« 故城寳博之先生を偲ぶ会 | トップページ | 別所文宝堂 チョコレートカステラ »

2007年12月11日 (火)

竹野道場10週年記念パーティー

Dvc00055 平成19年12月9日(日)石川県のアパホテル金沢駅前 一階宴会場において竹野道場10周年記念パーティーが行われました。

竹野道場の竹野先生には、川口先生も自分も大変お世話になり、竹野先生のもと、何年か修行させていただきました。そこで、仕事のこと、柔道の指導のことなどをたくさん教えて頂き、そしてなにより先生の生き様のようなものに大変影響を受けていました。川口先生が道場を開設しようとしたのも、竹野先生の影響が大部分を占めておられるそうです。

このように大変お世話になっていたので喜んで何でもお手伝いしようと考えていたのですが、パーティーの役割分担を話していると、

『司会者は・・・・  お前やってくれ』

と自分にご指名が来た。
160人ぐらい集まる盛大なパーティーの司会者!!『
自分にこんな大役務まるのか!!逃げ出したい。』とも思いましたが、何でもお手伝いしようと思っていたので、

『全力で頑張ります。』

と司会者の依頼をお受けしました。

それからというもの、パーティーの準備に奔走しました。前日の故城寶博之先生を偲ぶ会同様、川口先生と自分は事務局として招待状・席次表などを作成、司会進行スケジュールなどを作成しお手伝いさせていただきました。

そして、パーティー当日。アパホテルで宿泊していたので朝からパーティー準備に追われていました。慣れない作業に大変バタバタしてしまいまして、パーティーの前に全員での写真撮影にだいぶ時間を取られてしまいましたが、何とか無事パーティーが開催されました。

自分の『それでは只今より竹野道場10周年記念パーティーを開催致します。』という開会宣言からパーティーはスタート!!

極度の緊張で、胸がバクバクし、へんな汗が背中をつたいます。
そんな緊張で落ち着かない司会者でしたが、来賓の先生方のご祝辞で、ある来賓の先生が、

『今、学校でも子供たちの心の問題が数多くあり、武道がその心の教育に良いと言う事で必須科目になってくるのですが、中学校の先生で武道の真の意味を子供に伝える事ができる先生が果たして何人いるでしょうか?本当の意味を伝える事ができなければ心の問題は解決されないでしょう。そこで、子供たちの心の問題解決に期待されるのが・・・・・
道場なんです!!』

この言葉を聞いたとき、鳥肌が立ちました。その先生の話方に迫力が在るというのもありますが、少年柔道の指導にここまで期待されているという事に感動し、自分達が一生懸命やっている事に、すごく誇りを持つ事ができました。
Img_1682 この言葉を聞いてから、うそのように緊張がほぐれ、その後の司会進行もスムーズに行なう事ができました。

無事乾杯も終わり、歓談の席へ・・・・

Img_1685 このあとも余興として石川県金沢市でも有名な、大場町潟乃太鼓が披露され大変迫力のある太鼓に会場は大盛り上がり!!

こんな至近距離で、太鼓の演奏を見たことが無く、非常に感動しました。

Img_1698 この後、衆議院議員である馳浩先生がお祝いに駆けつけてくださり、これまた会場を盛り上げてくださいました。

Img_1714 そして急遽、竹野道場の中学生達が『どうしてもこの竹野道場10周年の記念に捧げたい歌がある』との事だったので、予定には無かったのですが歌を歌わせてあげました。

歌は自分も大好きな、ゆずの 『栄光の架橋』!!

