« 世界柔道選手権 | トップページ | 小学生合同錬成大会 »

2007年9月15日 (土)

厳しい幕開け・・・

昨日世界柔道選手権のテレビ放映を練習から帰ってきて見てみた。

問題の井上康生選手と・鈴木桂治選手の試合を見てみると・・・

井上選手の試合はポイントなしで向えた試合終了間際、井上選手の小内で相手を崩し倒したと思った瞬間相手も捨て身で井上選手の軸足を刈りにきた。畳の上で背中をつけて転がったのは井上選手。まあこれは悔しいが、フランスのリナール選手のポイントだったかもしれない。しかし、本当にビミョーな判定だった。

鈴木選手の試合は・・・『えぇー!?』と言った感じだった。試合の中、鈴木選手が組み勝ち場外際で大外で投げた。勢いで投げたあとに鈴木選手が一回転してしまった。と思ったが相手に一本の判定??審判委員に意見を求めた審判団だったが結局鈴木選手の一本負け。
『何で?』と思ったが判定は覆らなかった。

鈴木選手は相当悔しかったと思う。相手を崩し、作り、掛けたのに最後のキメが無かったと言う判断からか最終的に背中をつけた鈴木選手の負けだなんて・・・最初に相手が勢いよく背中をつけたというのに・・・非常に残念だ。

女子の塚田真希選手・中澤さえ選手は共に決勝まで勝ち上がったが、決勝で惜しくも敗れてしまった。特に中澤選手は残り4秒でまさかの逆転負け。くやしい銀メダルとなった。

日本柔道にとっては厳しい幕開けとなってしまった。今日からの日本人選手たちの活躍に期待したい!!

|

« 世界柔道選手権 | トップページ | 小学生合同錬成大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/7947857

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい幕開け・・・:

« 世界柔道選手権 | トップページ | 小学生合同錬成大会 »