« 醍醐杯前日練習試合 | トップページ | 新しい目標に向かって・・・・ »

2007年11月28日 (水)

醍醐杯当日

11月25日試合当日。

朝6時に朝食を取り、7時30分に会場に向け出発した。会場に着くとたくさんの子供たちが集まり、お祭り状態となっていた。あまりの人の多さに、アップする場所も場内では確保できない感じだった。
第一試合が13試合目だったため、外でアップを行った。

そして向えた第一試合。まずは中学女子チームからであった。川口道場は一人の子が出場できなくなってしまったため、一年生2人での参加。相手は神奈川の朝飛道場。中堅で優が試合を行った。体の大きさはさほど変わらなかったのだが、組み手で相手に振り回されてしまい、まともに組むことが出来ない。一度体落しで惜しい場面があったのだが、最後は低い背負いで一本を取られた。
大将の陽子は、小さい相手の低い背負いに対応できずポイントを奪われ敗れてしまった。陽子の場合は完全に練習不足。中学校に柔道部がなく、週3回の1時間だけの練習ではなかなか思うように体が動かせないでいる。もう少し練習することが出来ればまだまだいい柔道が出来ると思うのだが・・・・

Dvc00049_2 次に低学年の1回戦。相手は三重の久居柔道教室Bとの対戦だった。先鋒侑亮が大外で一本勝ち。次鋒の陽は、相手に有効を奪われていたが、最後まで攻め抜き、時間間際に相手の反則と有効ポイントを奪って逆転勝ち。中堅風太が足技でポイントを奪い押さえ込んで一本勝ち。副将龍も背負いからの寝技で一本勝ち。大将優雅は20kg以上重い相手に最初は振り回されて有効を奪われたが、組際の大内刈りで有効を奪い返し引き分け。
何とか初戦を4-0で勝利することが出来た。

高学年の一回戦は静岡の藤枝柔道倶楽部との対戦。高学年は稜が怪我のため一人少ない状態で戦わなくてはならない。最初の潤は、組み手がまったくできず、何も出来ないまま引き分けてきた。最近立ち技の進歩がぜんぜん見られないのが残念だ。次の悠は、課題の力強い組み手が少しずつ出来るようになってきており、最後は惜しい背負いがあったのだが取りきれず引き分け。次の善樹はけんか四つの相手にどうしても頭を下げて組んでしまうため、組際の内股で技有を奪われてしまった。最後の奈桜は、技に少し変化が見られてきているのだが取りきることができず、結局2-0で敗れてしまった。課題がたくさん残る試合でした。

Dvc00050 低学年の2回戦、相手は神奈川の強豪遠藤道場Aとの対戦だった。先鋒の子は体が小さいのだが、低い背負いを使うため、前に出る侑亮にとって嫌な相手であった。危ない場面がたくさんあったが何とか切り抜け引き分け。次鋒の陽が体の大きな相手から、もつれた所のワンチャンスをキッチリ押さえ込んで一本勝ち。中堅の風太が背負いで一本を奪ってきてくれた。副将の龍は、相手のポイントゲッターと対戦。しかし組際の一本背負いで綺麗に一本を取られてしまった。大将の優雅、ここで一本取られると非常にまずい。しかし3年生の優雅が4年生相手に踏ん張り、気合の引き分け。昨日の練習試合、おとついの児玉杯と絶好調の優雅が頑張ってくれました。これで僅差の2-1で勝利3回戦に駒を進めました。

続く3回戦。相手は全国でも有名な長野の誠心館道場Aと対戦。
先鋒が、大内を返され一本負け。次鋒陽が体の大きな相手から背負いで技有を奪ったのだがそこから守りに入ってしまい、潰されたところを寝技で取られてしまった。中堅風太はすばやい相手から背負いで一本を取ってきた。副将の龍は、動きが早く柔道の上手い選手と対戦。危ない場面も多々あったが気合で引き分けてきた。勝負は大将戦に縺れ込んだ。ここを一本とってやっと代表戦だ。相手は4年生で女の子だがなかなか力強い。前半はおされ気味だったのだが終了間際に優雅の内股で相手が崩れた・・・・が優雅の引き手がすっぽ抜けてしまい、これで試合終了。惜しくも2-1で敗れてしまった。

あと一歩というところで、勝利を逃してしまった。この反省を活かし次の試合で頑張ってもらいたい。
試合を見ていて、低学年の子は最近意識が高くなってきている練習の成果が少しずつ出ていると感じた。違う選手でメンバーを組んでみてもまた違ったいい勝負をしたに違いない。このいい練習を活かし、そして全体的にレベルアップをしていきたいものだ。

Dvc00051 これで川口道場の今年の全国挑戦は終了した。結果から行くとまだまだなのだが、指導者として様々な発見がありとてもためになる試合でした。
また、色々な先生方ともお話させて頂き、少年柔道のあり方、練習方法、そして指導とは何かをお聞きし、今後の練習に活かしていきたいと思いました。
最近少年の指導について自分自身迷いがありそのなかで中途半端な指導となってしまっている部分が多々あったのだが、ある道場の先生の『少年柔道の指導はあせってはダメだ!!』という一言に少し迷いが晴れました。今やるべきことそして、それをつないでいく事が一番大事なのだと感じ、これからの指導を頑張りたいと思った。
また、前日の開会式のときにお話を聞かせてもらった有名道場の先生の迷いや葛藤の心うちを聞かせて頂き子供が強くなることにより出てくる悩みについてものすごく考えさせられました。この答えというのは接する子供達によって違いはっきりした答えなど無いのかもしれません。しかし、その中で『自分が信じているもの、信じてきたもの』を子供たちに伝えていきたいと思います。

来年、またこの地にきて、子供たちが大暴れすることを期待し松本の地を後にしました。

Dvc00052 帰りにはいつも松本の帰りによる、レストラン『グリンデル』にて美味しいチーズハンバーグをたらふく食べて栄養補給。
これでまた来週からビシバシ指導するエネルギーが補給されました。

みんなを強くする為がんばるぞー!!

|

« 醍醐杯前日練習試合 | トップページ | 新しい目標に向かって・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/9145891

この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐杯当日:

« 醍醐杯前日練習試合 | トップページ | 新しい目標に向かって・・・・ »