トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

大晦日

いよいよ今日で今年も終わってしまう・・・
あっという間に一年が過ぎてしまったように感じる。今年1年いろいろな出来事があり、とても充実した一年となった。

今日は部屋の大掃除も終わり久々にゆっくり過ごすことが出来そうなので、今年1年どんなことがあったのかいろいろと振り返ってみた。
そして、その中で自分で一番印象に残ったのは何か? を考えてみて、自分なりに順位をつけてみた。

題して、『赤ペン先生が選ぶ、平成18年 思い出ベスト10』

第10位
第一回川口道場王座決定戦
これは、夏に川口道場内で低学年(幼児~3年)高学年(4年~6年)に分かれて行なわれた試合で、川口道場内の王座を決める大会である。奮発して持ち回りではあるがトロフィーも購入し、子供達のプライドをかけた戦いが行なわれました。

第9位

坂井町少年柔道団体大会
12月17日に坂井町で行なわれた、3人制の団体戦。幼児・1年の部3位、1・2年の部優勝と2位、3・4年の部優勝と、1年練習してきた成果が結果として出ることの出来た試合でした。

第8位
川口道場納会
これも12月17日試合が終わってから行なわれました。保護者の方がいろいろと準備してくださり子供達と共に本当に楽しませていただきました。この日川口道場年間優秀選手賞を発表し、第一回優秀選手はキャプテンの斉藤優に決まりました。来年は誰が選ばれるのかな?

第7位
全国小学生学年別柔道大会見学
_037_2 これは、今年富山で行なわれた、全国の体重別の個人戦で、川口道場の何人かの希望者とともに全国大会を見学しに行きました。レベルの高い試合を見て、子供達の意識も高くなりました。帰りに海王丸パークにより、子供達と一緒に船の中を探検して遊びました。




第6位
川口先生と山遊び・そして熊と遭遇
_135  福井に来てから、川口先生によく山遊びを教えて頂きました。山菜取り、渓流釣り、そしてバギー福井の大自然を満喫しました。
しかし、渓流釣りに行った際、山奥で野生の熊と遭遇!!
自分でもびっくりするぐらいのスピードで逃げました。(しかも川口先生をおいて・・・)
_025よく、先生に『あの時の逃げ足は速かったな~』と言われています。(´д`)>

_182_2

この後、熊と遭遇。熊のほうが逃げてくれたので何とか無事でした。




第5位
北信越強化合宿&3・4年合同練習会
先日行なわれた北信越強化合宿と3・4年合同練習です。子供達もためになることが多かったのですが、それ以上に自分自身が非常に勉強できた合宿でした。夜の懇親会のとき出した川口道場名物『川口のおでん』が大変好評でした。

第4位
醍醐敏郎杯全国少年柔道錬成大会
今年初参加の醍醐杯。前日の練習試合では全国トップクラスの子供達と試合ができ、子供達にとっていい経験が出来ました。試合も結果こそ出ませんでしたが、次につながる試合が出来ました。

第3位
川口道場夏合宿
Dvc00007 この合宿に石川から竹野道場の子供達も参加していただき、とても内容の濃い練習が出来ました。城宝先生には背負いの入り方などを教わり、子供達にとって大変たくさんの経験をつむことの出来た合宿だったと思います。
この合宿には、前々からうわさでは聞いていた川口道場名物、保護者と指導者による【朝まで懇親会】が行なわれ、一睡もしないまま次の日の朝、階段トレーニングに行くという大変ハードなスケジュールを体験いたしました。

第2位
全国少年武道錬成大会
今年初参加した、東京の日本武道館で行なわれる武道錬成大会です。全国から4000人を超える子供達で行なわれる試合で、高学年・低学年共に出場、高学年は一回戦を4人だけのチームで勝ちあがり、2回戦で敗れたもの大変良い試合をしていました。川口道場の低学年が大健闘。全国の強豪達と堂々と戦い、ベスト8というすばらしい結果を残してきました。

そして堂々の第1位それは・・・

P1010028

長田先生の結婚式!!
子供達みんなお祝いに来てくれました。

長々と読んでいただいてこんなオチですみませんm(_ _)m

こんな感じのブログですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは、皆様良いお年を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

川口道場 代表 川口 稔

今年もいよいよあと二日で年が明けますが、あらためて一年を振り返ってみて思うことは道場の子供達が、すごくたくましくなったように思える事です。
今年4月から長田先生が指導者に加わり、昨年より試合・出稽古等の回数が増え子供達には沢山の経験を積ます事が出来ました。
その経験を子供達が100%とは言わないが60~70%は吸収出来たのではないかと思います。(パーセンテージが少し低い子もいるかもしれないが・・・笑)
その試練をこなしてきた子供達は一回り大きくなってまた来年、今年以上の試練に立ち向かって行ってもらいたいのが、来年の目標でもあり指導者としての願いでもあります。

本当に今年一年色々な道場・スポ少・柔道教室の先生方に大変お世話になりました、特に竹野先生には人一倍のご指導・ご鞭撻を頂き、練習内容にいきずまった時などは出稽古に出向き色々なお話を聞かせていただきました。本当にありがとうございました。

