« 夏の思い出 | トップページ | 夏の終わり »

2007年8月27日 (月)

全中ベスト8

先日、石川県でお世話になっている先生からお電話を頂いた。山形の地で行われている全国中学生柔道大会の結果を教えてくださった。

この大会に以前指導をお手伝いしていた時の教え子が4人参加しており、そのうちの2人がベスト8に入ったそうだ。その2人とは・・・・

男子55kg級 飯田 達也   

男子73kg級 地崎 亮祐

の2人である。

達也はまだ2年生の身でありながら、思い切った柔道をして次々と勝ち上がり、準々決勝で惜しくも判定で敗れた。この調子で頑張っていって来年また挑戦してもらいたい。

亮祐も勝ち上がっていき、準々決勝で今回優勝したK選手と対戦、片襟から技を繰り出す柔道に自分の柔道をさせてもらえず惜しくも敗れてしまった。

この2人のことを思い出してみると、小学生の時からこの2人は、柔道を心から楽しんでおり、自分から厳しい練習に取り組むといった、自主性のある練習を行なっていた。
あまり、『アレをしろ!!これをやれ!!』といった覚えがない。
だから、自然と練習の中身が濃くなっていき、こういった結果がついてくるのだろう。

これからも柔道を頑張り、更なる成長をしてもらいたい。

|

« 夏の思い出 | トップページ | 夏の終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/7694259

この記事へのトラックバック一覧です: 全中ベスト8:

« 夏の思い出 | トップページ | 夏の終わり »