが増してきましたね。それも川口先生や赤ペン先生の熱い思いが、子供達に伝わっているからだと思います。今後ともよろしくお願い致します。

P.S
合同練習や練習会には、いつでもお声がけ下さい。

投稿: 湖東錬成館・伊藤 | 2008年2月 4日 (月) 18時16分

今回の合同練習に参加した四人の成長を確認できた事だと思います。とても内容のある稽古できて更に自分の弱点を直すように意識した乱取できている生徒達を自分も見習い練習したいと思います。川口先輩の道場の生徒が確実に成長してるのがよく分ります。でも体調管理も大切にしましょう。いい練習に参加して自身を高める為にも必要だと思います。次回の出稽古は大人数で参加できるように頑張ってください。これからの更なる活躍楽しみです。これからも先輩の道場の日記拝見させていただきます。

投稿: 星 哲也 | 2008年2月 4日 (月) 22時34分

星さん、伊藤先生コメントありがとうございます。
今回の合同練習に参加させていただいて本当に力の差を見せ付けられた形になりました。子供達は一生懸命やってきたのにまったく通用しなかったことにショックを受けたことだと思います。しかし、すぐにその力の差を埋めようと努力しだしたので、気持の上での成長を見ることが出来ました。この挫折にくじけぬ心という成長を心からうれしく思いました。
伊藤先生、遠路金沢まで本当にお疲れ様でした。先生からのしぶとくなってきたとのお言葉を励みにさらに精進していきたいと思います。合同練習、練習会のときは必ずご連絡させていただきます。今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2008年2月 5日 (火) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/10246181

この記事へのトラックバック一覧です: 力の差をみせつけられて・・・・:

« 第24回羽咋少年柔道親善大会山岸旗争奪戦 | トップページ | 羽咋柔道大会前日懇親会 »