中学生が歌っている姿を見ていると我慢できなくなり、司会者という立場でありながら途中で乱入し大熱唱してしまいました。
とんだ迷司会者です・・・・・

そんなこんなもありながら、あっという間に時間は過ぎ、中締めの時間となりました。

道場生を代表し竹野先生の娘さんでありキャプテンであるNさんが、皆さんに言った謝辞で
『柔道を通じて努力する事、継続する事の大切さを沢山の人に支えられながら教えてもらいました。ありがとうございます。』
と立派に話をしている姿を見ていて、昔、指導していた時を思い出し、いつも泣いていたNの姿が思い浮かんできました。それを乗越え今こんなに立派な挨拶が出来るように成長していることにまたまた感動してしまいました。

最後に声高らかに皆で万歳三唱を行い、無事に竹野道場10周年記念パーティーが終了しました。


Dvc00034 記念品として竹野道場に飾ってある 『心技体』 の文字が入っている扇子をいただきました。
扇ぐとお香の香りがただよってくる京都で手作りされた扇子です。使うのがもったいないので部屋に飾っておこうと思います。

準備等は大変でしたが、終わってみるとあっという間で、本当に感動の嵐がおしよせるパーティーだったと思います。自分も司会者としての任を全うでき心底ほっとしております。

Img_1722 最後に竹野先生をはじめ、指導者・保護者・道場生の皆様、10周年おめでとうございます。今までの輝かしい歴史を大事にしつつ、これからのさらなる飛躍を祈念しております。

|

« 故城寳博之先生を偲ぶ会 | トップページ | 別所文宝堂 チョコレートカステラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

竹野先生の道場10周年おめでとうございます。
また、川口先輩、赤ペン先生おつかれさまでした。
竹野先生は、自分の尊敬する先生の一人で学生時代とても厳しく指導いただきました。しかし自分にとりこれらが全て自信となり今日に至っております。私が北信越柔整を卒業する時にいただいた言葉は忘れません。悪口を言われるようにならないとだめだ。この言葉を胸に現在もがんばっています。川口道場の生徒さんと竹野道場の生徒さん、こんなにすばらしい先生に早くから指導受けることができるなんてうらやましいですね。柔道はもちろん、これから立派な社会人になれるようにたくさん指導いただき頑張ってください。これからの活躍期待してます。

投稿: 星 哲也 | 2007年12月12日 (水) 22時08分

二日間御苦労様です と言うより開催までの準備から たぶんまだ終ってないあとかたずけ ほんと御苦労様です 私も 竹野一門 相変らずの結束感 都合により初日だけの参加でしたが感動でした。準備された川口先生、川口一門、金沢の先生方 ありがとうございました。    リン・エイメイ

投稿: リン・エイメイ | 2007年12月13日 (木) 12時48分

竹野先生、道場10周年おめでとうございます。
10周年記念パーティご苦労様でした。
中学生の合唱の時の飛び入り参加は、子供達と心が一つという感じを受けすごく感動いたしました。

赤ペン先生が出てきたときはびっくりしたけど・・・例の踊りかと(笑)

又よろしくお願い致します。

追伸
このたび、当道場ホームページに貴道場様のブログを勝手にリンクさせて頂きました事をお許しください。
まだ、アップしてから間もない赤子ですが、子供達のがんばりを配信していこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

http://www.itouseikotsuin.com/kotorenseikan/


投稿: 湖東錬成館・伊藤 | 2007年12月13日 (木) 14時56分

星さん、リンさん、伊藤先生コメント有難うございます。皆様ご多忙中にもかかわらずご出席いただき誠にありがとうございます。
おかげさまで何とか無事竹野道場10周年記念パーティーを終えることができました。
本当に竹野先生には、お世話になったのでこのように皆様に集まっていただけて盛会に開催できほんとうによかったです。
これからもこの経験を大事にしていき頑張って行きたいです。

リンさんは、これから少年柔道の指導もなさるということで大変だとは思いますが頑張ってください。
尚、川口先生と柔道談議でお酒を飲むとお聞きしたのですが、その時は是非自分も参加させてください・・・

伊藤先生は、ホームページを開設されたそうで更新等大変だとは思いますが頑張ってください。こちらにも早速リンクさせていただきたいと思います。これからもよろしくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2007年12月13日 (木) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/9348793

この記事へのトラックバック一覧です: 竹野道場10週年記念パーティー:

« 故城寳博之先生を偲ぶ会 | トップページ | 別所文宝堂 チョコレートカステラ »