まだまだ若輩な私と道場ですが、また来年も勉強させて頂きますのでどうか来年もよろしくお願い致します。

最後になりますが、ブログをご覧の皆様・今年一年お世話になった指導者の先生方、よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

大掃除

今日は子供達と道場掃除をした。

昨日で今年の練習が最後だったので、今日は高学年で大掃除を行なうことにした。

午後7時、子供達が集まると、整列させ今日は何をするのかを子供達に言った。道着を着てないがために、遊び半分で来ている子がいるかもしれないので最初に釘を刺しておいた。そして
『一年間柔道をやって楽しい思いが出来たのは、ここにいる練習の相手をしてくれるみんなと、練習することが出来るこの道場があるからだ。その道場に感謝しながら、一生懸命掃除をしなさい。』
と伝えて掃除を始めた。

みんな、遊ぶことなく頑張って道場をきれいにしていた。子供達にも少しずつ、何に対しても感謝する心がわかってきているようだ。おかげで思っていたより早い時間に終わることが出来た。

Dvc00014最後に子供達にお菓子を配り、外に出てみるとなんと、一面真白になっていた。雪が降るとは聞いていたが、この1時間ぐらいにだいぶ積もったようだ。

はしゃぐ子供達を尻目に、『明日は雪かきか~』とため息をついて雪の舞う空を見上げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同練習3日目

12月25日、3日間の合同練習もいよいよ最終日。
この日は午前中のみの練習だ。
平日の朝と言うこともあって、子供を武道館まで送っていけないと言うことなので、子供を迎えに行き武道館へ向かった。

平日ということで、参加者は24日に比べだいぶ少なかったせいか道場が一段と寒く感じた。この日、川口先生は整骨院の業務があるため、自分が練習を任された。
練習が始まり、3日目ということでマンネリ化してきたのか、いまひとつ良い練習ができていない。しゃべったり、遊んだりしている子もいた。
そこで、少しやり方を変えてみた。やってることは乱取り中心の練習なのだが、ハンデをつけてやったり、勝ち抜けにしてやったり。
ほんのちょっとの変化で動きが良くなってきた。最後の練習の時は、どの道場の子供たちも、大きな声をだし、本当にいい練習をしていた。

この3日間の合同練習で、いろいろな課題、そして子供達の成長を確認することが出来た。それ以上に指導者としていろいろな勉強をさせていただいた。
子供達を含め自分自身にとっても大変意義のある合宿だったと思う。

今回合同練習に参加していただいた先生の皆様、そして子供達。

本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月27日 (水)

北信越強化合宿懇親会

12月24日(日) その2

この日の夜に、北信越強化合宿場で懇親会が開かれ、川口 稔先生と自分もお手伝いを兼ねて参加させていただきました。

北信越強化指導員の先生方のためになるお話や、貴重な経験談などを聞かせて頂き大変勉強になりました。
また、この日行なわれた北信越小学校錬成大会の審判の反省会などで意見を交換させていただき、組み合わない柔道に対する審判のあり方などについて熱くお話させていただきました。

熱く柔道談議をされている先生方を見ていて、
『あの子供達の強くなろうという意識の高さは、この熱い先生たちの思いによって育てられているんだなぁ』とつくづく思った。
そして、この熱い思いを自分も見習い、子供達に伝えていこうと心に誓い、熱く燃えてきたのでしたが・・・
ある先生が『今回の合宿の事を嫁に話したら、怒ってしまい離婚寸前で・・・・』と言う話を聞いたとき、一気に熱く燃えた心が、背筋の寒気へと変わってしまった。

今年の9月に結婚したのだが、柔道の練習、試合、遠征、合宿などで、嫁と、まる一日 一緒いたのはまだ2日しかない。クリスマスも今回の合宿で無くなっている。

懇親会が終わり、帰りの車の中で『ヤバイ、明日はわが身かも?』と思いながら、家路に着いた。  そして次の日・・・
朝ごはんの準備と後片付けを手伝い、さっそくご機嫌をとってみました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

第2回北信越小学校柔道練成大会

12月24日(日)に、福井県立武道館において北信越小学生柔道練成大会が行なわれました。男女別で、5・6年合同の軽量級(40kg以下)、中量級(50kg以下)、重量級(50kg超)の階級で争われました。結果は以下のとおりです。

男子軽量級
優勝 竹内 文汰 (三国)   2位 平原 佑太 (鳳趨塾)
3位  吉岡 潤  (三国)   3位 坂本 裕大 (田中錬成塾)

男子中量級
優勝 長野 章太郎 (誠心館)   2位 澤 建志郎 (坂田道場)
3位  松林 輝親 (東御市東部) 3位 小林 誠也 (坂田道場)

男子重量級
優勝 宮川 嘉軌 (敦賀)    2位 林 孝樹 (共栄塾中田)
3位  前野 玲音 (加賀)     3位 石井 湧磨 (見附柔道クラブ)

女子軽量級
優勝 仲保 あかり (金井Jr)    2位 岩井 美樹 (三国)
3位  宮入 麻季華 (開示塾)   3位 橋本 菜那 (三国)

女子中量級
優勝 田中 夏子 (竹野道場)  2位 石川 捧那 (両津)
3位  守屋 麻実 (懇心館道場) 3位 本野 美樹 (窪田柔道倶楽部)

