« 福井県柔道選手権大会 | トップページ | 指導者として・・・ »

2007年1月29日 (月)

挨拶と返事

最近とても気になることがある。それは、子供達の挨拶や返事のことである。

とにかく声がちいさいという事と、やるように言わないとやらない子もいる。ひどい子になると一度目が合ったというのに、目をそらし気付かないふりをする子すらいる。

また、返事も一緒で先生に名前を呼ばれても黙っている子が多く『返事!!』と言われてやっと返事をする。

挨拶や返事というのは、しっかりすることによりお互いの人間関係を良好にし社会的秩序を保つため非常に大事な事である。ましてや柔道には、『自他共栄』の精神があるため特に大事にしなくてはならない。

とはいえ、自分も子供のときに挨拶が出来ていたか・・・・と言われるとそこまで出来ていなかったと思う。
『挨拶をしてもし挨拶を返してもらえなかったらどうしよう』という不安が頭にあり、挨拶をされたら返す程度のものだったような気がする。
返事も『今返事をすればいいところなのか?自分だけ返事をしたら恥ずかしい』などと周りとあわす事が多かった。
要は自信がなかったのだ。相手に合わす事ばかりで正しいことを自信を持って出来なかったと思う。

道場の子供たちには柔道を通じて、正しいことは正しいと周りに流されること無く自信を持って行動してもらいたいし、こういう所で自信を持って行動できる子は柔道でも自信を持った動きが出来てくるとも思う。

柔道の技術ばかりに目を取られずにこういった心の向上も大事にしていきたい。

|

« 福井県柔道選手権大会 | トップページ | 指導者として・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/5133587

この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶と返事:

« 福井県柔道選手権大会 | トップページ | 指導者として・・・ »