« 夢×挑戦(5月結果報告) | トップページ | インターハイ福井県予選(柔道) »

2007年6月 2日 (土)

審判勉強会

今日は川口道場2F多目的ルームにおいて審判勉強会が行なわれました。

今回でこの勉強会は2回目となり、今回は5月27日(日)に福井県立武道館で全日本女子強化部長であられる野瀬 清喜先生を招いて開かれた、審判講習会で話された内容に付いて勉強いたしました。

5月27日はマルちゃん杯中部地区予選が行なわれ、自分たちは長野に行っていたためこの講習会を聞くことが出来なかった。そこでこの講習会を受講した三上先生に今回勉強会の講師となっていただき、マルちゃん杯に行っていてこの講習会に出られなかった指導者の方を中心として勉強会を行ないました。

今回は主に国際ルールを中心とした内容で特に新しく導入された審判委員制度『ジュリー制度』のことや、国際審判規定改正点でもある『場外内の判定』の話を聞くことが出来大変ためになりました。

今回の話を聞いて審判の規定というのはこまめに勉強しておかないと付いていけないということが身にしみて解かりました。

柔道は世界195ヶ国で行なわれている競技で、ご存知のとおりオリンピック競技でもあります。全世界の人々に愛されるように C D S M (C=カラフル・D=ダイナミック・S=シンプル・M=マネー)を特徴としコレを残せるようなルールとなるような流れだそうです。

ですから、カラフルの要素である青道着や、解かり難かった場内外の判定なども攻撃の流れであれば場外としないというふうにシンプルに解かりやすく改正されているようです。

今回の勉強会では、いつもとは違う国際ルールの勉強が出来(いつもは少年の講道館ルール)本当にためになりました。

講師を務めて頂いた三上先生、わかりやすくまとめて頂き本当にありがとうございました。

|

« 夢×挑戦(5月結果報告) | トップページ | インターハイ福井県予選(柔道) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/6642807

この記事へのトラックバック一覧です: 審判勉強会:

« 夢×挑戦(5月結果報告) | トップページ | インターハイ福井県予選(柔道) »