女子重量級
優勝 長内 香月 (さくら道場)   2位 山田 柊子 (坂田道場)
3位  橋高 朱里 (窪田柔道倶楽部) 3位 山岸 萌貴 (三島)

川口道場からも、北信越強化選手として東 陽子、福井県強化選手として西出裕哉が試合に出場しました。
陽子は一回戦で判定負け、最近休みがちだったため力を出し切れないまま敗れた感じがした。
裕哉は一回戦を小外で勝ち上がり、二回戦で優勝した宮川君に敗れました。結果は出ませんでしたが、宮川君に全力でぶつかっていけたのはよかったと思う。

この経験を生かして、これからも頑張ってもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

合同練習2日目

12月24日(日)
合同練習2日目の朝、6:00起床だったが若干寝坊6:15分に起きて朝トレーニングの準備をした。子供達も眠そうにしていたが、薄暗い外に出て体操をしたら_022シャキンとしてきた。川口道場の子も2人合宿に参加(本当は3人だったのだが1人腹痛でリタイヤ)して一 緒にトレーニングをした。トレーニングはいつも川口道場が利用させてもらっている。神社の階段トレーニングをすることにした。秋頃から、日が短くなってきたという事と、熊が出るということで最近は道場内でトレーニングをすることが多かったが、せっかく県外から来てもらっているので久しぶりにやることにした。120段の階段をダッシュすることは慣れていない子には相当堪えたらしく、なかなかいいトレーニングとなった。
トレーニングの後すぐに朝ごはんを食べ、県立武道館へと向かった。午前中の練習は、試合練習を中心に行なうことにした。6試合場ほど作りどんどん試合を行い、いろいろなタイプの柔道を見ることが出来た。時間いっぱい試合練習をして、川口道場の子には相当きつかったようだ。
しかし、練習が終わってから、県外から来た子供達は道場の端から端まで移動投げ込みを始めた。すかさず、川口道場の子供達に『意識の高い子供達はこんだけ練習するから強いんだ。どうだ、お前らも一緒にやるか?』と聞いてみた。しかし、みんな目をそらす・・・ 最近少しずつ意識が上がってきているのだが、まだ強くなりたいという貪欲さが足りない。結局『もういい、飯食ってこい』と言って下がらせた。
県外の子供達は2試合場以上の距離を延々と20分ぐらい投げ込み、練習を終えた。練習後、竹野道場の城宝先生が、『せっかく来ているのに、たらたらやるんじゃない。先生に言われたから、先生が怖いからやっているんでは、強くなれない』と厳しく言っていた。やはり、この徹底した意識付けが、たくましくそして強い子供達を育てるのだと大変勉強になった。

午後から大道場のほうで、北信越小学生柔道練成大会が行なわれるのでそちらの審判にいった。さすがに北信越の強化選手だけあって、小学生離れした動き、そして技をかけていて、川口道場はまだまだ練習しなければいけないと感じた。
小道場では3・4年生は引き続き練習しており、それは見みることはできなかったのだが、川口道場の子は、県外の子がやっていた練習から逃げたことが自分達でも悔しかったらしく一生懸命やっていたようだ。この経験が少しづつではあるが、子供達を強くしてくれるだろう。

県外から来てくれた子供達は、この日で練習を終えて帰っていった。子供達以上に自分がとてもいい意識付けをしてもらうことが出来た大変ためになる合同練習だった。

各道場の先生方また、いろいろとお手伝いをして下さった保護者の方、そして意識の高い子供達、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同練習1日目

12月23・24・25日に、福井県立武道館で小学5・6年生を対象とした北信越の強化合宿が行われた。それに合わせて、隣の小道場で小学3・4年生を対象とした合同練習を行ないました。福井県から8団体ほど参加し、県外からも石川、兵庫、大阪から子供達が参加してくれました。

12月23日(土)
この日は、県外から練習に参加してくれる子供達が川口道場で合宿するため、朝からその準備に追われていた。何とか準備も終わり、午後から始まる合同練習に間に合うことが出来た。練習が始まり、寒い道場があっという間に子供達の熱気に包まれた。県外から参加してくれている子供達は、一つ一つの動きが洗練されており、とても意識の高い練習をしていた。川口道場の子供達にとってとても参考になり、そしてたくさんの課題を見つけることができ、とても意義のある練習になったと思う。

Dvc00012_2Dvc00011練習も終わり、県外の子供達をつれて川口道場に帰ってきた。すぐにお風呂に入り、みん なおまちかねの夕食タイム。夕食は川口先生のご両親が作ってくれた特製のカレーライス。実は川口先生のご両親は今年の9月まで食堂を経営しており、大変おいしいカレーライスにみんな大満足。あっという間にたいらげていました。


ご飯も食べ終わり、子供達を寝かしつけると、ここからは大人の時間。道場の2階で指導者と保護者による、夜の柔道会議の始まりです。大変ためになる柔道の話や、いろいろな楽しい話、はたまたカメムシトークで大盛り上がり。時間の経つのを忘れて楽しい夜に酔いしれました。気がつくと、もう時間は朝の3:00。ヤバイ、朝6:00から朝練なのに・・・『朝きちんと起きれるだろうか』と、不安がりながら目覚ましをセットし自分の布団にもぐりこみ、眠りにつきました。      

