« 鯖江三六祭記念柔道大会 | トップページ | 福井県ジュニア柔道体重別選手権大会 »

2007年6月11日 (月)

全力

昨日行なわれた、三六祭記念柔道大会。この日川口稔先生は、長野県で行なわれる北信越形研究会に参加しているため、この大会は自分と善雄先生で引率しなければならなかった。

この大会では皆に一つのテーマを与え試合に臨んだ。

それは『全力を出し切る柔道をする』ということだった。試合に全力を出すと言う事は当たり前のことなのだが、どうしても川口道場の子供達は最初の試合であったり、苦手な相手、強そうな相手の試合であったりした時に、自分の持てる力を出し切れずに試合を終えている子が多いように感じていた。

そこで、今回の試合には『どの試合でも自分の力を出し切る』ということを目標として結果にこだわらず全力でぶつかるよう指示をしていた。

試合前のアップも念入りにしており、子供達も今回の試合のテーマをしっかり理解してくれていた。

いざ試合が始まり、団体戦予選リーグの1回戦、いきなり山場が訪れた。相手は柔整会柔道教室。選手の顔ぶれをみると、以前試合に負けたことのある選手が多く全体的にうちが劣っていた。しかし、今回のテーマを試すには絶好の対戦相手となっていた。

川口道場の子達は、全体的に最初の試合は動きが硬く本来の力を発揮できずにいる事が多いのでとても心配であったが今回は違っていた。
先鋒が、体の大きい子から寝技で技ありを奪い勝利。次鋒はいつも一本負けをしてしまう相手から技ありをとられるもしぶとく粘って技あり負け。中堅は体の大きい子相手から引き分けてきた。副将は実力のある相手に果敢に攻めに行くも抑え込まれて一本負け。大将は5年生の稜が6年生相手に一本勝ちをしてきて、2-2の引き分けでした。

いつもに比べると自分の力を十分に発揮していて、まずまずの試合内容でした。

このあとのリーグ戦で、池田柔道スポーツ少年団・神明柔道教室共に5-0で勝利するも
神明柔道教室との試合の時に次鋒・中堅が有効しかとれず、結局得失点差で予選リーグ敗退となってしまいました。

その後、柔整会柔道教室が決勝リーグを次々と勝ち上がり、決勝戦敦賀市柔道スポーツ少年団に1-0で勝利し優勝を勝ち得ていました。

Dvc00117 午後から個人戦が始まり、1年生から順番に試合が行なわれていきました。内容を見てみるとまだまだ課題が克服できずに同じ負け方をする子が目に付きます。この負けたことに目をそらさずしっかり向き合って課題克服に頑張ってもらいたい。2年生の子達は3人出場して3人ともベスト4に勝ち上がるという快進撃でした。特に、力のある選手や以前負けたことのある選手に対しても臆することなく全力で試合をすることが出来ていたと感じ、まずまずの試合内容でした。

結果は5年の部で斉藤稜が優勝 2年の部で鰐渕湧太が2位 眞浦雄大Dvc00118 が3位という結果でした。全体的に『全力で戦う』というテーマに沿った試合が出来ていたと思うが、まだ3年生の子は全力で戦えていないように感じた。これは日ごろの練習の積み重ねで変わってくるものであるから、日々の練習をがんばり変わっていってもらいたい。

|

« 鯖江三六祭記念柔道大会 | トップページ | 福井県ジュニア柔道体重別選手権大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/6745714

この記事へのトラックバック一覧です: 全力:

« 鯖江三六祭記念柔道大会 | トップページ | 福井県ジュニア柔道体重別選手権大会 »