« 岐阜県食べもの紀行 | トップページ | 赤ペン先生インタビューを受ける!! »

2007年10月10日 (水)

厳しい環境

今日は久々の練習日。久々の練習ということもあり、子供たちは最初から元気のある練習を行なっていた。

最近、一年生の子も高学年の厳しい練習に残って練習したいと言ってきたりと、低学年の子の強くなりたいという気持ちが上がってきている。それは非常に喜ばしいことだ。

しかし、残るというからには高学年と一緒に辛く苦しい練習をやりぬかなくてはならない。高学年の子ですら涙することのある練習をこの子は乗り切ることが出来るだろうか心配であった。

今日の練習の終盤。今日は乱取り稽古をせずひたすら投げ込み・・・

延々と続く投げ込みに多くの子供たちが涙しながら投げ込んでいた。少しでも気の抜いた投げ方をすると、先生に厳しく注意される。

投げるほうが終っても、次は受けをしなくてはならずここでも痛くないように自分から転がるように投げられたりするとまた先生に注意される。

投げても受けても注意されてしまう子の中に1年生の子も入っていた。その子は途中で練習についてこれず座り込んでしまった。
『やっぱりまだ無理だったかな?』
と思いながらも、
『でも自分で最後まで残ると言い出したのだから最後までやらせてやろう』
と思い、その子のそばについててやり最後まで練習を続けさせた。

何とか練習を終えて整列して礼をしたあと、練習で涙していた子供たちを集めて少し話をした。その中に一年生の子も一緒に呼んでいた。集めた子達の練習でのいいところ悪いところを伝え、厳しい練習に立ち向かう心構えを伝えた。一年生のにも練習の途中で座り込んでしまったことを注意し次から頑張るように伝えた。その一年生の子の返事が一番大きくしっかりした返事をしていた。

楽しい練習をすることは非常に大事かもしれない。しかし厳しい環境の中でしか身に付かないものもある。自分から子の厳しい環境に飛び込んできた子達に、少しでも多くことをこの厳しい環境の中から学んでいってもらいたいものです。

|

« 岐阜県食べもの紀行 | トップページ | 赤ペン先生インタビューを受ける!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/8334686

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい環境:

» 参加者インタビュー第24弾~子どもたちと一緒に全国制覇! [夢×挑戦応援団]
「参加者インタビュー」第24回は、“少年柔道・全国制覇”への挑戦について伺いました! [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 10時35分

« 岐阜県食べもの紀行 | トップページ | 赤ペン先生インタビューを受ける!! »