_209_3見にくいですが、大盛り上がりをしたカメムシ君です。刺激を与えると、強烈なにおいを出して身を守ろうとする虫で、冬場寒くなってくると民家の屋根裏などで冬眠し、春先になると大量に道場に姿を現します。川口道場の宿敵です。今のところ退治するすべが無く、そーっと逃がすだけに甘んじておりますが、いずれ完全に退治してやろうと、日々研究しております。春頃から始まる【カメムシ大戦日記】 乞うご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

もうすぐクリスマス

もうすぐクリスマス。
あちらこちらで、ネオンが輝き、クリスマスソングが流れている。

しかし、明日から北信越強化合宿プラス、川口道場で竹野道場・津幡少年柔道教室・稲美創武館の3・4年生合同合宿がある。
他の小学生が楽しく遊んでいるその間に強くなるため頑張る子供たち。君たちにはきっとサンタさんが『強さ』というプレゼントをくれるだろう。

みんながんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

師走

最近、時間がたつのがものすごくはやく感じる。

今週末から、北信越強化合宿が始まるが、その日に合わせて、3・4年生の合同練習を企画した。県外からも参加してもらうということで、川口道場に泊まってもらい、23・24日と練習に参加してもらう事になっており、ここ最近では合宿の準備に追われていた。

そのほかに、1月14日に川口道場主催の合同練習試合会を行うため、その準備を進めなくてはならず、仕事の合間を見つけては少しずつ準備をしているため、1日があっという間に終わってしまう。

後、年賀状も作らなくては・・・・・  もう日が無い(>д<)

師走とは、本当によく言ったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

北信越強化合宿

今週末から、23・24・25日と北信越強化合宿がある。川口道場からも一人女の子が合宿に参加する。その子は柔道を始めてまだ1年たっていないのだが、体が大きく強化選手に選ばれた。たぶん参加する強化選手の中で一番弱いのではないだろうか。やられてもやられても、頑張ってやりぬきたくましくなって帰ってきてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

川口道場納会

昨日は、坂井町の試合が終わったあと、川口道場にて納会が行われた。子供たちが試合で頑張ってくれたおかげで、心から楽しめる納会となった。

まず、川口先生が代表挨拶をして、次にサプライズ企画として川口道場年間優秀選手賞授賞式を行った。この賞は年間を通じて一番強くなろうと志していた者に与えられる賞で何人か候補があがり、誰に与えるのか大変悩んだのだが指導者で話し合った結果キャプテンの優に道着をプレゼントした。

その後、乾杯をしておいしい食べ物をたくさん頂き、ビンゴゲームでみんなで大盛り上がりをした。

この子供たちがはしゃぎまわる光景をみながら、最初は目的も個人差があり、ばらばらだった子供たちも少しずつ同じ目的(強くなること)を志し、つらい事、楽しいことを共有することが出来てきているように感じた。

中締めが終わった後も一部の保護者の方とお酒を飲みながらお話していて、本当に楽しい時間をすごさせてもらった。保護者の方にはいつも色々と手伝っていただき今回の納会もとても盛大に行うことが出来たと思う。本当にありがたいことだ。

この子供たち・保護者・そして指導者が同じ目標を持ちまとまることが出来たら、またひとつ成長した川口道場になるだろう。そういうふうに同じ志をもてるような環境づくりが出来るよう頑張っていきたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

坂井町少年柔道団体大会

今日、坂井町武道館において坂井町少年柔道団体大会が行われた。この大会は、丸岡地区の幼児~中学生までの子供たちで行われる大会で、幼・1年の部、1・2年の部、3・4年の部、5・6年の部、中学生の部にわかれ体重の軽いものから並ぶ3人制の団体の試合である。川口道場からは最近柔道を始めたものを含め、全員参加できるため大変ありがたい試合である。

試合結果は・・・

幼・1年の部  第3位

Dvc00002 先鋒  蔵田 侑亮(幼児)

中堅  矢崎 照大(1年)

大将  荒谷 茉里(1年)

特に先鋒の侑亮は全勝で大活躍でした。

小学生1・2年の部   優 勝

Dvc00005 先鋒  佐々木 風太(2年)

中堅  竹内 優雅(2年)

大将  北野 港斗(1年)

先鋒の風太はポイントゲッターとして全試合一本勝ちでした。

小学生1・2年の部  準優勝

Dvc00003 先鋒  梨木 陽(1年)

中堅  鰐渕 湧太(1年)

大将  眞浦 雄大(1年)

中堅、湧太が全勝でした。

小学生3・4年の部  優 勝

Dvc00006 先鋒  荒谷 潤(4年)

中堅  斉藤 稜(4年)

大将  長谷川 奈桜(4年)

中堅稜が全勝でしたが内容がイマイチ、新人の奈桜が大活躍。

という結果でした。

他にも、中学女子でいつも練習に来ている本谷紅葉のいる春江中学も優勝という今年最後の試合をなかなかいい形で終えることが出来た。

しかし、初めて試合に出たものは別として、試合内容は悪かったと思う。試合前のアップからダラダラしていたし、そのせいか高学年は、自分の力を出し切れていないように感じた。どのような場所、どのような相手にも自分の力を十分に発揮できるよう、この結果に満足することなく、これからもがんばってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

