« 夢×挑戦(9月結果報告) | トップページ | 岐阜県食べもの紀行 »

2007年10月 6日 (土)

光と影

久々のブログの更新です。

最近、何かと忙しく家に帰るのが遅くになっていたのでブログを更新することが出来なかったのですが、ようやく仕事も一段落したのでこうしてPCの前に座ることが出来ました。

さて、10月に入ってからの子供達の練習はというと・・・・・

自分の目から見てなかなか良い練習になってきたと思う。辛い夏を乗り越えて肉体的・精神的に強くなったということと、9月の試合遠征、合同練習で見つけた課題克服を意識した練習を行なっており、その効果が徐々に現れてきているようだ。
今まで、負けてばかりいた子が強い子を投げたり、スタミナに不安のある子が元立ちを最後まで力を抜かずにやりぬいたり、寝技にあまり興味を持っていなかった子が試合に負けたことにより寝技の重要性に気付き、今までとは違う力のこもった反復練習を行なっていたり、今まで出来ていなかった子が出来るように変化してきた。
おかげで今まで出来ていた子も、『負けてたまるか!!』と今まで以上に練習に打ち込み全体的にとても活気のある良い練習の雰囲気となってきている。

この光景を見ていると、練習を見ているのも楽しく指導にもついつい熱が入っていく。子供達を指導することがとても楽しく感じていた。

しかし・・・・

自分はこの練習のよい部分、〔 光 〕の部分ばかりを見てしまっており、子供達の中で悩みを抱えている〔 影 〕の部分を見逃していた。正直言うと、その〔 影 〕の部分に気付いてはいたが『まあ、大丈夫だろう』と軽く考えてしまっていた。
指導者とは本来、この〔 影 〕を抱えている子を励まし、支えてあげて〔 光 〕のほうを指さし導いてあげなくてはならない。これが指導者の役割であると、自分なりに信念を持って指導してきたつもりだった。しかし、最近の子供達の頑張りを見ていて、ついつい光の当たる部分ばかり見てしまい、いつしかその影が見えなくなってしまった。

たくさんの子供が集まる場所である道場で、一人ひとり気持ちのなかでの光と影をしっかりみつめ〔 影 〕部分をもっといち早くサポートしていかなくてはならないと感じました。

もう一度〔 初心 〕を忘れず指導をしなければ・・・・

|

« 夢×挑戦(9月結果報告) | トップページ | 岐阜県食べもの紀行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

待ってました!!ブログ更新。
〔 影 〕ありましたよ…うちも。子供ゆえ乗り越えられない壁なのでしょうか。大人の目線で見たらなんでもないことが、子供にしたら『途轍もない』障壁なんでしょうが…。その時の指導者の先生方の言動に子供たちのみならず、親としても何度救われたことか…、期待しています。所詮、子供です。nashi-papaも頑張ります。

投稿: nashi-papa | 2007年10月 8日 (月) 00時05分

nashi-papaさんありがとうございます。
『子供ゆえの壁』
どの世界でも必ず待ち受けていると思います。出来れば自力で乗り越えてもらえたらいいのですが、子供には乗り切るための知識や経験などはありません。
その知識や経験を自分の経験した事から少しでも子供たちに伝え、壁を乗り越えるのを手伝うことができれば・・・
といってもなかなか難しいです。
しかし、子供たちはちょっとしたきっかけで想像以上の力を発揮し成長していきます。
子供達の影の部分を少しでもなくせる様、いろんな角度から光を照らしてあげたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2007年10月 8日 (月) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/8266032

この記事へのトラックバック一覧です: 光と影:

« 夢×挑戦(9月結果報告) | トップページ | 岐阜県食べもの紀行 »