試合直前

いよいよ明日は、今年最後の試合だ。今年一年の集大成として、なんとしてでも結果がほしいところである。

しかし、なぜか妙な胸騒ぎがする。試合前の一週間、主力選手が風邪で立て続けに何人も休んでいる。いまだに体調がすっきりしていない選手が多い。それに加えて最近の練習だが、気迫のこもった練習が出来ていないような気がする。新しく入ってきた選手のデビュー戦ということもあって、新入門生に付きっ切りになり全体の練習を見ることがあまり出来なかったということもあるが、子ども自身がこんかいの試合何が何でも勝ちに行くぞ!!という気持ちがあまり伝わってこない。

しかし今さらジタバタしても始まらない。子供たちを信じて見守るしかない。自分の思い過ごしであれば良いのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

2006年11月26日 醍醐敏郎杯全国少年柔道錬成大会

川口道場では大きな大会のあとに、その大会の内容を文章にして試合に出れなかった子供たちに、結果報告をしています。そうする事により道場が一丸となり、みんなが強くなる事を志せるよう、この様にしています。

11回醍醐敏郎杯全国少年柔道練成大会

1126日、長野県松本市の松本市総合体育館において、全国少年柔道練成大会が行われました。福井県からは川口道場を含め6チームが参加し、全国からは194チーム、小学生1年生から中学生まで総勢2700人以上の子供たちが集まり熱戦を繰広げました。結果は以下のとおりです。

高学年 1回戦

川口道場      1―2  あすなろクラブB(大阪)    

先鋒 梨木 悠  △支え釣込足○  石崎信太郎   

次鋒 斉藤 優  △有    効○  田村 悠人

中堅 高島 明里   引き分け    石田 渉 

副将 西出 裕哉 ○ 横四方固 △  長束 啓樹

大将 東 陽子    引き分け    桐山 吾尚   

                     

高学年の第一試合は、大阪のあすなろクラブBとの戦いとなった。まず先峰の悠だが、5年生が相手だったと言う事もあったが、試合開始すぐに支え釣込足で簡単に1本を取られてしまった。最近はだいぶ強い気持ちを前にだすことが出来る様になってきた悠だったが、まだ勝負できるまで成長しきれていなかった。次鋒の優は、もつれた所で有効を取られてしまった。どうしても、もつれた所で力負けしてしまう。しかし、今までならここで押さえ込まれて1本負けなのだが、ここからしぶとく粘って何とか有効だけでしのいできた。優はキャプテンとしていつも一生懸命やっており、体力で劣る分を気持ちでカバーすることの出来る選手だ。そういう練習が身を結んできた結果、1本を取られないしぶとさにつながったのだろう。中堅の明里は開始から相手より先々に技をかけ相手のペースにさせなかった。実力のある選手だったが、終始明里のペースで試合を引き分けてきた。明里は天性の受けずよさがあり、集中力もあるため先が楽しみである。副将の裕哉は、組み手のうまい相手とあたったがポイントゲッターとしてきっちりと押さえ込み1本を取ってきた。

今までは取れそうで取れないという詰の甘いところがあったが、ようやくポイントゲッターとしての力がついてきたようだ。最後に大将の陽子だが、ここを技あり以上で勝つとチームの逆転勝ちになるところであったが、相手にうまいこと逃げられ引き分けられてしまった。陽子も最近寝技に力をつけてきており、後もう少しというところまで追い込んだものの後一歩というところで逃げられてしまった。しかし、最近の試合では一番積極的に攻めていたように感じた。

高学年チームは敗れたものの、一人ひとりの課題となっていたところが確実に直っておりこの短期間で著しい成長をとげた。この調子で成長していけば、必ず近いうちに結果が出てくるであろう。

低学年1回戦

   川口道場    ②―2  松前柔道塾B

先鋒 北野 港斗 ○ 横四方固  彌永 貫至

次鋒 佐々木風太    体落し  ○村田 圭祐

中堅 蔵田 龍    横四方固 ○冨田 若春

副将 荒谷 潤    引き分け  石田 隼太

大将 斉藤 稜  ○ 上四方固  内田 元

代表 斉藤 稜  ○ 上四方固  内田 元

 

低学年は初戦から厳しい相手だった。松前柔道塾、東京の名門中の名門で、小学生から一般まで全国でも有名な強豪である。Bチームであるといっても、1回戦を5-0で圧倒して勝ちあがってきた。

そして注目の先鋒戦、うちが勝つにはここをどうしても勝ちたい所で港斗が、値千金の1本勝ち。動き回る相手を足技で崩しきっちり抑え込んで1本勝ちをしてきた。

次の次鋒戦は相手が53kgと大柄の選手、開始早々投げられてしまい1本負け。風太は大きい相手に気持ちで向かっていききれてなかったように思える。

中堅の龍の相手も45kgと大柄の選手、龍は気持ちを前に出し、向かっていけたがひねり潰され抑えられて敗れた。

もう後がない副将戦。相手は多彩な技を持ち切れ味抜群の選手。ここで負けたらチームの負けが決まる戦いだった。潤はこれまでの課題であった組手がきっちりしており、しっかり集中して強い相手に一歩も引かなかった。そして何とか引き分けてきた。

あとは運命の大将戦、ここは1本勝ちしか許されない厳しい戦いだった。相手も向うのポイントゲッターで力強い。開始早々、相手に振り回されもうだめかと思われたが、一瞬の隙を突いて小外で有効を奪い抑え込んで1本勝ち。

勝負は代表戦へともつれこんだ。代表戦も同じ相手となったが、乗りに乗った稜が払い腰で投げ、そして抑え込みなんとか1回戦を勝ちあがった。正直、前日の練習試合で松前柔道塾の試合を観ていて、松前柔道塾に勝てるとは思っていなかったため、子供たちの成長ぶりにただただ驚かされた。

低学年2回戦

   川口道場      1―3   羽田野道場A

先鋒 北野 港斗   一本背負い○  太田 皓己

次鋒 佐々木風太  袖釣込み腰〇  朝倉 健五

中堅 蔵田 龍    けさ固め ○  平松幸一郎

副将 荒谷 潤    引き分け    加藤 誠貴

大将 斉藤 稜  ○ 払い腰    朝倉 三捺

2回戦目の相手は愛知の強豪羽田野道場。1月の豊川杯を主催している道場で、今低学年がものすごく力を持っているチームだ。チームの力的に1回戦より劣るチームだが、相性がうちと非常に悪い。川口道場はしっかり持って一本を取る柔道を目指しているが、相手は組際の技に力を持っており一本背負い、小内巻き込み、谷落としなど川口道場では使わない技を主として攻めてくるところだった。

先鋒の港斗は、1回も組む事ができず、相手の一本背負いで有効を取られてしまい痛い優勢負け。

次鋒で取り返そうと思っていたが、相手の袖釣込み腰に乗ってしまい、有効を逆に取られてしまった。それを取り返そうとそのあと風太も攻めたが、焦ってしまいバタバタになりそのまま有効負けとなってしまった。

龍に勝負が掛かってきたが相手の選手は愛知でも有名な軽量級の選手で、前半は善戦したものの、一瞬の隙を突かれ抑え込まれて敗れた。

潤は、勝負が決まっていたが集中力を切らず、谷落としや一本背負いをしのぎ引き分け。

稜は逃げる相手から払い腰で1本を取ってきた。これで川口道場の醍醐杯への挑戦は終わった。

大会全体を通じて感じた事は、夏頃にくらべ選手たちが一人一人きちんと自分に課題を持って練習してきたという事がよくわかる試合だった。悪い癖や気持ちの弱さなどが克服されており、子供たちの成長にとてもおどろかされた。とくに前日の練習試合などで6試合ほど全国の有名な道場とやらせてもらったが、港斗、潤、稜、裕哉などは全国でも十分に戦える力を持っていた。これからが楽しみである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

怒ると叱る

前回のブログを書いていてふと思い出したことがある。それは先週の日曜日のこと。久しぶりの休日だったので、ユニバーサルスタジオにはじめて行って来た。その順番待ちをしている時に見かけた親子のことである。

ある親子は、子供が好き勝手暴れていて周りの人に明らかに迷惑をかけているにもかかわらず、自分の携帯のメールを一心不乱で打っている。

またある親子は、子供が疲れてしまって座り込んでいるのを、『早よ来んかい、パレードが見れんやろが』と大声で怒鳴ってしかも持っていた棒のようなもので殴っていた。

片方は、子供のやっていることに、ましてや人に迷惑をかけているのに叱りもしない親

もう片方は、自分の都合だけで、子供に感情をぶつけ、怒りつける親

自分はまだ、親になっていないので実際子供を持つという大変さがわからないが、子供を預かる身として、このような、自分の感情だけで『怒る』ことの無いよう、また悪いことは悪いと『叱る』ことの出来るような指導者になりたいものである。

Img_1129

>ユニバーサルスタジオ内にある日本一高いクリスマスツリー点灯式のときの写真です。

美しい歌声の中、鮮やかに輝くツリーにしばし心を奪われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

楽しい柔道

今日は練習が開始すると同時に2人の一年生を厳しく叱った。

というのは、先週の土曜日に2年生以上が石川県に出稽古に行っているとき、川口道場に金井学園Jrの幼児と一年生が出稽古に来ていた。その時にこの一年生の2人が終始遊びまわっていたということだったのだ。この2人は大変仲がよく、いつも一回は注意されていた。そのたびに、なぜ遊んではいけないのかを毎回注意していたのだが、また同じようなことで遊んでいたらしく、今回は厳しい罰を与えた。

罰を受け終わり、汗だくになって目に涙を浮かべている2人に、『なぜ遊んではいけないのだ?』と聞いてみると、『柔道をやっている時に遊んだりふざけたりすると、強くなれないし怪我をしてしまったり、させてしまったりするからです。』としっかり自分の目を見て答えた。

小学一年生、まだまだ遊びたい盛りである。何か興味ひくことがあるとすぐにでも飛びついてしまう年齢だ。それでも、何が正しくそして何をしなくてはならないのか、それを根気良く、時には厳しくしてでも正してやらなくてはならない。そうすることで柔道を通じいろいろなことが学べると思う。

人によっては、『この年頃の子供には柔道を楽しませて教えなくてはいけないから、厳しく怒らなくても良い』という考えの人も多いと思う。しかし、楽しい柔道とは何だろう?子供を自由に遊ばせることが柔道を楽しませるという事なのだろうか?自分は違うと思う。

柔道を通じて、今まで出来なかったこと、うまくいかなかったことを、少しずつ出来るように成長する。その出来なかった課題を《克服》することで喜びを感じる。それが自分なりの楽しい柔道である。子供たちには、柔道を好きになってもらいたいし、こういう風に柔道を楽しんでもらいたい。

一年生にはまだまだ伝わりにくいとは思うが、少しずつ根気よく自分なりの楽しい柔道を伝えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

出稽古

今日は、石川にある強豪道場に出稽古に行かせてもらった。以前に、この道場の先生のもとで川口先生も自分もお手伝いをさせてもらった事もあり、道場に対する考え方や指導のあり方などをここで学んだ。そういう関係から、よく出稽古に行かせてもらっている。

今回も12月17日に試合があり、初めて試合に出る子に、違う環境でも力を発揮できるよう強豪道場の練習を経験させたいという事と、最近大きな試合が終わり一息ついている上級生に気合を入れ直させたいという2つの事を目標にお邪魔させてもらった。

練習が始まり、初めて出稽古を経験する子は、何度も投げられて、押え込まれてぼろぼろにやられても、一人も脱落することなく練習をやり遂げることができ、何とか目標は達成されていた。

しかし上級生は、何度か出稽古を経験することにより出てきている気持ちの余裕のせいか、気迫を前面に出すこともなく、ナーナーの練習をしていた。せっかく出稽古に来ているのにまったく意味がない。仕方がないので、川口先生と話した結果、『囲み練習』をして貰う事にした。

『囲み練習』・・・一人の子をみんなで囲み、その子が周りの子と戦うという鬼のような練習である。その練習をして少し気迫のある良い練習をすることが出来た。しかし、良い練習といってもそれは所詮やらされている練習。自分で強くなるという意識をもってする練習には遠く及ばない。

毎回『自分のための練習』の重要性を伝えているのだが、これは自分で気付いて貰わない事には実践できないだろう。その事にはやく気付いてほしい。

今日の出稽古がひとつの キッカケ になってくれればいいのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口道場・一般の部

きのうは、幼児から一般まで全員の練習日。月曜日は、低学年19:00~20:00、 高学年19:00~21:00、水曜日は、低学年19:00~20:00、 高学年19:00~21:00、 中学・一般21:00~22:00 金曜日は全学年、 19:00~21:00、 中学・一般 21:00~22:00という具合に時間帯によって分けて練習している。

昨日は、小学生全学年ということで、40畳ほどの道場がいっぱいになり、活気のある練習が行われた。小学生の練習はある程度の流れができ、短い時間の中、目いっぱいの練習が出来ていると思う。

しかし・・・ 中学・一般の練習はちょっと寂しいものがある。昨日は中学生2人、高校生1人・一般1人・・・ 

以上である。さっきまでいっぱいだった道場が、とても広く感じる。本当に少ない。しかし、少ない人数ながら、一生懸命練習している。

一人の子は春江からわざわざ20分ほどかけて練習にやってくる女の子だ。柔道が大好きらしく、『強くなりたい』という気持ちを前面に出している子だ。この間の県の新人戦も優勝している。他の子は兄弟で、気持ちの優しい子なので、あまり激しい練習はまだ出来ていないが、何とか練習にがんばってついてきている。

この子達のためにも、もっといい練習環境を作ってあげたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

自分の練習日

昨日は、自分の練習の日。仕事が終わったら軽くご飯を食べ、車で20分走って、春江にある武道館へ行った。毎週月・木の21:00~22:00まで一般の練習をしており、毎週木曜は川口道場の練習がないため、ここで練習させてもらっている。とても一般が盛んなところで多い時には20人以上の高校・大学生・一般の人たちが汗を流している。昨日もいい練習をさせていただいた。

話は変わるのだが、昨日ある先生からホームページを見たとの連絡をいただいた。初めて間もないのだが、もう見ていただいているとは驚きだった。だが、『あれは、ホームページじゃなく、ブログって言うんだぞ』というご指摘を頂いた。確かに、自分でも『これってブログじゃねーの』と思っていたのだが、これを始めるにあたって、本屋で〈ぜったいデキます!ホームページ作り〉という本を購入しその通りに作ったため、『これもホームページなんだろうな』と思っていた。

そこで自分なりにホームページとブログの違いを調べてみた。すると・・・ 

ブログ=日記」と思われている方が多いようなのですが、ブログは日記を書くだけのツールではありません。

個人の日記とし急速に普及したため、そのイメージが強いのですが、ビジネスでも積極的に利用されており、様々な場面で活用されています。

では、従来のホームページとはどのように違うかと言うと.....

結論から先に言うと、ブログはホームページの進化した1つの形態にすぎません。

ブログ」は特別なものではなく、進化した「最新型のホームページ」とご理解ください。
やはり「最新型」ですから「従来型」に比べると、便利な機能が沢山追加されています。

という事らしい。進化したホームページ、最新型のホームページのことをブログという・・・

『やっぱ結局ブログじゃねーか!!』ということで、ブログに修正させて頂きます。初めてなのでわからないことばかりなのですが、ご了承くださいm(--)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

影響力

昨日の練習前、川口道場のキャプテンをやっている子の親から電話があった。なにやら身内に不幸があったらしく『練習を休みたい』とのことだった。川口道場のキャプテン、お世辞にでも強いとはいえないキャシャな女の子だ。最初の頃は、少し厳しくしたらすぐ泣いたり、怖がったりしていた子だったが、石川にある強豪道場に出稽古に行き、そこのキャプテンの子を見てからというもの、影響を受けたのかみるみるたくましくなっていった子だった。自分の練習も一生懸命するし、周りにもしっかり声だしをさせ、良い練習の雰囲気をしっかり作っていた。今思えば、休むのは今年度になって初めてなのではないだろうか。昨日は、ほかの6年生に仕切らせて練習を始めた。しかし、声は出ないし、動きはだらだらしているし、まったくいい練習にはなっていなかった。キャプテンが独りいないだけで、こんなにも変わってしまうとは『意識の高い子の与える影響力とは大変なもんだなぁ』、と強く思った。まだ、先生が見たり、言ったりしないといい練習が出来ない子がたくさんいるのが現状だが、意識の高い子が少しずつ増えているのも確かだ。ひとり、ひとりが強くなることを志し、より良いほうに影響していってもらえれば・・・・・まだまだこれからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

昨日は練習日

久しぶりに子供達と乱取りをしていい汗をかきました。最近、風邪をひいたり急性胃炎になったりと、体調を崩していたのであまり体を動かせていませんでした。だから久しぶりに汗をかいたらなかなか清々しいものがありました。

子供達と練習して、また練習を見てみて、つくづく子供の成長の速さというものにおどろかされる。4月に道場に来て指導し始めた頃は、練習中に2回も3回もトイレに行っていた子が、自分より強い子に歯を食いしばりながら向かっていく姿や、出来ないことがあるとすぐすねて、くさい顔をしていた子が、苦手な反復練習を黙々としていたりと、この短期間でよくもまあ変わったもんだなぁと感心していた。そして昨日は練習が終わった後、ひとりの道場生を迎えにこれない親の変わりに家まで送っていった。その車の中で『どうだ、柔道好きか?昔と今とどっちが柔道好きだ?』と聞いてみた。すると即答で『今のほうが好き』と答えてくれた。その子は、6月頃『練習をやりたくない』とよく駄々をこねていた子である。昔より練習量が増え、厳しくなっているはずなのに『今のほうが好き』と答えてくれたことは、指導者としてすごくうれしい事だった。冬の寒空の中、心が温まる子供の言葉を胸に一人家路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

練習場

Dvc00036 道場住所

〒910-0332
福井県坂井市
丸岡町下久米田13-30



連絡先
 

川口整骨院 
〒910-0339
坂井市丸岡町寄永3-27-2 
℡(0776)-68-0666

地図Annnai073

道場の場所が分かりにくい場合は整骨院の方にPM6:00頃に来てください。道場までご案内します。






練習日時

Dvc00017_1 月曜日 低学年 7時~8時
      高学年 7時~9時
     
水曜日 低学年 7時~8時
      高学年 7時~9時
      中学・一般9時~10時
金曜日 低・高学年 7時~9時
      中学・一般9時~10時

このほかにも大会前などは火・木曜日に強化練習を行ないます。

月2回ほど土曜日に出稽古に行ったり、県内外の大会に参加致します。

月謝

小学生  3,000円

中学生  2,000円
(9:00からの一般の練習のみの場合は無料)
その他年に一度、傷害保険料や全柔連登録費を徴収します。

生徒随時募集中!!
貸し出しの道着も用意しております。
無料で体験入門も出来るので、
お気軽に道場にお越し下さい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

川口道場とは・・・

福井県坂井市丸岡町  ここに平成16年12月に福井県唯一の個人道場、川口道場が誕生した。道場開きには、アテネオリンピック金メダリストも駆けつけて頂き盛大に道場開きを行った。

道場を開いて、今月で2年目を迎えた。

川口道場の目標・テーマ

川口道場では柔道の基本理念である『精力善用』『自他共栄』の精神を子供たちに伝え社会に出ても模範となる立派な大人になることを目標とした道場です。道場のテーマは「志」、柔道の練習を通じ、大志をいだかせ、どんな困難が立ちはだかろうとも闘志を燃やし立ち向かい、辛い時、楽しい時をみんなでわかち合える同志を育てる道場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログを作りました。

初めてブログをたちあげました。

今年の4月から福井県の川口道場で柔道を教えています。

その道場で起こる様々な出来事を書いていきたいと思っています。

まだまだパソコン初心者なので、わからないこともたくさんありますが

見に来てくれた人たちに楽しんでもらえるようなブログにして

行きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年1月 »